« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

遠征

W杯アジア最終予選第5節の北朝鮮―日本戦は、第三国で無観客試合になるとのこと。試合への影響はともかく、現地へ乗り込むはずだった3000人は残念であろう。

アウェイ遠征といえば、Sが生まれて始めて遠征観戦したのは、横浜Fの天皇杯準決勝・大阪は長居だった。今までで一番勝利が嬉しかった試合だった。次の試合は、嬉しさなんて単純な感情ではなかったし……。

気を取り直して……
他の人はどうか知らないが、アウェイを見に行くというのは、結構うきうきする。試合を見に行く、という楽しみだけではなく、どうやっていこうか、どうすれば安く行けるか、現地で何を食べようか、ご当地グッズはなにかな、どんなスタジアムだろう、とか……。福岡はスタジアムに屋台村があるんだよね、鳥栖駅のかしわうどんが秀逸、仙台といえば牛タンでしょう、山形は日本酒でしょう、札幌なら蟹だよね、大阪はついでに吉本でも見てくるか、何で俺は5月生まれじゃないんだetc

冷静に見れば「馬鹿じゃないの」と思われても仕方ない。そんだけ交通費を出すんなら、今の時代地元でいくらでも手にはいるじゃない。特に君は観光地も行かないんだろう?
……いや、おっしゃるとおり。でもこれはこれで魅力あるんだよな。下手すりゃどっちがメインかわからない。

だから、今回の北朝鮮戦とか、山形vs湘南戦(Jビレッジに変更)なんかは、計画していた人の残念さがわかるような気がする。あ、でも自分みたいな「ぬるい」ファンじゃないから違うか。一緒にしたら失礼だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第9節:甲府戦(観戦前)

只今2勝2敗4分、第1クールを負け越さずに凌ぐには、この2試合を勝ち点4以上にすることが実質的な条件。ホームの勝ちは草津戦だけということを考えれば、ここは是非ともホームでの勝利が望まれる。勝つということは、点を取る必要があるということ。
その意味では、シルビオを出したいところであろう。シルビオはトップ下で出すのが良いのだが、さすがに今節の3バックはないだろう。かと言ってサイドは厳しいし。ディフェンス面でむちゃくちゃ心配だが、4バックのボランチに入れてくるような気がする。

恒例の180cmチェックは該当2名。バレーって190cmだったのね。Sとしては高さよりスピードの方が心配だけど。
軍曹はたぶん難しいだろう。早川はどうであろうか。今回は早川が駄目として「予想」(笑)をしてみよう。
甲府といえば富永。CBは駒不足。淳吾はSB強化週間中(笑)。夏の信義を考えると貞富もバージョンアップが必要。CB3人の法則も満たさないと。
ということで、

   城 久保田
信義        一樹
   シル 貞富
智吉 山尾 富永 淳吾
     菅野

大穴狙い(笑)。当たっても嬉しくないし。
しかしこれでは、スピードに対抗できないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になること

第8節までのスタメンを眺めていて、少し気になったことが。

第8節までに最終ラインにスタメンで入った選手をタイプ別に並べてみると、
  CB系:軍曹・富永・早川・淳吾・山尾
  SB系:重田・一樹・智吉・早川
    (早川は両系)
となる。中島はSB系だがスタメンでのSBはなかった。

そのうち第5節(結果的には3失点)以外は、CB系(早川含む)の選手が3人スタメンとなっている。
またSB系のうち、一樹は本職がSHなので、智吉をSB系本職として扱ったとしても、本職(早川除く)がSBをつとめたのは第5節と第8節のみの各1人ずつである。
SB系でも、重田の第4節の途中出場はSHとしてであったし、第1節の中島もSHとしてのスタメンであった。

単に、いろんなポジションを経験させたいという事なのかもしれないが、どうもSには3バックの陰がちらついてならない。途中からではなく、スタメンからの。

今のSBはスペースを突かれたとき、真ん中のカバーに回り、SBの後ろはCBがカバーする形が多いように見える。足の速さやサイドラインへの追い込み技術などのSBとしての技術は、あまり要求されないのかもしれない。また現状、久保田を外すことは考えにくい。またシルビオのポジションの問題もある。3-5-2だと折り合いがつきやすいかもしれない。強豪と当たるときはSB系の選手を使って5-3-2っぽくする手もある。

……自分でも考えすぎだと思うし、妄想であってほしいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイニングイレブン6

BookOffで安かったので、ウイニングイレブン6を買ってみた。
さかつくは良くやっていたのだが、GW対策でたまにはアクション系(?)でもやってみようかと。で、味見でやるだけなら最新版は不要だよね、一応横浜FCもあるみたいだし。ということで、500円ほど出して買ってきたわけだが……

えーっと、みんなこんなのを操作しているんですか?
「試合中の操作方法」を見て気が遠くなった。○○を押しながら○○って、苦手。
なんか一通り操作を覚えるだけで、GWが終わってしまいそう。。。

まあ、いずれにしても最新版を大枚はたいて買わなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

列車事故再び

福知山線が大変なことに。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

Sは関西でも東側の住人で西は疎いのだが、福知山線と言えば、二~三十年前はまだDD51あたりのディーゼル機関車が客車を引っ張っていて、単線で本数もやたら少ない、単なるローカル線だったはず。あのころは宝塚といえば阪急王国だったからね。その後電化や複線化も進み、JR東西線の開通もあり、今では日中でも毎時10本の重要な路線になっている。

