« 第16節:仙台戦(観戦前) | トップページ | 松井証券・その後 »

第16節:仙台戦(観戦後)

敗因は、城の欠場とメンバー構成か。1-3と、丁度前回の仙台戦(4-3)から、城の技術と、FWの決定力、DFのアンマッチ・コンディション不足、を引いたスコアになった。

実は、書くべき事のかなりの部分が、こちらで既に公開されている。簡潔かつ鋭いコメントなので、試合についてはそちらを参照のこと。
……で終わらせても良いのだが、それもどうかと思うので、開き直って(?)書いてみる。

諸事情のため、本日は開始間際の三ツ沢入り。メインに入ってすぐ気づくのは、バックスタンドの少なさとメインの多さ。バックは仙台サポの方が多そうだし。メインはよく見ると、遠足気分の家族連れが多数。雨も降りそうなので、念のため最後列に避難。試合が始まり雨がぱらつくと、やはりメインは傘の花満開。やれやれ、避難して成功であった。しかし、傘を差すと後ろの人が見にくくなる、という想像力は働かないものなのだろうか。まあ何にしても、常識のない人には近づかないに限る。

バックの方は雨が降っても、傘を差すのは他に迷惑をかけないポジションの人のみ。それは三ツ沢の固定客。そして仙台サポーター。雨模様の中、バックだけで言えば三ツ沢の固定客よりもおそらく多いと思われる仙台サポは、アウェー色を薄め、ホームに限りなく近づけていく。
仙台スタジアムでは反響するためか曖昧に聞こえるコールも、距離の近さも相まって、良く判別できる。いつも「Ready Go 電光石火」って聞こえていたのが、「Ready Go Let's go 仙台」だったのに気づいた。たぶんそう思っていたのは私だけだろうが。あれ、そういえば以前もそんなことを言っていたような。健忘症&難聴なのかな。

スタメン発表はびっくり。いやいや監督は楽しませてくれる。いや、こんな楽しませ方はご勘弁なのだが。
城がメンバー外なのは、おそらくコンディションなのだろう。結構無理していたからね。それは想定内だったが、まさか3CBならぬ4CBにバージョンアップするとは。Windowsで言えば、98→Meって感じか。確かに98にはいろいろ問題もあったのだが、Meに上げる方が良いとは限らないわけで。
4人CBを並べると言うことは、「何としても失点をしない」という意図くらいしか思いつかないのだが(読者の方はどう思われますか?)、もしそうであれば、0封なら監督の采配勝ち、1失点、いや大まけにまけて2失点以上なら采配負け、と言っても良さそうだ。

まあそれは兎も角、やはりこの監督は、SBとCBを別の適正が必要なポジションとはあまり思っていないようだ。たぶん、DFという大きなバスケットの中から信頼できる順に4人選んでいるのだろう。あるいは、第5節以降勝ちがないことを意識し、点を取るための選択上、一樹と智吉はDFでは使いたくなかったのかもしれない。しかしそれは、前節大量得点で勢いづく仙台に対しては、甘すぎた選択だったと思う。

まず守備面で支障あり。左は、そうでなくてもやはりSBとしては甘い守備になってしまう上に、仙台がしつこく狙っており、数的不利な状況も再々生じてしまう。早川は怪我が完治していないようだ。前節の印象は正しかったのだろう。前に繋ぐ守備までは難しいようで、横に出すケースが散見。両翼が甘いため、仙台に攻め込まれるシーンも多々。軍曹のクリアがあるのが救い。
そして攻撃面では、SBのオーバーラップや攻撃の起点となるプレーがあまり期待できない。

前では、北村と内田が思いの外頑張っていた。この監督の元では、身長が低いことは大きなハンデ。ここで頑張らなければいつ頑張る、という意気込みなのか。
加えて、仙台のディフェンスのチェックが甘く、最終ラインの前でかなり自由にボールが回せる。智吉のゴールは素晴らしかったが、仙台ディフェンスの甘さも影響していた。仙台は、バロンを始めとして攻撃陣が充実しているのだが、守備という弱点がある。横浜がきちんと仙台攻撃陣を押さえられれば勝機は十分あったのだが、両翼が弱いため、中央MFがいつも以上にカバーせざるを得ず、その分、真ん中の守備が薄目になったのかも。
#あまりよく見ていないので、確信までには至らず……

ターニングポイントは、やはり信義→富永、のところだろう。富永がFWとして入り、内田が中盤の底に入ったため、当て所は北村・富永になるのだが、選手が富永を信頼していないのだろう、北村一辺倒となってしまった。仙台もかなーり守りやすくなっただろう。大友が入ったが、人数を掛けて対応できることもあり、流れを変えることはできなかった。

富永は元々FWだったそうだが、言われるまで考えつきもしなかった。だって、自分より身長の低い選手に「素で」ヘディングに負けてるし、抜け出るスピードもない。前でかき回すでもなく、ミドルを打つでもない。ポストは……ボールが来ないので判断できないか。いずれにせよ、あれなら軍曹を前で使う方がまだましだろう。久保田はどこにいったのさ。今期初得点した験のいい仙台戦なのに。交代は「相手が」嫌がる選手を出さないと。

残念ながら、中島はまだ立ち直ってないように見えた。まだスタメンは厳しいか。早く復活して欲しいのだが。早川の故障状況といい、城のお休みといい、心配の種は増える一方である。

|

« 第16節:仙台戦(観戦前) | トップページ | 松井証券・その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/4516788

この記事へのトラックバック一覧です: 第16節:仙台戦(観戦後):

« 第16節:仙台戦(観戦前) | トップページ | 松井証券・その後 »