トップページ | 2005年4月 »

類似駅名

某駅のホームからエスカレータに乗ると、手すりの横に「ここは東○○駅」(東が赤の強調文字)のプレートが貼ってあった。こんな寂れた駅を○○駅と間違えるのかなあ。いや、でも間違える人がいるから貼るのか。不思議。

そういえば、川崎と新川崎みたいに線自体がちがうとかなり混乱しそうだな。あと厚木と本厚木は別の意味で間違えそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松井証券

なんか書き忘れていると思ったら、「松井証券が新規上場ビジネスの販売手数料をゼロに」という記事

主幹事とそれ以外の引受証券会社の割合を誰がどこで決めるのか、はよく知らないし相対の世界なのだろうが、販売手数料の実質無料という話は、そのバランスを変えてしまうインパクトがありそう。知らないけど。

新規上場株の公募・売り出し株は通常人気が高く、それを手に入れられることが顧客サービスでもあろうし、実際に「手数料は高いけど新規上場・公開株式を入手するために大手証券を使っている」という話をネットで見かけることもあったり。
発行市場でここまでおおっぴらなディスカウントはあまりなかったと思われる。発行会社側に実質的な選択権があるなら、手数料無料は比率決定の一つの要因となるやもしれず、逆に松井証券にとっては投資家に対するアピールにもなるだろう。特に影響を受けると思われる中堅証券会社の対抗策が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーレーン戦

まあ何にせよ勝ち点3が取れれば良いわけで。ある意味ジーコマジック。首が繋がった。
もう少し早く、中村→稲本にしてくれれば、個人的にはもう少し安心できたのに。あと今日に限っては 鈴木→柳沢で良かったと思うし、ロスタイムは三鳥栖じゃない三都主→三浦で時間稼ぎでもすればなんて。まあでも内容自体はまあまあだった感じ。

それにしても、鈴木はいつ口を閉じるんだろうか。ベンチを抜かれても口を開けていたのには笑えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFL開幕戦

そういえば、日曜日のJFLを書いていなかった。

JFLの開幕戦、佐川東京vs鳥取SCが味の素スタジアムであったので、見に行った。元横浜FCの大久保vs森戸対決が期待されたが、森戸はサブであった。残念(という事情でカテゴリは「横浜FC」なのである)。試合内容は、「たぶんJ1サポがJ2を見るとこういう印象なんだろうな」という感じ。意味不明だが。
大久保は、まだ佐川の選手から信頼されていないという感じ。ボールが集まらないし、ポストしても落としどころやタイミングがずれているように見えた。今考えると、佐川の選手がミドルシュート中心だったから、そういう印象だったのかも。個々の選手の実力は鳥取よりも上だったし、ポゼッションもシュートもかなり多かったはずだが、結局セットプレーからのミドルシュートによる得点のみ。鳥取の方が、カウンター・裏へ長いのを放り込む戦術を徹底していて、意図は感じられた。

そうそう、忘れてはならないのが女性審判。選手も審判が女性だからか、あるいは報道陣が多かったせいか、ジャッジにほとんど文句を付けていなかった。そのせいか、ジャッジ自体は安定して、ポジショニングも悪いようには見えなかった。毅然としていてなんか格好良かった。頑張って欲しいなあ。できれば、大久保の肘シュートは見逃して欲しかったけど。。。

飛田給への行き帰りは、都営新宿線-京王線の直通急行をつかった。やはり直通というのはいい。選んで使おうという気になる。JRは総武線-中央線の直通快速はないからね。
他線への直通(乗り入れ)はいろいろ検討されているようだが、どんどん拡大して利便性をあげて欲しい。京成-都営-京急も、羽田へはよく使っているけれど、横浜は直通がないんだよね。やってくれたらJRやめてこちらを使うのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田までタクシー

今日の日経夕刊を読んでいると、「午前零時頃~(中略)~JR鶴見駅付近で個人タクシーに乗車。『親が危篤だから秋田まで行ってほしい』とうそを言い、運賃など計二十二万円を支払わなかった疑い。」という記事。

ふむふむ、鶴見から秋田までタクシーに乗ったら腰が痛いだろうなあ。さすがにトイレ休憩も必要だが、運転手も気が気じゃなかっただろう。東北道のサービスエリアとかで逃げられたらたまらんし。タクシーはまだプロパンも多いそうだが、東北のプロパンスタンドの地図とか持っていたのかなあ。ああでも、個人タクシーだからたぶんガソリン車だし大丈夫かぁ。秋田は雪とか凍結は無かったのかなあ。。。