報道によれば、伊丹の段階で1分半遅れ。同志社行きと言うことはJR東西線経由であるが、東西線は大阪駅を通らず、直通で北新地駅(大阪駅の最寄り)へ行くより、尼崎で乗り換えて大阪駅へ着く方が早いケースが多いこともあり、尼崎で乗り換える人が多い。遅延によって尼崎での接続がなくなるとお客は怒るし、神戸線側を待たせるとそちらも遅延の原因になる、ということもあり、必死に回復運転をしていたのだろう。

報道でびっくりしたのだが、120km運転の路線にもかかわらず、旧式ATSであった点。そして、300Rのカーブに側線(っていうのだろうか、脱線を防ぐガードの線路)がなかったこと。
第三セクタのローカル線(例えば以前ここで話題にした土佐くろしお鉄道とか)ならまだわかる。安全コストは相対値で考える必要があるから。しかし福知山線は、少なくとも大阪口に限ればそれなりの黒字路線では無かろうか。頻発かつ高速運転をしており、他線との乗り入れがあることから回復運転も必要となる、大量輸送の路線としてはあまりにも貧弱な安全設備ではないだろうか。NHKで解説した方は、6月に設備を更新すると聞いていた、という趣旨の発言をしていた。あと数ヶ月早ければ、助かっていた命もあったかもしれない。

3月の土佐くろしお鉄道の事故もひどかったが、今回はそれをはるかに上回る。正面と側面ではここまで違うのか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルス検知ソフトでPC利用不能?

夜中に朝刊を読んでいたら(って怠惰だな)、ウイルスバスターの誤検知のためCPUに過大な負荷をかけ、PCが事実上使用不能になるという不具合があったと報じていた。

いや、平日じゃなくて良かったよ。平日なら朝からとんでもない騒ぎになっていたんじゃないかな。土曜日だったから助かった事業所はたくさんあると思う。「テストをしていなかった」というのは言語道断。時間と競争を強いられるサービスとはいえ、信頼性は大きなファクターであり、それを裏切る行為は猛省が必要であろう。

とはいえ、パターン一致検知が主流のウイルス検知では、誤検知は避けられないものではある。Sの勤務先もウイルスバスターだが、部内で作成したマクロがウイルスと誤検知されて、大騒ぎになったこともあった。ちなみにその騒ぎの後、他のウイルス検知ソフトも購入し、検知の際のクロスチェック体制を作った。
誤検知が避けられないわけだから、逆に言えば「誤検知はある」という事を前提とした対策が必要であると言うこと。

しかし、ベンダー(トレンドマイクロ)から今回発表された対策は、「セーフモードで立ち上げて、特定のファイルを削除」である。定年を過ぎてからパソコンを始めた親に、これをしろと。ぜーーーったい無理。自分がPC初心者で周りに詳しい人がいない場合は、「修理」に出すしかないんじゃないかな。出された方も困るけど。

ウイルス検知ソフトの原理や特性を考えると仕方ない面もあるが、不具合が発生しないシステムを追求することはもちろん、不具合が発生したときに素人でも簡単に回避できる方法を、ベンダーには是非考えて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛FC

徳島戦のアウェイゴール裏に「四国代表」の横断幕。

……今年こそ上がってこいよ。
只今JFL4位。上にはホンダ、ソニー仙台、YKK。
今のままでは上がれない。11節のソニー仙台戦まで、とりこぼしせずに。そして勝とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8節:徳島戦(観戦後)

スタメンは、

   城 久保田
吉武        一樹
   信義 貞富
智吉 山尾 軍曹 淳吾
     菅野

早川欠場。右SBが淳吾。軍曹はいきなりスタメンで大丈夫なのか。
淳吾って昨年だか一度右SBで使って、散々だったんじゃなかったっけ?良く覚えてないけど。
軍曹が90分持たないことを想定し、淳吾CB・一樹SBにシフトできるようにするためなのか?だったら淳吾をベンチにした方が安全じゃないのかな。まあ秘密練習の成果を見せてね、ということでKickOff。

……えっと、中盤がぼろぼろなんですけど。
ボランチは完全に相手に軍配。サイドも相手11番あたりに結構やられていた。最終ラインの前がぽっかり空き、いいように使われているように見えた。決定力がないから良かったけど、あったら0-4の試合だろう。シルビオの1点もある意味ラッキーだったからね。シルビオの得点という結果だけ見れば、采配が当たったと言えるのかもしれないが、シルビオのボランチは機能していなかったし、ジーコのごとく運が強かっただけであろう。
城は前節試合後のコメントで問題点を指摘していた。しかしこの試合も「お試し」スタメンであった。徳島は個々の技量はともかく、意図も連携も横浜を上回っていた。勝ち点1は横浜にとってラッキーだったのではないだろうか。

しかし、そんなことはある意味どうでも良い。

監督さん、試合見てますか?

トゥイードが治りかけの足を痛めたとき、「あの」トゥイードが自分から代えてくれと必死に訴えていましたよ。周りの選手もベンチに向かって代えてくれと。山尾は片足を挙げ、腿の後ろに手をあてて大きなジェスチャーで。でも出されたボードは18番。変更する時間はあった。しかし18番の表示が変えられることはなかった。選手達は天を仰いだ。

監督さん、試合見てますか?

