« ウイルス検知ソフトでPC利用不能? | トップページ | ウイニングイレブン6 »

列車事故再び

福知山線が大変なことに。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

Sは関西でも東側の住人で西は疎いのだが、福知山線と言えば、二~三十年前はまだDD51あたりのディーゼル機関車が客車を引っ張っていて、単線で本数もやたら少ない、単なるローカル線だったはず。あのころは宝塚といえば阪急王国だったからね。その後電化や複線化も進み、JR東西線の開通もあり、今では日中でも毎時10本の重要な路線になっている。

報道によれば、伊丹の段階で1分半遅れ。同志社行きと言うことはJR東西線経由であるが、東西線は大阪駅を通らず、直通で北新地駅(大阪駅の最寄り)へ行くより、尼崎で乗り換えて大阪駅へ着く方が早いケースが多いこともあり、尼崎で乗り換える人が多い。遅延によって尼崎での接続がなくなるとお客は怒るし、神戸線側を待たせるとそちらも遅延の原因になる、ということもあり、必死に回復運転をしていたのだろう。

報道でびっくりしたのだが、120km運転の路線にもかかわらず、旧式ATSであった点。そして、300Rのカーブに側線(っていうのだろうか、脱線を防ぐガードの線路)がなかったこと。
第三セクタのローカル線(例えば以前ここで話題にした土佐くろしお鉄道とか)ならまだわかる。安全コストは相対値で考える必要があるから。しかし福知山線は、少なくとも大阪口に限ればそれなりの黒字路線では無かろうか。頻発かつ高速運転をしており、他線との乗り入れがあることから回復運転も必要となる、大量輸送の路線としてはあまりにも貧弱な安全設備ではないだろうか。NHKで解説した方は、6月に設備を更新すると聞いていた、という趣旨の発言をしていた。あと数ヶ月早ければ、助かっていた命もあったかもしれない。

3月の土佐くろしお鉄道の事故もひどかったが、今回はそれをはるかに上回る。正面と側面ではここまで違うのか……。

|

« ウイルス検知ソフトでPC利用不能? | トップページ | ウイニングイレブン6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/3860178

この記事へのトラックバック一覧です: 列車事故再び:

« ウイルス検知ソフトでPC利用不能? | トップページ | ウイニングイレブン6 »