続きを読む。「山本容疑者は十円も持っていなかった。」

……じゅうえん? 「一円も」じゃなくて? じゃあ何円なんだ?
もしかして、もう世の中は金の価値も下がって「十円も」というのが慣用句になったのか? いやいや四十間近のおっさんでも、そこまで世の中の流れに置いてかれてないだろう。
たぶん、記者が警察に聞いたんだろうな。「容疑者はいくら持ってたんですか?」
警察官も、容疑者が持っていたお金が硬貨一枚なら、「一円玉一枚だけだよ」「五円玉一枚だけだよ」と言いそうだ。きちんと答えてもらったのなら、「十円も持っていなかった」と曖昧に書く必要はない。たぶん数枚あったから、曖昧に答えたんだろう。とはいえ、十円に近ければ「十円ほど」とか言いそうだし、6円だったら「5~6円だよ」というのもちょっと不自然。やっぱり「2~3円だよ」というのがなんだかしっくりくる。それがどうした?と聞かないように。

しかしそのお金はどこに入っていたのか。就職祝いに買ってもらった財布だったりしたら涙を誘う。彼の母親は秋田にいるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞にて

日経の3/26朝刊の「大機小機」というコラムに、
「千葉県知事選で圧倒的勝利を予想されていた堂本氏に、森田健作氏が肉薄した。時代が既成権力を揺さぶり、なぎ倒していると見る。ホリエモンしかり。この時代のシグナルを読み誤ると、自民党は次の選挙で大変なことになる。」という要旨の文章が掲載されていた。

森田健作氏って、自民党が(党としては非公式に)支持していませんでしたっけ?
アクアライン800円とか公共事業推進※って、利益誘導型の昔の自民党の香りすらするのですが。
まあ、共産党候補の「公共事業費削減はけしからん」というのも、一瞬政党名を見間違えたかと思ったけど。

※必要な公共事業の具体例を挙げていないので私としてはこう判断せざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4節:草津戦

お互いぐだぐだで決定力不足というか。
最低限の結果を出したと言うことは、まあ評価してもいいのではないでしょうか。

富永ベンチで小野智吉復活のスタメンで始まった前半、いきなり守備の要トゥイードが怪我で交代。肉離れでしょうか。この試合はもちろん、次節以降に暗雲立ちこめる状況になってしまった。すぐに交代は富永でそのままCBへ。
早川が練習などでもCB経験があり、富永のCBは前所属でもネガティブとの噂だったので、ここは素直に早川をCBにして重田が順当だと思うが、重田は怪我もあり1年以上スタメン無しということで残り約90分は無理との判断だったのかもしれない。それなら、重田ではなく一樹を右SBに、智吉を左SBでもよかったと思うが、最終ラインの構成をいきなり変えるのはリスクがあると判断したのかもしれない。そういえば淳吾はどこに行った?

草津は横浜の浅い守備を良く研究していたようで、FWがオフサイドトラップをかけられるとFWは戻り、いいタイミングで4番の選手がスペースに飛び出すというパターンを前半何回かやっていて、チャンスを作っていた。バック側の線審もそのあたりよく見ていて的確だったように思う。・・・・・・但し後半最後、その線審の目の前での重田ファールの逆ジャッジは大減点だが。

○久保田
クロスが結構よかった。城ワントップ+シルビオトップ下の時は、サイドハーフでもそこそこやれるんじゃないかという気が。FWとしてもジェフより可能性は感じた。
○一樹
クロスの精度が良かった。必要なときにはきちんとオーバーラップしてDFを引き連れるし、さすがという感じ。私にそういわれても嬉しくないだろうが。
○富永
相変わらず不安定。一度は危うくオウンゴール。まあトゥイード&山尾と比べるのもかわいそうか。
○早川
ポカを何とかしてください。でもたまに出る攻撃センスは捨てがたい物もあるが。
○山尾
今日は本当にお疲れさまでした。。。
○重田
シュート精度はご愛敬。前掛かりのスペースを突く意識やシュートで終わるという意識は、途中出場選手の役割を理解していて好感。ただ本当は早川とポジションチェンジしてSBでやった方が持ち味が出そうだが。
○城
この人が怪我で離脱とかなんて、考えるだけでも恐ろしい。お身体を大切に。
○智吉
結構良かったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休止状態からの復帰