もし、気づいていて代えなかったのなら、監督は自分から10人のサッカーを選択したことになる。そしてツゥイードを見殺しにしたと言っても過言ではない。しかしそれは監督として人間としてありえない、と思いたい。
では、気づかなかったのか? コーチ陣も入れて4人とも?

結果として、トゥイードは見殺しにされた。走れない足で必死に走った。ジャンプなど論外、ボールをさばくのも足を選ぶ状態に見えた。その姿を見て、選手はどう思っただろう。見殺しにされたトゥイードはどう思っただろう。
「終わりの始まり」にならないことを祈るだけである。

最後にヤジを。「お前の代わりはいるが、トゥイードの代わりはいないんだぞ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の喜び

家を出る前、鼻をかんだ。鼻血でた。
ティッシュを丸め、鼻へ詰めた。
時間がない。外へ出た。
革ジャンを着たおっさん、鼻にティッシュ、ぶら下げている。
関西ならウケ狙いで通るだろうが、ここは千葉。

ポケットにマスクがあった。
マスクをした。
花粉症のオヤジに化けた。

春で良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アホアホ道の鏡

エアギターだって。

じじさんもうまいんじゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それから

水曜日の日経朝刊かな?ライブドアからの買い取り価格がTOB価格より高かったことを受け、
『TOBに約16万株応募した東洋製缶の担当者は「じくじたる思いはこっちのせりふだろう」と、5600万円の差に不満を表した』
という記事が載っていた。

えっと、TOBの時点で、市場の方が株価は高かったんですけど。
その状況でTOBを選んだのは、株価以外の「何か」に価値を見いだしたんですよね?
今頃妬むくらいなら、始めからTOB受けずに市場で売れってーの。
フジテレビを支援するポーズを取ったなら、最後までそれを貫けよ。意味無いジャン。

巻き込まれたことには同情するけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8節:徳島戦(観戦前)

昨日は会社の同僚と飲み会。快い会話の中にも仕事がらみでチクチクと。ストレス的には「行って来い」かな。有意義なひとときだったけどね。

ということで、前フリと全く関係ない次節徳島戦。JFL時代(大塚FC)は、4-1、3-2、2-0、5-1、6-2と撃ち合い多し。今回はどうなる事やら。
2戦勝ち無しでホームですから、勝つしかないわな。徳島は新入生とはいえ、横浜FCと同じ勝ち負け数。得点は横浜の約2倍取っていますよ。前節みたいに趣味に走っている場合ではないよ。

徳島は小兵中心。前節スタメンで180cm以上は、FW羽地185cmのみ。守備という意味での空中戦はそれほど意識しなくてよさそう。
城のコメントなどを考慮に入れると、4~6節のメンバーをベースにするような気がする。あと第7節が無駄じゃなかったと言いたいがための「一樹の右」もやってくるんじゃないか。ということで、

   城 久保田
信義        吉武
   貞富 内田
智吉 山尾 早川 一樹
     菅野

かなあ。希望はこれとは違うんだけど。間違っても左に重田とか入れないように。
軍曹はそろそろベンチ入りかなあ。

……なんかいや~な予感がするんだけど、ボランチに淳吾とかシルビオとか入れないよね?

#タイトルを入れていたら、最初の変換が「トクしません」だった。怖!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴィッセル神戸

神戸松永監督をうけて、当面パベルが昇格らしい。リティの件と言い、何かと縁があるなあ。藪田も頑張ってるし。

(以下23:30追記)
次節はパベルが監督代行。その後は、毎日新聞によると「正式就任までの間はパベル・コーチ(41)が暫定的に指揮を執る」とあるが、日経だと「レオン氏は今週末に来日し、当面は三浦泰年チーム統括部長が監督代行を務める」とある。どちらか正解?とオフィシャルを見ると、パベルが正解だった。ちなみに朝日新聞読売新聞は代行監督情報無し。ということで、四大新聞のこの勝負、毎日新聞に軍配が上がった。おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いったん手打ちらしい

フジテレビとライブドア、資本・業務提携合意を発表とのこと。終わりの始まりとなるのか。

ニッポン放送株はおおよそライブドアの取得価格で譲渡し、フジテレビがライブドアの増資を引き受けることが発表の骨子のようだが、Sの眼で損得勘定すると、

フジテレビ
○ニッポン放送を当初目的通り子会社化できた
○フジテレビ株をライブドアが取得することを当面抑止できた
○株主総会前にとりあえず事態を収束できた
×想定をはるかに超える出費
×この2ヶ月間にてのイメージの悪化
×提携先のフリーハンドを当面失った

ライブドア
○増資分とはいえ、短期間に約400億円のゲインとなった
○フジテレビとの提携による株価下支え要因
○ネームバリューの上昇とイメージ向上
LBOなどの泥沼長期戦にならずにすんだ
×フジテレビへの支配が弱い
×グリーンメーラー的なダーティなイメージが付いてしまった

という感じか。フジテレビはライブドア株を売ればキャッシュが戻ってくるが、提携合意発表後すぐに売るわけにも行かないし、自分自身がマーケットインパクトになるわけだから、戻るキャッシュを目減りさせないためには、リップだろうと提携が進んでいるように見せる必要がある。その意味ではライブドアの当初の目的は達せられたのかもしれないが、いかんせん(株式上の)支配関係は逆。フジテレビをきちんと動かすには、もう一工夫が必要かもしれない。

