« 新聞にて | トップページ | JFL開幕戦 »

秋田までタクシー

今日の日経夕刊を読んでいると、「午前零時頃~(中略)~JR鶴見駅付近で個人タクシーに乗車。『親が危篤だから秋田まで行ってほしい』とうそを言い、運賃など計二十二万円を支払わなかった疑い。」という記事。

ふむふむ、鶴見から秋田までタクシーに乗ったら腰が痛いだろうなあ。さすがにトイレ休憩も必要だが、運転手も気が気じゃなかっただろう。東北道のサービスエリアとかで逃げられたらたまらんし。タクシーはまだプロパンも多いそうだが、東北のプロパンスタンドの地図とか持っていたのかなあ。ああでも、個人タクシーだからたぶんガソリン車だし大丈夫かぁ。秋田は雪とか凍結は無かったのかなあ。。。

続きを読む。「山本容疑者は十円も持っていなかった。」

……じゅうえん? 「一円も」じゃなくて? じゃあ何円なんだ?
もしかして、もう世の中は金の価値も下がって「十円も」というのが慣用句になったのか? いやいや四十間近のおっさんでも、そこまで世の中の流れに置いてかれてないだろう。
たぶん、記者が警察に聞いたんだろうな。「容疑者はいくら持ってたんですか?」
警察官も、容疑者が持っていたお金が硬貨一枚なら、「一円玉一枚だけだよ」「五円玉一枚だけだよ」と言いそうだ。きちんと答えてもらったのなら、「十円も持っていなかった」と曖昧に書く必要はない。たぶん数枚あったから、曖昧に答えたんだろう。とはいえ、十円に近ければ「十円ほど」とか言いそうだし、6円だったら「5~6円だよ」というのもちょっと不自然。やっぱり「2~3円だよ」というのがなんだかしっくりくる。それがどうした?と聞かないように。

しかしそのお金はどこに入っていたのか。就職祝いに買ってもらった財布だったりしたら涙を誘う。彼の母親は秋田にいるらしい。

|

« 新聞にて | トップページ | JFL開幕戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/3477408

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田までタクシー:

« 新聞にて | トップページ | JFL開幕戦 »