なんか最近、休止状態からの復帰時にDHCP設定をロストしてしまい、ipconfigで0.0.0.0が返ってきてしまうことが多々ある。しかも手動でIPアドレスを設定しようとするとお返事しなくなるし。ここの所やったことと言えば、ウイルスバスターのバージョンアップとセキュリティパッチ適用、あとはblogを始めたくらい(笑)。こうなると結局、PC再起動しないと治らなくなり、かつこのPCがロースペックの上にOSがWin2000なので、起動に時間がかかるかかる。

MSの技術情報をざくっと見たところでは何もなさそうなので、とりあえずPCメーカのサイトに落ちていた、無線LANカードのバージョンアップファイルを落として適用しておいた。改善するとうれしいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訂正

こちらで大きな間違いをしてしまった。

>また期限を短く切っており、株数的に市場インパクトも大きいわけだから、投機で儲けることも難しい。

とありますが、ご案内の通り、「長期」の間違い。発表内容から類推すると、結果として「投機がしにくい」というのはさほど間違ってはいないかもしれないが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代表とJ2と

中田がもっと前に突っかけてファールをもらう展開だと面白かったんだけど、以前の中田ならキープできるようなボールやドリブルが結構簡単に取られるシーンもあったから、仕方ないのかなあ。しかし小笠原だけなんか違う時間が流れていたように見えたのは気のせいか。

しかしやっぱりサッカーは生観戦が吉。ということで、明日(今日だな)はハワイキャンプダービー。TIFOSIも久々に新入生歓迎と言うことで、アウエーサポとの交流をしてくれないかな。結構楽しみなんだけど。くすっと笑えるやつだと最高。
第5節仙台戦は新幹線予約済みなので、今節はそれをキャンセルしたくならない内容と結果を希望したいところ。
FWはどちらだろう。前節の流れからは久保田だが、長いシーズンを考えるとジェフも再度試しておきたいところ。個人的には吉武のFWも試して欲しい。希望はこちらだが、おそらく

    久保田 城
信義       つよ(北村)
   富永 内田
一樹 山尾 軍曹 はや
     菅野

なんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンク参上!

ニッポン放送の保有するフジテレビ株を、ソフトバンク・インベストメント(SBI)に貸し出したらしい。要は、3月末時点でニッポン放送(ライブドア)はフジテレビの議決権が無い状態と言うこと。
ポイントは、「議決権を無くした」ことじゃなくて「SBI」ってところなんだろうな。

SBIは株を借りると借り賃をニッポン放送に払うことになる。ライブドアはニッポン放送の帳簿もチェックできる立場になるわけだから、ここで借り賃をごまかす、ということは考えにくい。下手すりゃ特別背任だし、配当金の遺失利益を考えると、それ以上は必須なのだろう。また期限を短く切っており、株数的に市場インパクトも大きいわけだから、投機で儲けることも難しい。とすれば、ソフトバンク側に少なくとも借り賃に匹敵するメリットがないと意味がない。よく知らないけど。

ここで、ソフトバンクがコンペティターであるライブドアに嫌がらせをした、という理由付けも考えられるが、もう少し実利的なメリットがあるのではと(Sは)考えている。それは、フジテレビがソフトバンクにコンテンツを提供することではなかろうか。ポニーキャニオンのように高収益を得られる可能性がある。直接提供でなく、合弁会社を作る方法もある。ポニーキャニオンへのコンテンツ提供を中止し、その会社にコンテンツを提供する。人材もポニーキャニオンから引き抜けばよい。相手がソフトバンクであれば、同じネット系で(かつ規模の小さい企業で)あるライブドアを拒む理由もできる。ソフトバンクとライブドアが結託していれば目も当てられないが、考えにくい。このシナリオでは、ライブドアにとっては、拒否権をフジが持ったままのニッポン放送と、抜け殻の子会社を抱える羽目になる。

ここで「SBI」というのも効いてくる。堀江氏はソフトバンクをライバル視しているわけで、一世一代の大勝負にそのソフトバンクが相手側に付いたということ。(堀江氏にとってはおそらくおまけの)ニッポン放送と業務提携するというその横で、ソフトバンクに本命を寝取られるわけだ。「冷静な」次の手が打てるのか。兵法だね。あのへぼい対抗策をした同じ会社とは思えない。

しかし、「敵の敵は味方」とはいえ、そんなに孫氏を信じちゃっていいんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジテレビ

フジテレビが500億円分の増資枠設定ですか。

投資家にとって見れば、買いにくい株になったような気がする。
現行株主への割当なので、購入前提なら希薄化はしないわけだが、割当株数も金額もわからない。
分割と割り切って考えても、配当が読めない。配当拡大後の配当性向が50%を超えている現在、仮に1:1で割り当てると配当性向が100%を超えるわけで、ありえない。来期以降はまた配当を下げるわけだが、その幅も読めない。まあ配当を上げたといっても利回り1.8%だから、今の株価変動に比べれば誤差の範囲とも言えるが、逆に配当拡大で株価を上げた面もあるわけだからね。
しかも、その資金の投資先が決まっていないときている。

ライブドアにとって増資でさらに数百億の現金が必要になる方策だろうが、LBOならあまり関係ないように思えるし、かえって現行株価を下げるという意味で、ライブドアが買収しやすくなるという気もする。よく知らないけど。
入る配当金も年率換算だといい利率だね。落としどころがあればだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三ツ沢万歳

高崎でサッカー専用スタジアムの計画があり、「イメージは三ツ沢球技場」とのこと。是非イメージ通りのスタジアムを作って欲しい。欲をいえば、メインに屋根がほしいところですが。

今秋にオープン予定の蘇我のスタジアムも結構楽しみ。このプロジェクトが成功すると、今後の他地区の再開発とスタジアム建設がリンクしていく可能性もでてくる。
今話題のジェフのサッカーも生で観てみたいし。横浜FCの試合とバッティングしたら、どちらを見に行くか悩ましいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAL-Suica

どうもSuicaって、知らない間に改札でチャージ引かれたりしないのだろうか、という小市民的な心配があったり、そもそも今は磁気定期必須なので有効に使えないし、ということで二の足を踏んでいた。とはいえ、そろそろ磁気in-Cardも発売停止になるという話。そこで嫁さんにSuica使用感を聞いてみると、「改札にたたきつけても反応しないことがある」とのこと。まあそれなら胸ポケットのカードから勝手に引かれることはなさそうだなと思っていたところ、JAL-Suicaが出たので思わず年末に申し込んだ。ANAじゃないのが最高。

#しかし、昔は数センチ浮かせても読みとるって言ってませんでしたっけ?>Suica

先週、品川のレストランで昼飯を食い、金払うときにふと見るとペンギンマークが愛想振りまいていたので、Suicaで払ってみた。なんかお手軽でイイ!。ViewAltteでSuicaチャージの時にポイントが付くので、いろんな店でポイント目当てのカード払いをしなくてもいいし(ってかそこまで普段もしていないが)。

切符買うとき、Suica対応機じゃないとだめなのが玉に瑕だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は火曜日

エルゴラを買おうとうろうろしたが、見つからず。そういえば今日は火曜日だった orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿毛の事故補足・訂正

「運転士が一定時間操作しないと非常停止する機能」は「EB装置(緊急停止装置:Emagency Break)」だった。

ちなみにデッドマン装置は、マスコン(アクセルみたいなもの)から手を離すと非常ブレーキをかける装置。
土佐くろしお鉄道(JR四国)は前者だったもよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休も終わり

春休みの季節。通勤も多少楽になる季節。
花粉症の方にとっては厳しい季節ですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR東日本って

なんか最近、実質的な値上げが多いような気がする。
Sの身近なところだけでも

対平塚:ホリデーパスが2000円(?)→エリア拡張で2300円
対仙台:土日きっぷが16000円→エリア拡張で18000円
対横浜:データイムグリーン回数券(2000円/4回)が廃止→事前土日料金(750円)

という状況。なんか感じ悪いなあ。

そうでなくても、千葉方面~横浜方面の直通が減ってるし。

だからといって、他の手段があるわけではないのだが。。。
しかも財布にはJAL-Suicaまで入ってるし。術中にはまっている。orz

#せめて羽田はJR(品川乗換)を使わないようにしているけれど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・ライブドア

ニッポン放送や関連企業が、「具体的なビジョンが見えない」としきりに発言しているようだが、今の段階では言えないだろう。彼は前より横(楽天・SB)が気になって仕方ないのだし、先にやられることだけは避けたいという気持ちが強いだろうと予想する。本当にアイデアなる物が、あるかないかは知らないけど。

リスナーの件も、昔なつかし派の声は大きいんだけど、「今の」リスナーの声はあまり聞こえてこない。まあ、私以外の方々には良く聞こえているのだろう。じゃないと、人質とっているつもりになっている、その自信の根拠がよくわからないし。

えっと、ちなみに私は別にライブドア派じゃないんよ。ご都合主義のマスコミ(複数形)が嫌いなだけ。買い占めがいやなら買い戻して上場廃止にすればいいだろうに。配当数倍にしたり防衛したりするより安上がりかもよ。適法かどうかは知らないが。なぜ上場したのさ。社員・役員・OBで上場時に自社株で儲けた人はいないのかな?