それにしてもフジテレビは、あの会長の言動と勝算の薄い対抗策が高く付いたと思う。あの小馬鹿にした態度は、昨年のプロ野球騒動を想起させ、ほりえもんに世論的には有利に働いた。あの状況では先頭切ってフジテレビを支援するというのも難しいし、TOBの低調ぶりの一因だったのではないか。ただ、懸念したようにソフトバンクに取り込まれなかったのは良い判断だった。助けてもらおうとして近づいたら、こっちの方が手に負えなくてやめただけかもしれないけど。


提携業務推進に資金がいり、後始末も必要とはいえ、ライブドア(グループ)は一時的に1400億以上のキャッシュを手に入れたことになるわけだが。
ふと気になって「テレビ東京」を調べてみると、発行済み株式数が約2064万株、今日の終値が3210円なので、単純計算では663億で100%、過半数だと400億以下という計算。テレ東が得意なアニメとの親和性も高そう。
まあ実際には、当面はフジテレビとの提携が先なのであり得ない話ではあるが、思考実験としては面白い。なにせ、日経は、資本の論理を主張する側のメディアなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郵政の味方が少ない理由

郵政が民営化されて、何が困るのか。
郵便局員が公務員じゃなくて、何が困るのか。
ここをアピールできなかったのが、郵政民営化の反対世論が盛り上がらない理由の一つではないか、と思っている。

貯金は地銀や信金、農協など他にも手段はあるし、コンビニより郵便局の方が多い市町村はどれだけあるのか。保険は無審査が好まれているだけで、保険料を高くしてリスク超過分を国が補填する(今の郵政と同じね)のであれば、民間でもできるだろう。郵便は宅急便が便利だし、信書といっても既に民間による輸送や仕分・配達をバイトが扱っている現状では、公務員にこだわられてもねえ。料金も、国が有形無形の支援をしているから安い部分があるわけだし、実質3事業一体で営業しているという一方的に有利な状態をしてもこの程度だ、ということもあるわけで。
#ここでは民営化の是非を主張したいわけではないので、つっこみどころ満載はご容赦。

結局反対派の主張で、市井の人に直接影響があるのは「ユニバーサルサービスが維持できない」という事くらい。それも逆に言えば、郵便・貯金・保険だけ。仮にそれが事実だとしても、これでは大きな世論のバックアップは難しいのではないか。しかも郵政側もご都合主義で、例えば当初「信書はコンビニで扱っては行けない」と言っていたはずなのに今ではコンビニ扱い始めたように、「自分の仕事のテリトリーを守る」ことに汲々とし国民の方を向いていない印象がある。反感を持たれては話にならない。

もっと早くから「公務員にしかできない」「非営利的なネットワークを生かす」ような、国民生活と密着する施策を進めておけば、風向きも少しは違っただろうに、と思う今日この頃。

例えば、ワンストップ行政窓口というのはどうだろう。郵便局に、「来月○○へ引っ越すので、書類一式送っておくれ」と言えば、市町村の転出・転入届や転入先市町村の事務ガイド、通常出す水道や電気、NTTなどへの書類、運転免許証や国民健康保険・年金手続きなどなど、提出まで一括して扱ってもらえる。「子供が産まれた」といえば、出生届や新年度の保育所募集要項、市町村の子育て補助金申請書、国民健康保険の手続きなどなど。

例えば、花粉飛散状況の調査というのはどうだろう。今の花粉情報は杉も檜も一緒。実際には花粉の種類によって症状が出る人でない人があり、花粉の種類ごとの飛散情報を待ち望んでいるとのこと。郵便局のネットワークとマンパワーをもってすれば可能ではないか。非営利ということもあり、ヤマト運輸では難しかろう。全国花粉症の約3000万人を味方に付けられたかもしれない。花粉症といえば、「スギ貯金」というのもありか。国債金利との差額分を積み立て、杉林を広葉樹に植え替える事業にそれを充当するとか。

#発想が貧困ですみません。あくまで例ですので。

総務省管轄に変わったときのチャンスを逃し、国民生活に密着できるようなビジョンが出せなかった。これがこの状況を招いた一因ではないのか。根拠ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんちゃって常任理事国

「なってください」といわれるくらいじゃないと意味ないような。そもそも、拒否権のない「なんちゃって常任理事国」って、意味あるのかね。敵国条項はずすのが先じゃないの。知らないけど。

別に国際貢献なんて国連だけがルートじゃないんだし、いっそのこと「日本のような弱小国が常任理事国より分担金を沢山払うのは恐れ多いでござる」「アジアの大国の中国様より沢山出すのは失礼なので」とか「常任理事国皆様の流儀に習い、払い込み率は100%にならないように致します」とか言ってみれば?。余りは二国間でやればよろし。拒否権無い時点で二流なんだから、つまらん嫉妬を買うだけ損。

ま、やるならそれくらいの意気込みで、ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7節:福岡戦(観戦後)

会場でスタメンを聞いたとき、「ああこれは3バックだな。DF4人の登録にして相手を攪乱するつもりか。それにしても小手先の技が好きな監督だな。」なんて内輪でしゃべっていた訳ですが、登録通り本当に4バックですか。
一樹の右SBはいいとしても、左SBが淳吾? 内田とシルビオがサイドハーフですか。
確かにアウェイでは変わったことをするかも、とは思っていたが。。。

