« 記事に一言(?)コメント | トップページ | オフサイド »

第19節:京都戦(TV視聴後)

個人的な事情で機嫌も悪いので、手短に。

TVだと相変わらずよくわからない。
淳吾の1回目は、ファールかどうかといえばファールにも見えるし、あの場所でファールならPKだろう。「黄」かどうかはよくわからなかったが。
2回目は不要なファールだったと思う。追いつけなくて後ろからスライディング、しかも場所は敵陣内。PKの責任を感じてか、ほとんどトップ下の位置まで進出していた。ここはまだ1失点目、CBとしての役目を果たしてほしかった。が、この闘志が淳吾の良いところでもあるだろうし、気持ちはよくわかる。

いずれにしても、この結果、京都は無理に攻める必要はなくなった。同じ首位独走でも、川崎と違い、京都には凄みは感じられない。畳みかけ、叩きのめすという迫力はない。たとえて言えば、定期預金を積み立てるサラリーマンというところか。普通なら、一人多い状態の1点差くらいで前半から守りに入らないだろうが、京都からは攻撃の意志が弱いように感じる。監督の特性か、あるいは守備に絶対の自信があるのか。それとも本当に京都は不調だったのだろうか。横浜は確かに闘志を出して機会を見つけ攻めていたが、それだけではないような気がする。

今日のベンチは、小山、富永、信義、大友、岩倉。京都戦ということでビハインドからの逆襲をせざるを得ない、という展開になる可能性が高い、と思われるのだが、はてさてそのFWはどこにいるのだろうか。
今日のFWは城と北村。最後に放り込みやセットプレーからの得点を狙うには、軍曹だけでは厳しい。もう一人ターゲットマンが必要だが、このメンバーでは富永であろう。貞富をそのままCBで(最後まで?)使ったところを見ると、元々富永をDFとして使う気はなかったのではないか、という疑念が生じる。しかも守備的MF(DMF)は信義でOK。つまり、富永はFWとして使うつもりでエントリーしたと言うこと。

確かにジェフは富永より4cm低い。また、ジェフはポストというタイプでもない。しかしFWの実力として、富永より低い、という監督の評価は正しいのだろうか。私にはわからない。もちろん、コンディションなど伺い知れない事情があるのかもしれないが……。それにしても、岩倉を入れた理由がわからない。大友は左右できるのだからSHとしては不要、CBは結局貞富がやった。MFは信義がいるし、FWは富永を使う気だっただろう。若手を使ってみようとした、というアリバイづくりか、他に出すべきポジションを想定していたのか、あるいは別の目的があったのか。一人減ったので経験の浅い選手は出しにくかった、というのは理解できるのだが。

審判がアドバンテージを取らないシーンもあり、いろんな意味で、なんともすっきりしないゲームであった。選手が闘志を出しているように見えたのが唯一の救い。

|

« 記事に一言(?)コメント | トップページ | オフサイド »

コメント

昨晩あらためてスカパーを見ましたが、実況席のコメントは「ハヤにイエロー」と言っているくらい、ジュンゴのファール⇒PKは、不可解でお粗末な判定でした。

投稿: Mフリエスタ | 2005.07.05 19:13

そうでしたか。パッと見、引っ張ってたように見えたので……見間違えたようです。
まあいずれにせよ、2枚目は余計でしたね。
次は退場者無しでお願いしたいものです。

投稿: | 2005.07.05 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/4817827

この記事へのトラックバック一覧です: 第19節:京都戦(TV視聴後):

« 記事に一言(?)コメント | トップページ | オフサイド »