しかし、合弁会社作るくらいの落としどころかと思っていたら、サドンデスの様相。どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3節:鳥栖戦(TV)→次節は

大友よぅ。。。頼むよ。
まあそのおかげで一樹の右MFが見られたとも言えるが。
TVなのでよくわからなかったが、退場後は3バックで案外安定していたようにみえる。リティなら山尾を下げて玉砕パターンだったろう。でもジェフは何のために入れたのかがよくわからなかった。淳吾は調子悪いのかなあ。

次節は「とにかく一勝を」と言うことで、案外良かったと言われている鳥栖戦を踏襲するのでしょう。

でも左SBは中島でいいじゃん、と言いたい。城様の意見を採り入れると、

    久保田 城
つよ       一樹
   信義 内田
中島 山尾 軍曹 はや(重田)
     菅野

でも実際は、吉武はベンチで富永スタメンだろうね。。。

退場後安定していたこともあり、次は案外3-5-2で行ったりして。

   久保田 城
中島  信義  一樹
   富永 内田
  山尾 軍曹 はや
     菅野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿毛の事故補足

肝心の事故の内容を書き忘れたので。

3月2日夜、岡山発宿毛行き特急列車「南風17号」が終点の宿毛駅(高架駅)に高速で入線し、車止めに激突した。勢いは停まらず、コンコースに乗り上げ正面のエレベータ構造物に衝突し、高架駅外壁を突き破るには至らず、高架駅からの転落は幸いにしておこらなかった。Sが各種報道を見たところ、
1)当該列車にはデッドマン装置が搭載されていたが、作動していなかったもよう
   (デッドマン:運転士が一定時間操作しないと非常停止する機能)
2)駅近辺にはATS装置があり指定速度を超過している場合は非常停止となるが、防護できる速度をはるかに超えていた
3)車掌室には乗務員が操作する非常弁が装備されているが、操作されなかったという車掌の証言があるもよう
4)車掌は通常より速度が速いことに気づいていたとの証言有り。但し、その時点に非常停止操作にて事故が回避できたかどうかは不明。

運転士の故意でなかったとすると、高速運転中に運転士が衝突数十秒前に心神喪失または死亡状態に陥り、かつ他の乗務員(車掌)が危険回避行為を行わなかったという、不運が重なった事故ともいえる。但し、保安装置の設置にミスがあった、乗務員の教育に問題があった、など、鉄道会社側の過失ともいえる報道があることから、起こるべくして起こった事故とも言えるかもしれない。

数年前にSもこの駅に行っており、駅が末端駅にしては豪華な高架駅で、夕焼けが綺麗だったという印象があります。周りは何もなくて行くところもなく、結局すぐに中村に引き返して一泊したのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿毛での列車事故

3月2日夜、土佐くろしお鉄道の終点、宿毛駅に約100km/hで特急列車がつっこんだ件。

この映像を見ても、死者が運転士のみというのはある意味奇跡だろう。
なぜか関東では大きなニュースになっていなかった。が、これは社会的には、東武鉄道竹の塚の踏切事故より大きいのではないかと感じている。

私が気になるポイントは
1)ATSなど安全システムが結果として機能しなかったこと
2)ワンマンでなかったにもかかわらず、車掌の非常弁(非常停止)操作がなされなかったこと
3)マスコミが、安全システムの不足を問題とした論調であること

1)については事故調査委員会などの報告を待つべきか。

2)については、一部マスコミの報道もあり、車掌の証言ということで警察筋からリークされているもよう。
通常、我々は運転士と車掌がいれば、その両者で安全確保をしてもらえると考えると思う。制度面からも、ワンマン運転はツーマンよりも各種制限(両数・定員など)もあるようですから、その考えは至極妥当と思われるが、毎日新聞によると、当該車掌は車掌用非常弁の操作方法を教えられていなかったとのこと。保安能力がない車掌は「お世話係」でしかなく、土佐くろしお鉄道の運用は、「ワンマン」における規制逃れの脱法行為ではないかと疑われても仕方がないだろう。
逆に「これでよい」ということであれば、「車掌って何のためにいるのか」ということになりはしないのか。車販のねえちゃんと違うのはドアの開け閉めだけなのか?