Sの印象としては、福岡はしょぼかった。今回の福岡だったら、普通の布陣なら勝てたんじゃないかと思う。確かにグラウシオは結構良かったが、全体にミスが多い。そのミスを誘ったのは横浜という意見もあるのだろうが。

試合後の監督コメント城のコメントの違いが興味深い。現地組にもいろいろ意見はあるだろうが、私には城のコメントがしっくりくる。
(すみません。以下「 」内はJ'sGOALの引用です)

監督は、
「私たちの試合の意図としては、サイドにもっとボールを追い込んでいこうというのがありました」らしいが、その要員が淳吾・シルビオ・内田ですか? 
「左サイドの河野は、(中略)彼のポジションではかなりいい仕事をしてくれたのではないかなと思います」ですか。確かに淳吾は頑張っていたが、それは「本職じゃない割には」という但し書きが必要だったように私には見えたが。ある意味気の毒。
「私たちがサイドに起点を作ろうと思うところにかなり早いプレッシャーを受けまして」って、中に入らないといい仕事ができないシルビオ、あたりに弱い内田で何をしろと?
代表監督じゃないんだから、さすがに『秘密練習』とやらでのテストの上で、あれが一番良いメンバーや形であって、かつ連携も熟成させた上でのスタメンオーダーなのでしょうし、そう信じたいが。

城は「中盤で縦のボールを入れて、くさびを入れて、落としてサイドへという形が今日はできなかった。(中略)ちょっと良くなりかけていたんですけれどね、前節までは。」とコメントしている。激しく同意。
「サイドバックに対して、向こうも分かっていますから、サイドバックに出させて縦に蹴らせるという守備をしてきたので、ボールが来る可能性のあるところは、ああいうところしかなかったですね」って、城もかわいそうだな。っていうか、「向こうもわかっていますから」は「何が」なんだよ~。想像はできるけど。
「全てロングボールを蹴って、それを向こうに跳ね返されて、また守備をしてという時間帯が多かったですね。」ということからも、サイドの攻撃が全く機能していなかったと選手自身も感じていることがわかる。これは選手の責任なのか?
今日のメンバーで言えば、4バックなら智吉(左SB)・大友がスタメンの方が機能したのではないか、と『たられば』を言っておこう。

勝てる試合を監督が熨斗を付けて福岡に献上した試合、としか思えなかった。

○良かった君:早川・久保田
・早川はCBの時の方が、ミスも比較的少ないしいい仕事しているように見えるが、気のせいか?
・久保田はOBRIの人気者。トラップも上手いね。

○どうでもいい話:
・「博多の森競技場前」ってバス停名、すげーまぎらわしんですけど。そんなトラップはいらない。素で間違ったよ orz
・アビスパのマッチデープログラムで、菅野は先制すると時間稼ぎしてくるので要注意人物として挙げられていたが、アナウンスは「かんの」。そのチェック度合いが、すげえ中途半端なんですけど。
・豚バラ串が、バックの屋台村では400円なのに、メインの売店では250円の件について
・福岡のお好み焼きは「広島風」が主流らしい
・ミニストップの「練乳いちごパフェ」はお薦め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば三越

三越横浜店が5月に閉店するが、跡地にヨドバシカメラが入るとの記事

三越横浜店は、我が家にとって重要な食糧基地だったのだが。なにせ、店も綺麗だし、売場も空いているので、段幕かついで買い物をするには最適。名古屋系のお弁当が買える「まつおか」、そこそこ美味しいパン屋「ジョアン」、勝つ弁当の「勝烈庵」など、ポイントは押さえてあるし。単価が安い客が言うのも何だが、「非常に残念です」と言っておきたい。いまさらだけど。

んで、その代わりが電器屋ですか…… orz
まあ、家具屋よりははるかにましだけど。
記事だと「飲食店、娯楽施設も入れる予定」とあるので、希望は捨てないで11月を待ってみるか。それまで代わりの基地を見つけないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ

4月も中旬ならおさまっているかと思っていたけど、

○4月に入ってからの福岡での余震
  1日(震度4)、7日(震度4)、10日(震度4)

○4月に入ってからのJAL(関連会社含む)の事故(yahoo!ニュースより)
  5日、9日、14日

これは、福岡戦を見に行くなということか? ……行くけど。


#JALは「何があったか」はHPに乗せないってことですか。そうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7節:福岡戦(観戦前・追加)

そういえば、アウェイではちょっとやりたいことをやってくるかも、だった。

   城 久保田
智吉       シルビオ
   信義 貞富
一樹 山尾 淳吾 早川
     菅野

かなあ。ボランチよりはいいだろう。
早川もあんまり上がらないから、シルビオのカバー感覚不足(本職じゃないからね)はあんまり影響ないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7節:福岡戦(観戦前)

アビスパといえば、S的にはミドルを結構決めてくるチームというイメージ。なぜかは知らないが。
後半30分間で4点を取って意気揚々。

前節とスタメンが一緒なら、スタメンのフィールドプレーヤーで180cm以上は、DF岡山(187cm)・川島(188cm)、MFホベルト(180cm)、FW福嶋(182cm)の4人である。ちなみに水戸・仙台・山形・湘南は3人。
そして控えには太田(196cm)がいるわけで、やはり空中戦対策を重視と言うところか。

軍曹は怪我、富永はさすがにスタメンで使わないだろうから、それ以外を身長順に並べると、
貞富>ジェフ>早川=淳吾>久保田(ココまでが180cm以上)>山尾>信義>中島>シルビオ……
ということで、180cm以上を4人入れるとなると最終ラインは決定。中島も面白いがこのところベンチ入りもないし、スタメンは難しいか。シルビオの使い方が難しそう。サイドはできるのかいな。

   城 久保田
智吉       吉武
   信義 貞富
一樹 山尾 淳吾 早川
     菅野

なんだかんだ書いても、結局前節と一緒。でもこれだと中盤支配されないかなあ。ミドル打たれそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然の一致?

