« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

フジテレビの株主総会

日経6/30朝刊の9面に、フジテレビの株主総会の様子が載っていた。10:00開会後、11:20過ぎから株主の質疑応答が始まったとのこと。「質問には村上社長や担当役員らが回答し、日枝会長が答えることはなかった」。12:30過ぎには「まだ数十人の株主の手が上がる中、日枝会長は質疑を打ち切り議案の採決に入った。拍手と怒号が交錯する中で議案が全て可決されると経営陣は一礼をして退席。」だそうだ。

あれだけ大きな、経営や株主に影響を与えた事象があった後の株主総会、その所要時間は2時間半あまり、しかも質疑応答は1時間ちょっとだったようだ。日頃「シャンシャン総会」を批判しているマスコミも、この程度の器と言うこと。
どうせ決議では勝つことがわかっているのだから、4時間でも5時間でもつきあえばいいじゃない。ちっせえなぁ。最後までがっかりさせられるよなあ。こんなのが「第四の権力」なんだから。っていうか、ある意味、頼りなさ過ぎて怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミックスジュース

総武線の駅には、ジューサーバーという立ち飲みジュース屋が何件かあります。グレープフルーツやオレンジ、りんごなどの生しぼり系や、アロエやキャロット、小松菜、豆乳入りジュースなどのヘルシー系、ラズベリーやブルーベリーなど、デパ地下なんかのお店と同じようなメニューを取りそろえていますね。冬になると、コンソメスープなどのHOT系もあるところが、ちょっと違うかな。

続きを読む "ミックスジュース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19節:京都戦(観戦前)

梅雨も明けたの?と思わせる天気。気がつけば6月も終わり。この4ヶ月で横浜FCはたったの2勝。

さすがに鳥栖のJ2記録(3勝)を更新するとは思えないが、あの暗黒時代と呼ばれる(個人的にはそれなりに評価しているが)信藤時代の8勝が、案外高いハードルに見えるのは気のせいだろうか。あのシーズンですら、11戦連続(丁度2ヶ月)無勝で済んでいるわけだが、今年は既に13戦連続(約3ヶ月)無勝。勝ち数で言えば、草津の3勝を下回り文句無く最下位。その状況で、次節は18戦で負け数たったの1、J2ダントツ1位の京都戦ときたもんだ。

山尾・シルビオ抜きでのアウェー・京都戦。個々で劣るなら運動量で勝るしかないが、夏の京都は暑いというか、熱いよー。ここで金星なれば、「仁義」の時のように、風向き大逆転となるかもしれないね。どうでもいいけど。

続きを読む "第19節:京都戦(観戦前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第18節:札幌戦(観戦後)・書き忘れ

前記事で、監督の采配について厳しいコメントを書かせていただいた。だが、一点、貞富のスタメン起用だけは勇気ある決断だと評価したい。もちろん、夏の信義問題をにらみ、守備的MFの駒を増やしておく必要は迫っていたし、対戦相手的にもこの試合が出しやすいということはあるので、ある意味必然かもしれない。が、観客が多いと見込まれ、営業的にもチーム成績的にも勝利が求められている状況で、この選択は勇気がいるだろう。もしかしたら、何も考えていないのかもしれないけれど。
次節の(個々の力が抜きんでている)京都戦は信義で行くなどして、うまく貞富に自信を付けさせられれば、夏を乗り切るための(数少ない)明るい材料となるだろう。

あと、山尾がカードをもらっていたシーン、あそこまで無理する必要があったか、は疑問だが、左サイドの守備に神経質になっていたからかもしれない。まあこれだけは本人に聞かないとわからないし、ご都合的主張ととられても仕方ないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18節:札幌戦(観戦後)

横国は見にくいし、三ツ沢より行くのが面倒だし、30度越えるようだし、嫁さんは風邪で寝込んでるし、どうしようかなあ、間に合う時間に起きたら行こう。と思って寝たら、なぜかちゃんと間に合う時間に目が覚めたりするんだよね。横国のいいところは、屋根があるところ。メインなら思ったより暑くなくて楽。先週、陸上競技場で観戦したこともあり、見にくさも思ったほどではなかったし。