3)については、リスクに対するコストをどう考えるかという、大きな問題提起といえる。
上記2)にて指弾しているが、(現行ダイヤや運用で可能かどうかは別として)「実質ワンマン」ならきちんと「ワンマン」として運行すればよいだけであると考える。
問題はそこではなく、マスコミの言うように「保安システムをとにかく充実させればいいのか」という話。
保安システムが充実していないのは、過疎地・末端路線・第三セクタが中心である。システムを充実させるのは結構だが、その金は誰がどこから出すのか。そしてその金が出せない場合は廃線となるが、その結果、今の鉄道より「保安装置のほとんどない」バス・あるいは公共機関が無くなる、という矛盾をどう考えるのか。
「全てのリスクを避ける」という発想ではなく、地域や状況により受容できるリスクがあることを想起しなければ、破綻するのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドア

とりあえず、フジテレビにジャーナリズムや公共性を主張されてもなあ・・・という感じ。そういう観点から評価できる番組もほとんどないと思うし。
  #「ザ・ノンフィクション」は結構好きですけどね。

この問題のフジ自体の報道姿勢や平成教育予備校の件からも、器の小ささが見えて萎える。
相手からグレーゾーン攻撃されたからといって、(黒に近い)グレーゾーンで対抗するんじゃ同じ土俵。目くそ鼻くそ。
公共性やお涙ちょうだいでせめるのなら、失敗リスクの高い変な対抗策はしない方が、世論的な受けは良かったかもね。

しかしマスコミはなぜ「議決権ベース」が好きなのだろうか。議決権ベースの分母は9月段階の外国人保有規制による無効・放棄分を引いたものだったと思うのだが、(外国人保有率の下がった)今となってはその数字は意味がないんじゃないのかなあ。種類株の有無とか調べた訳じゃないので推測ですが。もし私の懸念が正しければ、風説の流布に抵触する可能性すらあるような気が。

それにしてもLBOとはなあ。
世間的には「切り刻む」イメージが強くなるだろうし、資金提供する企業も怪しげだったり。とすれば、世論の風向きが変わるか。変われば政財界が動きやすくなるわけで。。。
当たった金を全て次の賭場につぎ込む倍々ゲームだが、ここまで掛け金が大きくなると、第三者が大鉈を振るいやすくなる。前線の司令官を攻略すれば総崩れの可能性も。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第3節:鳥栖戦

今回のチェックポイント
1)足達監督がアウエーで自分のサッカー追求するつもりがあるか
2)ボランチに貞富を使うか
3)ジェフを使うか

第2節は、昨年の積み上げの利用&好調な選手の起用を実施したが、ホームで負けをとにかく避けるという(監督にとっては)危険回避的な措置であったのかもしれない。とはいえ、エルゴラで調子がよいと指摘されていた貞富が起用されるようであれば、今後当面第2節の流れを踏襲していく可能性が高くなる。
逆に、富永を使い続け、ジェフをスタメン(あるいは後半頭から)起用するようであれば、アウエーで「鬼の居ぬ間」に自分のサッカーを試していく意図が見えてくる。鳥栖戦でジェフなら言い訳も効くし、出しやすいところ。

予想としては、城・ジェフ・大友・信義・富永・内田・一樹・山尾・軍曹・早川・菅野に10リラ。

個人的には
      城
    シル
一樹       大友
   信義 内田
中島 山尾 軍曹 重田
     菅野

を見たいなあ。一樹の右も見たいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログって

と思って、木曜日の夜早めに帰宅したので早速開設! 
と思ったら、登録完了まで1時間半もかかるのは仕様ですか・・・私は@nifty会員なんですけど(T_T)
最後の登録ボタンは「二度押しするな」というので、そうですか、と素直に待てど暮らせど、完了画面が出ず小一時間。

まあでも、コンシューマでこのレスポンスレベルが許されるなら、今やってる某システムのアレもアレしておけばよいかと思ったり(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試しに始めてみます

なんだろう、なんとなく書いてみたくなったんですよ。
とはいえ、誰かに読んでもらうため、というよりは、もやっとした頭の中を外に出せるもののみ抽出して文章化する、ということでなにか生まれる(というと大げさですが)ことがあるかもしれないなあと。
自分の備忘的なものとしても使うつもりですので、とりとめないサイトになりますし、気が向かなくなったらやめますのでよろしく、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年4月 »