今週末の山形vs湘南の会場が変更という発表

いやあ、チーム関係者も大変だよな。特に山形はホームアドバンテージが無くなるわけだし、興行的にも払戻などの損害が出そう。前泊はJビレッジで呉越同舟か?。サポも、旅行会社のツアーなんかだと、そろそろ取消手数料がかかるんじゃないかな。

前売りの払戻は、買ったところか山形県総合運動公園ですか。前売りは遠征先とかで買うべからずだな。あと年チケの人はゴメンナサイって感じなのかなぁ。

ちなみに駅探によると、12時までに最寄り駅に着く所要時間が最短パターンは、
平塚→広野: 4時間17分(平塚6:25→広野10:42)で 7,560円
平塚→天童: 4時間17分(平塚7:15→天童11:32)で11,640円

なんと!同じ所要時間らしい。いやびっくり。
……と思ったら、平日で検索していた。 orz

土曜日だと
平塚→広野: 4時間12分(平塚6:30→広野10:42)で 7,560円
平塚→天童: 4時間11分(平塚7:21→天童11:32)で11,640円

だそうです。惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題

ストレス・不満でイライラしている時に、反撃されるリスクがないなら、いじめたくなるよな。本当の不満の元がBでなくても。
主張の正誤に関係なく、AはBから譲歩を引き出せるし、Bが引っ越しするなら買いたたけるし。しかもBは仲間割れをする可能性もあるし。
そうでなくても、Aは皆のガス抜きができてハッピー。内情が良くないときのガス抜きは大切だからね。

どこにでも落ちていそうなお話し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取りすぎた運賃

JR東日本が定期代を実際よりも過剰徴収したとの記事

日経によると、『「根岸線」と「東海道線」などから経由路線を選択する定期券を購入する際、券売機の画面に「根岸線」が表示されず、一部が空欄になるなどの不具合が発生』とあるが、読売の記事と違う。両方あったのかどちらかが間違えているのか。読売の方だと画面上に「東海道線」が2つ並ぶので、10日以上発覚しないってのも変。どうでもいいけど。

定期は記名式だからいいけど、切符だったりするとわかんないよな。気を付けないと。
あとSuicaの場合はどうなんだろう。ID番号は特定できるだろうから、取りすぎた分を後でこっそりチャージに戻すのかなあ。それ以前に気づく人がいないような気もするけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金で幸せ

固定資産税・都市計画税の請求が来た。

去年より、100円安くなっていた。

プチ幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6節:水戸戦(観戦後)

何年も見てきたいつもの水戸戦。本当にいつもの水戸戦だった。

Sは今期初めてのメイン観戦。位置取りがよくわからず、試合中ぶつぶつ頓珍漢な独り言をつぶやいている男の前に座ってしまい、思わず脳内つっこみ連発で無駄に消耗してしまった(何を?)。選手同様、観客もポジショニングが大事だと気づいた今日この頃。

水戸の8番がぼろぼろだけど、あれでセンタリングはきちんとあげるんだよな。横浜の5番は危険プレー炸裂もあるがナイスプレーもあり、マッチポンプ。横浜14番はヘディング好調。前で相手を押さえているが、一つ間違えると危ないかも。横浜の左は結構安定しているせいか、水戸は右を狙ってるっぽい。今日はサイドから裏を突く方が良さそうなんだけど、8&5だと芸風が違うしなあ。本間ちゃんはやっぱり面白い。キックオフ前に横浜ゴール裏にお辞儀してなかったっけ?あとペナ外のあわてん坊キックとか右ペナライン上のパンチングとかも秀逸。
なんてことをつらつら考えているうちに、試合が終わっておりました。orz

今日は空中戦系スタメン。カウンターに備えてか後ろの6人くらいでFWデルリスとボールの出所を押さえ、前の2~4人くらいで攻めに行ってファールをもらってセットプレーに持ち込む作戦という印象。しかし主審の北村がペナ外は流すくせにペナ内のファールをやたら取るもんだから、セットプレイ大作戦は企画倒れ気味。ロングボールか、水戸のディフェンスの前でボールを回すだけなので、決定機もそれほど作れず。。。終了間際のカウンターですら、6人が後ろに残る状態で。疲れていたのか、勝ち点1確保の戦略だったのか、連勝で満腹なのか、、、
確かにデルリスは押さえた。でもそれが目的じゃないでしょう?