続きを読む "第18節:札幌戦(観戦後)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

いわゆるTVのアドバンテージ

たまたまスターウォーズをTVでやっていたので見た。今日の分(エピソード1)を除く4話は、たぶん2話ぐらいしか見ていないこともあり、内緒の話だが、いまいち登場人物の整理がついていない。
と思ったら、今日の日経夕刊に各話のあらすじと登場人物の関係が広告で載っていた。ふーん、スカイウォーカーって1人じゃなかったのね(恥)、とか、ダースベイダーって元ジェダイだったのね、とか(以下略)

続きを読む "いわゆるTVのアドバンテージ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18節:札幌戦(観戦前)

あれ、今度は18節じゃん。山形戦は17節……あらら、12節の草津戦からずれてたよ。m(__)m
しかーし、この時間に直すのは、ココログ・クオリティ的には厳しいので、過去分はそのうち直すことにしよう。

今節は「横浜国際」開催でもあり、営業的な面でも今後に影響が大きい一戦である。
第二クールは早くもあと5戦。前クール並でもあと2勝は必要。札幌・京都・鳥栖・甲府・湘南、の中で最低2勝を得るためには、比較的相性の良い札幌戦で勝利することが極めて重要である。但し、4月2日以降、2ヶ月半も勝利がないという状況にもかかわらず、「仁義」効果は残っているようなので、その面はあまり気にしなくても良い、のかもしれない。

続きを読む "第18節:札幌戦(観戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉にできない話、あるいはマスターへのレス

ある日たまたまチャンネルを変えてみると、「列島縦断・鉄道乗りつくしの旅  JR20000km全線走破」をやっていた。いつもならそんなに見ないのだが、たまたま「中国・四国・近畿」あたりだったので、思わず見入ってしまった。私は「撮り鉄」でも「乗り鉄」でも「車輌フェチ」でも無いけれど。

列車がどうこう、ではなくて、淡々と自然一杯の景色が流れていく様をぼーっと眺める。「ああ、あそこは若い頃に行ったことあったよな」的な懐かしさ、道ばたに咲いている菜の花、風呂場の横に山積みになっている薪、緑一杯の景色を見下ろす丘、子供が遊ぶ広々とした境内、綺麗な小川のせせらぎ、くつろげるローカル線の車内、心安らぐ笑顔。
都会を横断する電車の車内、時間の速度、いたたまれない空気、田舎と都会での日常の差異-NHK的演出だとわかっていても。でも湧き出すのは「田舎はいいよね」という陳腐な言葉とは違う感情。なんだろう。もう一人の自分が顔を出す。文字にできない、言葉にできない「もやもや」とともに。

なぜ私は此処にいるのだろう。何をするためにいるのだろう。此処で何をしたいんだろう。私に何ができるのだろうか。私はここに居たいのだろうか。

……何もわからない。答えがでない。答えがでないから、先送り。考えているのか、いや、実は何も考えていないのだろう。そうして日常へ逃避する。深みに澱んだ「いらいら」とともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17節:山形戦・その後

J's GOALによると、「後半はカウンターを狙おうという指示でした」とのこと。スポンサー様の中の人も書いているが、それは「無理がある」だろう。
「メンバー」の意味が「スタメンのメンバー」であれば、だけど。っていうか、今までカウンターらしいカウンターってやったことあった? 普段やってないことを格上に対していきなりやっても、難しいだろうよ。
智吉や城のコメントも厳しいね。裏返して読めば、監督のハーフタイムの指示が間違っていた、とも取れる。

まあ、「練習試合」と思えば納得の采配なんだけれど、応援しに行った人にとってはたまらないよなあ。風の噂では(攻撃的に行った)前半は良い流れだったんだって?。後半、一方的に押されていた時間がなければ、あるいは……いや、「たら・れば」はよそう。

そういえば、HPや各種メディアなどでは、淳吾が左SBを無難にこなしていた、とのこと。実際に見たわけではないので話半分に受け止めているが、本当なら山形戦での唯一の収穫ですな。中島の調子が良ければ無問題なんだけど……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリコシvsデンソー(JFL14節)

山形行きの計画も無かったわけではないが、4CBの可能性が高いとの未確認情報を傍受したので、ここはかつての宿敵デンソーと、高木成太&アマラオの居るホリコシの対決を観戦することにした。ホリコシにとっては、J2入りの可能性と天皇杯シードを考えると、落とせない一戦である。

続きを読む "ホリコシvsデンソー(JFL14節)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワールドユース(対豪州)

このチームは初めてTVで見たが、あれだけズバズバ縦パスを通させていては駄目でしょう。終了間際まで「弱いから負ける普通の試合だなあ」と思って、ながら見していたら、同点に持ち込んだのね~。おめでとう。決勝リーグで成長して帰ってきて欲しいなあ。あと、「若いんだから小手先の技じゃなくてドンドン積極的に狙って欲しいなあ」なんて、おじさんは思ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17節:山形戦(TV視聴後・後半のみ)

某試合を観戦後、20時に帰宅。スカパーは留守録しているから無問題、と思っていたら、どうも録画の時間を間違えていたらしい。ということで、後半のみTV視聴。TVは実際の試合と違って見えることも多々あるので、割り引いて読んでいただけると幸いである。

続きを読む "第17節:山形戦(TV視聴後・後半のみ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルゴラ100号

中の人に知り合いがいることもあり、月曜日版を中心に時々買っていたのだが、偶然買った金曜日版(6/17・18日号)で100号になるらしい。いや目出度い。始まった当初は、続くんかいな、と心配していたが、宅配サービスまでするようになったんだからすごい。業界でも予想外の売れ行きらしいね。
ネットとかなり被る部分もあるが、私なんかは他チームの情報をわざわざネットで見ないので、気軽に網羅的に見ることができる紙媒体の専門新聞は、ありがたい存在である。電車の中やスタジアムで暇つぶしに読むには丁度良い感じ。サカマガとかは、1回あたりが高いし、重いし、読み切れないし、量の割に読みたい記事が少ないし。

この号は丁度J1も中断と言うこともあるのか、若干J2テイストが強いような気も。特集は臼井だし、シドニーFCがらみでリティのインタビューもある。
臼井は足達監督が恩師なのね。「合宿に行っては、服のたたみ方からスリッパの並べ方までみっちり教わりましたから」って、サッカーは教えてもらった?(笑) 「今は頭を使うことを要求されてます。~(中略)~今までは本能だけでやってきたんで」って、そんなに正直に言ってもいいのかいな。別のページで「(エルゴラに)いつも高得点をつけてもらっていて、評価してもらっているんで、この調子で点をつけてもらって~」と調子こいているけど、なるほど充実しているんだろうなあ。早くJ1に行って活躍しなはれ。

その横のページに「Jリーグチップス」の広告ページ。レギュラーカードと称して110人ほど列挙されているが、めでたく藪田も載っている。森崎兄弟は和幸しかない。写真的には片方で良いという判断か(^^;
山口素弘はエクステンションカード。商品には封入されない特別扱い。このグループには、オシムや岡田、アルディレス監督などが入っていて一見すごいが、選手はカレンロバートや小林大悟、大島や小村徳男など、ちょっと微妙。日本代表インサートカードには、中澤や三都主など18選手が入っているが、その中に阿部勇樹もあり、ちょっといい感じ。

そうそう、エルゴラは、たまに大ちょんぼがあるのが玉に瑕。この前は、スタメンのカズの一言コメントが「出場なし」なんてのもあったし、確か横浜FCのスタメン予想に「高田」ってのもあったよねえ。紙媒体でケアレスミスはみっともないので、その点は改善よろしく。なにはともあれ100号おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松永→(パベル)→レオン→パベル→?

神戸のレオン監督解任で、パベルが監督就任との記事。レオンを使い捨てか、金あるなあ。金の使い方が間違っている気がするけど。パベルは繋ぎなのか、はたまた今期はそのままとなるのか、ラモス就任かとの飛ばし気味の記事もあるが、はてさて。

こうなったら、パベルvsオシムを見てみたいなあ。そういえば、10/22はジェフのホームで神戸戦(場所未定)がある。同日は横浜vs仙台@三ツ沢なのだが、蘇我の新スタジアムだったらジェフを見に行くかもしれない。「練習試合」をみるのもいささか疲れてきたし。

……などという記事を昼間に予約投稿したのだが、なぜか登録したはずの記事が消えていて(゚o゚)、再度入力(`´メ)。
一昨日は昼間に障害があって全く使えなくなったし、やっぱりココログの投稿は細心の注意が必要だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17節:山形戦(観戦前)

前節仙台戦の信義→富永は、エルゴラには「裏目に出た」と書かれるし、武藤氏のblogには「さらにベガルタにとって幸運だったのは、横浜足達監督の采配」って書かれるし。たまには逆の評価も聞きたいところである。
そういえば、そろそろ「育成」の果実が楽しめるかもしれない。前節の監督コメントからは、「技術だとか、戦術だとか、体力だとか」は、既にある程度育成されている、とも読めるし。

戯れ言はそれくらいにして、今回は、予想というより提言的なプレビューとしたい。

続きを読む "第17節:山形戦(観戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の0時は午前12時

ココログでは「公開日時の設定」という機能があり、同じ日に2つ以上アップするときは、カレンダ上の更新日を分散するために、この機能を利用したりしている。時刻は、ブログ上の表記フォーマットに関わらず、記事入力時の時間設定は12時間制で入力することになっている。時刻は1~12のみ入力可能で、0時は入力不可。

これが混乱の元。最近日常で12時間制なんて使ってないし、なんかSの直感にあわない。

どうやら、昼の12時は「午後12時」なんだけど、当然13時は「午後1時」。時刻は進んでいるのに、数字的には戻るわけ。真夜中の0時は「午前12時」らしい。1時間前は「午後11時」。うーん、しっくりこない。

さあ、この記事を「6/13 00:00」に公開するために、「6/13 午前12時」で公開登録してみよう。さて思惑通りになるか。

(以下 6/13 23:30追記)
さっき表示したら出ていたので、たぶん大丈夫だろう。
今頃気づいたのだが、昼の12時台は、正午(12:00)より後だから午後なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松井証券・その後

1ヶ月くらい前、松井証券が新規上場ビジネスの販売手数料をゼロに」という記事を書いたが、日経6/11朝刊の4面によると、難航しているらしい。

続きを読む "松井証券・その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16節:仙台戦(観戦後)

敗因は、城の欠場とメンバー構成か。1-3と、丁度前回の仙台戦(4-3)から、城の技術と、FWの決定力、DFのアンマッチ・コンディション不足、を引いたスコアになった。

実は、書くべき事のかなりの部分が、こちらで既に公開されている。簡潔かつ鋭いコメントなので、試合についてはそちらを参照のこと。
……で終わらせても良いのだが、それもどうかと思うので、開き直って(?)書いてみる。

続きを読む "第16節:仙台戦(観戦後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16節:仙台戦(観戦前)

水戸戦の予想

  >スタメンが固定化されてきたので、予想も意味が無くなってきた。

なんて書いたら、山尾のSBなんて意表を突きすぎの采配。なんか監督におちょくられているような気が(^^;。

今節勝たないと、1クール勝利無し、ということになり、「第一クールを終えて」の発言との整合性が問われる所である。

続きを読む "第16節:仙台戦(観戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だめだめ・その後

脊髄反射的に、@Niftyのサポセンにメールを出してみた。
(実名などは伏せ字または置換しています)

続きを読む "だめだめ・その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島の運営

Jリーグチーム主催(と思われる)試合をいくつか見てきた。
札幌・山形・仙台・新潟・水戸・川崎・横浜F・横浜FC・草津・大宮・東京V・FC東京・川崎・湘南・甲府・京都・C大阪・徳島・広島・福岡・大分・鳥栖と、合計22チームの運営と(ライトな)一観客として接したことになる。

その中で、私は徳島が最低の運営だと感じた。その要因は、ゴミの問題だけではない。

続きを読む "徳島の運営"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だめだめ

徳島の運営の話でも書こうと思って、ココログの管理画面出そうとしたが、それだけで30分以上費やしたので、書く気がしなくなった。

ココログ遅すぎ。

っていうコメントすら、3回も「サーバが見つかりません」で登録できないし。この登録だけでまた30分以上かかったよ。

いやそれより、時間かけて訪れても更新がない、という来場者の方に申し訳なく……

(06/08 12:40追加)
6件ほど同じような記事がアップされていました。昨日の時点でわかっていたけど、とてもじゃないけどあの状況では削除するのは難しかったので、先ほど削除しました。ココログも昼なら大丈夫そう、といっても昼じゃ書けないしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15節:徳島戦(観戦後)

大きな事象の原因は、複数であることが大きい。決して1つではない。
けが人が復帰試合でスタメンだからといって、それだけで負ける可能性は低い。1人の門外漢なポジションをさせることだけで、負け試合となることも少ない。1人の退場で勝ち負けが事実上決定するわけではない。重田の2枚目のカードは、審判にとって其の瞬間は1枚目だったのかもしれない。

#なお以下は、現地でSが見たと「記憶している」内容を元に記述しています。VTRなどを見直せば、おかしい内容もあるかもしれませんが、ご了承ください。

続きを読む "第15節:徳島戦(観戦後)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

更新お休み

徳島経由の帰省をしてきます。帰省先ではいつも何かと結構忙しいので、しばらく更新できないと思います。
関東は雨が多いですが、四国はどうでしょうか。晴れると良いのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15節:徳島戦(観戦前)

前節水戸戦は、第一クール同様引き分けに終わった。定量的な「進歩」を次回ホームまでに示すためには、第一クールで引き分けた徳島との一戦で勝ち点3を取ることが必須である。一方の徳島は、前節甲府に0-5と大量失点。その前の水戸戦でも0封されており、横浜同様得点力不足に悩まされている。

続きを読む "第15節:徳島戦(観戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事数: 100

ココログの管理メニューを見ると、昨日の記事が99個目、ということで、この記事で100個目となります。3月18日から書き始め約2ヶ月半、正直ここまでほぼ毎日のペースで記事を作成できるとは……自分自身でもびっくりであります。
最初の2~3週間は勢いで書いていましたが、やはり最近は皆様にご覧いただいている、ということが励みというか尻を叩かれているというか、書き続ける原動力になっています。ご来場、ありがたく、今後ともよろしくお願いいたします。

と書いてすぐに何ですが、
ちょっと「飛ばしすぎ」の感があって、毎日かつこの量は、少々荷が重くなっております。今後は巡航速度で無理なく進もう、ということで、若干(?)回数や量を調整させていただこうかなと思っています。ということで、今後は気が向いたときにでもご来場いただければ幸いです。


ちなみに、一時的に昨日の記事で、既に一時的に101個目になってしまったことは秘密。
あんまりココログが重いので、登録ボタンを押して数分間「更新中」表示。完了するまでに待ちきれず、戻って登録したりしていたら、同じ記事が3つも登録されてしまった。しかも削除も時間がかかり、削除ボタンを押して10分待ってもまだ完了しないとか。結局きちんと登録するだけで30分以上かかってしまった。
これから始める人には、ココログは今のところお薦めできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »