« いわゆるTVのアドバンテージ | トップページ | 第18節:札幌戦(観戦後)・書き忘れ »

第18節:札幌戦(観戦後)

横国は見にくいし、三ツ沢より行くのが面倒だし、30度越えるようだし、嫁さんは風邪で寝込んでるし、どうしようかなあ、間に合う時間に起きたら行こう。と思って寝たら、なぜかちゃんと間に合う時間に目が覚めたりするんだよね。横国のいいところは、屋根があるところ。メインなら思ったより暑くなくて楽。先週、陸上競技場で観戦したこともあり、見にくさも思ったほどではなかったし。

あら、貞富がスタメン? そうか、2名以上入れ替えの法則か、それは読めないよ。さすがに今回は鉄板だと思っていたのだが。

試合開始から横浜ペース。智吉がキレキレで左を再々ぶち抜いていた。貞富もよく、前で芽を摘んでいた。しかし、スローインから左サイド深くを突かれ、早いマイナスのクロスをあげられた段階で勝負有り。効率よく札幌が先制した。

今日は淳吾はよく頑張っていた。後半は智吉を追い越す動きもあり、福岡戦に比べるとかなり良くなっていると思う。しかし、やはりサイド裏のケアやサイドラインの使い方は、まだ本職にはかなわないだろう。おそらく、状態の良いときの中島であれば、あのクロスをフリーな形で上げさせなかったのではないか。また札幌も、横浜の攻め所としての左サイドは相当意識していたはずであり、実際に重点的に突いてきたように見える。その意味では、このスタメンではある意味仕方のない失点であり、この1点はリスク管理的には見込んでおかざるをえない。

なので、今日のポイントは、横浜が2点目を取れるかどうかであった。
前半は内田も良く、智吉、北村も良いプレーを再三見せていた。このところの北村を見ていると、一皮むけたような気がするのだが、気のせいだろうか。貞富も信義の穴を埋めており、今日の収穫。たまにバイタルを開けて後ろから追うような場面もあるが、前のつぶしなど想像以上の働き。夏は信義に頼れないからねえ。城も精力的に動く。
しかし点が取れない。どうも、フリーキックであまり得点の匂いがしない。なんだろう、なんかワンパターンなんだよな。

後半、さすがに攻め疲れが見えてきた。今日の一樹はあまり良くなかったので、大友inは悪くない選択。ただ、大友は少し持ちすぎるため、札幌が人数を掛けてつぶしに来て、奪い返して反撃というパターン。大友は良い選手だが、視野を広く持ち散らすこともできるようになれば、もう一段上の選手になるのではないか。相手も守りにくくなるし。あとクロスね。

そうこうしているうちに、2失点目。内田の軽いプレーが起点だったように記憶している。記憶が曖昧なので、違っていたらご容赦の程m(__)m……ただ失点直後の内田の様子を思い出すと、あながち外していないような気もしている。いずれにせよ、内田は後半時間が進むにつれて輝きが消えたよなあ。智吉じゃなく内田を変えた方が良かったかも。でもまあ、ここまでは理解可能。

北村に変えて富永。仙台戦での失敗こちら様の方がわかりやすい)をどう監督が立て直したか、力量を図る上でこれとないシチュエーション。監督自身が、久保田やジェフ、吉武を外して、背水の陣で臨んだサブメンバー。富永の生かし方を富永や回りの選手にきちんと浸透させることができているか、あるいは前回の失敗を再度繰り返すのか。

……結果から言えば、後者である。富永自身が的になる意識が希薄で、サイドに流れようとする。回りの選手も富永を狙わない。交代後しばらく富永はボールに触っていないのではないか。監督は富永をターゲットマンとして入れたのか、普通の(点取り屋としての)FWとして入れたのか。そしてこのパワープレーは練習してきているのか。

富永の動きを見る限り、普通のFWとして入っているように見える。だったら、ジェフでも久保田でもいいじゃない。っていうか、彼らより富永の方がFWとして頼りになるということなの?
他のFWと富永を比べて、素人目には、富永が勝っているのは身長だけだと思う。であれば、ターゲットマンとして入れたのであろうか。しかし、そもそも、選手は狙おうともしていない。練習をしていないか、していたとしても選手の信頼を勝ち取る戦術ではなかったのだろう。本番で戦術として全く機能していないと言うのは、監督の責任であろう。

FWを入れる時、それは点が欲しい時。敗戦濃厚な時間帯に輝く一筋の光。

そのFWのオプションが富永onlyで、その富永が全く機能しない。
機能させるためにはどうすればよいか、を選手が理解していない、いや、無視しているようにすら見える。
監督はこのような状況になることを、日々の練習の中で認識する力がないのだろうか。
これが、12000人超に見せるプロの試合なのだろうか。
駒が足りないわけではない。FWは富永以外にもいる。選んだ結果は監督の責任。

今年は「練習試合」ですか。それも結構。
しかし、100年計画ではないよ。来年昇格争いするつもりなら、育成期間は実質あと半年しかないんですけど。
同じ過ちを繰り返し、改善の兆しもない、そんな監督に何を期待すればよいというのですか。
せめて、他のFWのモチベーションを落とすようなことはやめてほしい。

今日の良かったで賞: 智吉・貞富・北村・城

|

« いわゆるTVのアドバンテージ | トップページ | 第18節:札幌戦(観戦後)・書き忘れ »

コメント

最近は試合前の選手を「パドック的見方」で表情を主体に見るようになりました。
その時点で明らかに10番は消しでした。>気合欠く
逆に気合乗りが良かったのは、29と27だったのですが。。。。

投稿: Mフリエスタ | 2005.06.26 08:50

そうでしたか。私は当日臨時運用にて「パドック」を見られなかったので。
中島の復活を早くみたいものですねえ。

投稿: | 2005.06.26 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/4708456

この記事へのトラックバック一覧です: 第18節:札幌戦(観戦後):

» 札幌戦 [The Fool on the HILL]
所用をこなして、スタジアム到着は12時ぐらい。5試合ぶりのいつもの面子に無性に嬉しくなる。 歌いながら入場。気持ちが高まる。入って、幕を張って…。 マイカップを持って居酒屋へ。すだち酎と冷えたトマトのうまいこと。 いつもより多く準備されたビラを、一人一人に... [続きを読む]

受信: 2005.06.30 22:23

« いわゆるTVのアドバンテージ | トップページ | 第18節:札幌戦(観戦後)・書き忘れ »