まあ、水戸ワールドにはまってしまっただけかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5戦:仙台戦(観戦後・書き忘れ)

そうそう、大友の交代の時、18番を出してあわてて引っ込め7番を出したわけだが、あのときちょっとどたばたした。あれが3点目の遠因となったとSは思っている。集中力がとぎれた感じを受けたので。
アレがなければベンチワークとしては合格点だったかもしれない。

18と7って、うかつなSは今頃気が付いたのだが、もしかして、小野間違いですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラーマン

女子高生のスカートの中を手鏡で覗こうとした件で、東京都迷惑防止条例違反で有罪判決を受けた植草元教授が控訴せず、罰金50万円と手鏡没収の判決が確定した、との記事

今日の日経朝刊によると「法廷の正義を信頼したが完全に裏切られた。今後の裁判に希望を持ち得なくなった。法廷外で無実を示す活動を続けていく」とするコメントを出したらしい。

……えっと、全然意味わかんないんですけどぉ。

まあワイドショーにしばらく引っ張りだこだろうから、「無実を示す活動」の「機会」はありそうですけどねえ。
そのうち、女性専用車両どころじゃなく、女性専用階段とか女性専用エスカレータとかできたりして。

ちなみに、「植草 裁判 手鏡」でぐぐると、842件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6節:水戸戦

連勝ですから。でもホームではまだ1勝ですから。

ということで、水戸といえば引きこもり。今年の試合は見ていないが、監督続投なのでまあ一緒だろう。
5試合で13失点はワースト。ただしFWのデルリスは既に4得点。
横浜はサイドから崩すのか、セットプレーで勝負するのか。
サイドを崩し、最終ラインのスピードを確保するという意味では、仙台戦のまま重田を入れる形でよいと思う。3バックに移行する際もフレッシュなCBを投入できるメリットもある。ただし、水戸に「裏のスペース」があるかどうか。仙台戦後に書いたとおり、空中戦=セットプレーを意識するなら、淳吾と早川。交代枠をDFに使う必要もなくなる。
調子のいいときに若手を使うのはセオリー。久保田は普通はずせないだろう。シルビオは3バックになったときに出せばよろし。

今回はあえて仙台戦の勢いを生かすと言うことで、

   城 久保田
智吉       大友
   信義 貞富
一樹 山尾 早川 重田
     菅野

と予想。空中戦ならジェフ・淳吾だろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPAM

ここんところ掲示板の投稿もしてなかったし、しばらくSPAMは来ていなかったのだが、
ここの紹介で久しぶりに秋穂掲示板に書き込みしたら、早速SPAM様の来襲があった。えっと、マイコさんですか?存じ上げないんですけど。

いやぁ、すごいもんだなあ。でもできれば、その技術力と労力を違うところに向けてくれると嬉しいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和証券とネット専業証券と

インターネット取引での株式信用取引の手数料を定額化して、ネット専業証券に対抗するという記事。現物も手数料を引き下げるらしい。

やはり、松井やマネックス等のネット専業証券の攻勢は看過できなくなったんだろう。なにしろ今では個人投資家の取引全体の8割がネット取引といわれているわけで、特に信用取引をやってる層は、売買の回転もいいしそれなりの資金もあったりするし。ただ手数料を下げた分だけ顧客が増えるのか、あるいは他のメニュー(外国株や投信、外債など)へ誘導して収益をあげるつもりなのか、そのあたりの戦略を聞いてみたいなあ。
あとネット証券側の対抗策だな。さらなる手数料競争を仕掛けるのか、システム面や情報提供、マイル提携など付加価値を付けていくのか、あるいは松井のように別の切り口で攻勢をかけるのか。

大和証券は私のメイン証券会社なんだよねー。と一瞬喜んだけど、
Sの株取引はミニ株ですから、残念!。貧乏人はアウトオブ眼中、切り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路上喫煙規制

千葉の自治体で、路上喫煙やポイ捨てで違反者に対し過料徴収に踏み切る動きが広がっているらしい。
柏に至っては最大1万円(当面は2千円らしいが)をその場で徴収、禁止措置自体は(駅周辺だけでなく)全公道ということらしい。

実際に歩きタバコが原因で子供が失明した例もあり、この流れはある程度仕方ないかなと思う。歩きタバコするなら、せめて「火を外に向けない」くらいの配慮は欲しいところ。それすらできていない人が大半の現状では。
ただ私の知り合いにはきちんと携帯灰皿を持ち歩いているような人もいて、そういう人は気の毒だなあという気も少し。

ただ、本当に市の職員とかで取り締まれるのだろうか?
特に船橋とか松戸とか、ギャンブル系の方々を御するのは骨が折れそうだけど。警察がサポートするのかな。ちょっと気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎が元気

かねてから噂されていた、横須賀線の武蔵小杉付近への新駅設置が合意されたらしい。
千葉県民が等々力競技場へ行くのに便利になるなあ。大宮からも湘南新宿ラインで便利になるか。でも快速が止まらないかもしれないけど。でも新駅から武蔵小杉の駅まで連絡道で結ぶと言っても数百メートルあるよね。乗り換える人はどれくらいいるのだろう。

あとこちらによると、地下鉄も凍結解除で推進するらしい。うーん金あるなあ。競技場まで地下鉄で行けるのは嬉しいけど、破綻したとか言わないでねー。
そのうち調子に乗って、「ついでに新幹線も停めろ」とか言いそう。

そのころに、横浜FCと川崎が同じリーグにいるかなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第5戦:仙台戦(観戦後)

仙台とは記憶に残る試合が多い。

J2昇格(2001年)初ホーム、真中のロスタイム同点ゴールと延長終了間際の小野のVゴール。

同年、永井監督休養を受け坂倉コーチ代理の元、スモッグ霞む夢の島のナイターで、前半4点ビハインドから後半3点を取って同点寸前まで盛り返した試合。

これも同年、昇格寸前のベガルタを1-1で追いつめたが、ロスタイムにマルコスに決められた試合。

昨年、降格したが優勝候補であったベガルタを開幕ホームで4-0シャットアウトした試合。

そして、ロスタイムにヘディングを千葉にぶち込まれた2004/06/19。

そして、2005/04/02も、両サポータの記憶に残る試合となった。


急造の最終ライン。しかし、早川・重田ラインは受け渡しやカバーなどもスムーズ。また重田は財前をほぼ押さえ、サイドは左も含め優位に立ったように見えた。ディフェンスラインの前でのファールはあるものの、安定していたように見えた。信義もいつになくアグレッシブで、山尾も的確な対応で芽を摘んでいたように見えた。
しかし「見えただけ」だったのかもしれない。なにせ仙台スタジアムは、ビジターをゴール裏へ閉じこめる。いつも見慣れたサイドからの観戦ができず、しかも私は遠近感が悪いので余計に混乱するという、ペットボトルのフタ没収とあわせ、当惑させられるスタジアムなのである。
仙台1点目は信義のクリアミスから素晴らしいボレーでの得点。崩されたという感じはない。
また、黄色の枚数ほどは荒れているようには見えなかった。もちろん城への削りは執拗で、転がる度に冷や汗が出る。

仙台の得点直後に横浜が追いつくこと2回。クリアの跳ね返りによる(おそらく不運な)ゴールやオウンゴール。暇に任せて神様がお戯れになっていたのであろう。終了間際、転がされつづけた城が、右サイドで必死のポール裁きを見せる。強い意志で踏ん張り続けるプレーヤーに神様はほほえみをくれたのであろう。FWとして今一番結果が欲しいはずのジェフェルソンを通じて、奇跡よ起これと念じたサポーターへ、サッカーの神様は勝利のゴールをプレゼントしてくれた。


自信を持つというのは、選手の力を引き出すのであろう。仙台得点直後に2回も追いついたことで、「勝ち癖」の心理に近い物が選手に宿ったのかもしれない。足達監督は「見ている人にとっては、面白くないサッカーだったんじゃないかなと思っている」とコメントしているが、私は、執念で泥臭く勝ち取る勝利の試合を数多く見たいと思うし、この試合は記憶に残る試合の一つとなった。

初戦のジェフの引っ張りや富永の連続起用、今回の貞富など、足達監督は空中戦に重きを置いた起用をする、という印象が私にはある。仙台戦では、全て結果的に得点はヘディングゴールとなったし空中戦での失点はない。もちろん仙台の前が高くないという理由もあるだろうが。今後の選手起用もこの傾向が続くかもしれない。

次節はシルビオが復帰するだろう。しかし久保田も調子が良く、サブではもったいないし、ジェフも結果を出した。中盤では貞富が一応計算できるようになったし、サイドも智吉・吉武・大友・北村と競争が激しい。最終ラインも早川のCBが計算でき、SBも一樹・重田・中島の選択で問題ないが、監督は3バックをもう少し試したいのではないか。
開幕には想像できなかった嬉しい悩みではある。

仙台は監督云々以前の問題で、単に大きな武器であった寿人の穴を埋められていないだけ、という気もする。守備の不安定などは今に始まったことではないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の会社としてのサガンドリームス

いい仕事しているなあ。
フロントがきちんとサポの方を向いている(と思わせる)ことの重要性を認識して、かつ実践しているところが、普通の会社では当たり前のこととはいえ、凄みさえ感じる。
内容を読めば、プロチームとしてある意味当たり前の「現場と一緒に」「強化を検討していく」という「空手形」をだしただけなのだが、その効果は大きい。サポータとの正のスパイラルに昇華できるか注目したい。

不謹慎だが、各チームのサポサイトでこのニュースをどう扱っているかを見れば、そのサポとチームの信頼関係が見えてくるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第五節:仙台戦

前節、トゥイードが負傷で戦列を離れ、富永のCBもあくまでスクランブルと思い知らされたわけだが、今節のポイントは、やはりCBをどうするか、であろう。

普通に考えれば、淳吾か早川。早川をCBとして信頼していれば前節は富永じゃなくて重田だったんじゃないかな。単に富永CBを試す絶好の機会と思っただけかもしれないけど。
しかし、重田よりユーティリティと思える淳吾もいまだサブにも入っていないわけで、スタメンでいきなり使うほど淳吾を信頼しているとも思えない。ただ早川をCBに使えれば、右SBは重田も一樹もできるだろうから、連戦のバリエーションとして今のうちに試したいところか。あとは、停止明けの大友。前節の吉武がそれほど良くなかったように見えたこともあり、大友の扱いで監督が「赤」をどう考えているかが想像できるかも。仙台戦なので調子よければ大友に頑張って欲しいところだが。

   城 久保田
智吉       大友
   信義 内田
一樹 山尾 早川 重田
     菅野

と予想。この場合、重田と大友のコンビが会えば攻撃面では面白いが、積極的に上がる結果、裏を突かれて早川が釣り出されたときのフォローが上手くできるか。あるいは、重田はディフェンスに専念する形で早川の負担を和らげるか。どちらを監督が選択するか個人的には楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YMO

飛びつきそうになったけど、なるほど。。。そういうことね。
学生時代と違ってCDの数枚購入するくらい別になんてことはないけど、音楽っていうのは私にとってとても大切な物だから、どうすべきかはわかっているつもり。それが正解かどうかは知らないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »