« 路上喫煙規制 | トップページ | SPAM »

大和証券とネット専業証券と

インターネット取引での株式信用取引の手数料を定額化して、ネット専業証券に対抗するという記事。現物も手数料を引き下げるらしい。

やはり、松井やマネックス等のネット専業証券の攻勢は看過できなくなったんだろう。なにしろ今では個人投資家の取引全体の8割がネット取引といわれているわけで、特に信用取引をやってる層は、売買の回転もいいしそれなりの資金もあったりするし。ただ手数料を下げた分だけ顧客が増えるのか、あるいは他のメニュー(外国株や投信、外債など)へ誘導して収益をあげるつもりなのか、そのあたりの戦略を聞いてみたいなあ。
あとネット証券側の対抗策だな。さらなる手数料競争を仕掛けるのか、システム面や情報提供、マイル提携など付加価値を付けていくのか、あるいは松井のように別の切り口で攻勢をかけるのか。

大和証券は私のメイン証券会社なんだよねー。と一瞬喜んだけど、
Sの株取引はミニ株ですから、残念!。貧乏人はアウトオブ眼中、切り!

|

« 路上喫煙規制 | トップページ | SPAM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/3595061

この記事へのトラックバック一覧です: 大和証券とネット専業証券と:

« 路上喫煙規制 | トップページ | SPAM »