« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

第29節:京都戦(観戦前)

次節でおよそリーグ戦の3分の2を消化したことになる。
現在横浜は5勝。実は昨年も28節終了時で5勝だったりするが、負けは7つ。今年は既に12敗であり、「引き分けを勝ちに」するどころか、「引き分けを負け」に変えてしまっている。しかも今年は川崎も大宮もおらず、降格チームも無しという好条件の中であり、いかに仁義作戦が効いたとは言え、この成績ではサポーターも我慢ができなくなる頃であろう。加えて30節の湘南戦では、Go West!という企画もあるとのこと。この2試合で勝ちがなければ、平塚でバスを囲むような輩も出そうである。

続きを読む "第29節:京都戦(観戦前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天皇杯都道府県大会・決勝戦

○佐川急便東京

西が丘へ観戦しに行った。メインは一般客入場禁止。想像するに、TV中継でスタンドががらがらだと格好悪いからじゃないですかね。逆光でまぶしいし、屋根がないので暑いし。。。

一時はどうなることかと思ったけれど、大久保の2アシストで見事天皇杯東京代表。
ポストはもちろん、下がってボールをさばいたり、相手FK・CKをヘッドでクリアしたりと、大活躍。とはいえ大久保は決定的な場面でキーパー正面へのヘッドにて得点を逃すなど、手放しでは喜べないが。
試合は両者とも決定機を外しまくり、特に佐川ゴール前でボールがピンボールの如く左右に何往復もした場面は、だれもが横河の得点を予想したんじゃないだろうか。
それにしても、天皇杯の延長はVゴールじゃないんだな。しかも10分ハーフだったし。
1回戦を勝てば、J2札幌との挑戦権が得られる。

○群馬FCホリコシ

大量得点で勝利とのこと。高知での1・2回戦を勝ち進めば、横浜FCとの対決が実現する。成太と山口の対戦が楽しみである。残念ながら矢部は出場停止らしい。

○ソニー仙台

仙台大学にロスタイムに勝ち越されて敗退の模様。この前見た試合では、確かにソニー仙台は調子が悪そうであったが。。。

○愛媛FC

愛媛FCユースをやぶり、愛媛代表に。次回はTDK秋田との対戦。勝ち進めばザスパ草津と対戦となる。J2草津に勝つことができれば、戦力面では難癖つけることもできなくなるだろう。もちろん椅子男の指摘は、資金面の問題という面もあるわけだが、天皇杯で勝ち上がることでスポンサー確保に弾みがつけば良いなあ。

○アローズ北陸

延長前半の石橋の決勝点で、富山代表に。勝ち進めば湘南との対決が実現する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29節:甲府戦(TV視聴後)

さあそろそろ三ツ沢に行く準備でもするべ、とシャワーを軽く浴びて着替えている頃、携帯が鳴る。
しかも「mission impossible」だ。

続きを読む "第29節:甲府戦(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金と年金と専業主婦(夫)と

年金が二分二乗方式なら、税金も同様にすべきであると書いた。
この問題は、知ってか知らずか、なぜかマスコミが触れない話題である。
今回の民主党案は、専業主婦(夫)家庭を「狙い打ち」にしていると思う。

続きを読む "税金と年金と専業主婦(夫)と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金について

我々にとってより身近な争点は、年金制度であろう。3党合意のあと、民主党が方針を変えている。もちろん原資の確保という意味でも郵政が大きく絡んでくるのだが、世間的(あるいは民主党的)には全く別の論点と認識されているだろう。
簡単にマニフェストから比較してみる。

続きを読む "年金について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第28節:甲府戦(観戦前)

ホームは3週間ぶりですか。久しくサッカーの試合を見ていないような気がするなあ。
それにしても、開幕頃には想像できないメンバーになったよな。勝ち数は兎も角……。精神的な強さを持つベテランが加入することは、若手にとってもいいことなんだろう。
とはいえ所詮新加入。上手くかみ合ってくればそれなりの結果も出るだろうが、この2~3試合は我慢のしどころかもしれない。もともと連携や固まった戦術がないこのチームの場合は、比較的問題は少ないかもしれないが。

甲府は、最近13試合連続スタメンであった井上雄幾が、前節出場停止のため欠場しており、休養十分である。

続きを読む "第28節:甲府戦(観戦前)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

週末がないけど郵政問題

勤務先の引っ越しは疲れるなあ。昼からとは言え、土日出勤だし、肉体労働だし。
時間があれば、今話題の衆議院選挙の争点の(政争ではなく内容の)分析を書こうと思ったけど、残念ながら時間も気力も体力もない……orz

そこを無理矢理、脊髄反射的に極々簡単に書いてしまうと、

・郵政を税金で維持しているのは嘘という話
 →固定資産等各種税や預金保険の免除、隠れ不良資産の問題など、間接的な支援が大きい。おそらく民間であったら今の国庫納付金より多額の収益を国にもたらしていたのでは。(調べたかったんだけど時間がない)

・地方切り捨てという話
 →地方向けに使える資金が同じなら、あとは何に使うかの問題。限りある資金は、郵便局より介護や医療に金を注ぐ方が、地方の住民にとっては幸せなのでは。もちろん、民間への補助や自治体の代行など、補完する工夫もあるだろう。

・貯金上限の縮小でいいジャンという話
 →規模縮小と言うことは必然的にリストラが必要だが、連合等が支持母体の民主党にできるのかな?別に公社の間にしていれば良かったこと。今までそれを放置しておいて民営化に反対するってのもねえ。縮小は志気にも影響するし。

・無駄遣いについては、出口を締めればいいじゃないと言う話
 →今まで締められなかったよね、亀井さん(笑)。

・郵便は公務員が実施すべき
 →今でも収集から配達までに、民間業者やパート・バイトが入っているよね。裁判所関連の郵送程度なら、自治体への委託なども考えられるだろう。だいたい、コンビニは信用できないから対応しないと言っていたのに、いつの間にかクロネコを凌ぐ勢いだし。反対のための反対、というイメージしか受けない。

って感じかな。今の法案では中途半端なので、積極的な賛成はできないんだけど、放置するよりは良いと思う。


「逃げ切れない世代」の私にとっては、なるべく未来の負担(あるいは資産の食いつぶし)を減らして欲しいと思うんだなあ。必要なコストは払うけれども、同じ効果があるならコストが少ない方がいい。
とはいえ、実は曾祖父が郵便局長、親戚なども局員だったこともあり、今回の民営化賛成という自分自身の選択は、正直複雑なところもあるのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27節:仙台戦(TV視聴後)

カズと山口、浮氣がスタメンでそろうとは思っても見なかった。びっくり。
まあ元々このチームは連携とか重視していないので、問題ないんだろうなあ。でも山口を90分は無理があるんじゃないの?まだ16試合+天皇杯もあるんだから、無理させないようにして欲しい。浮氣は大丈夫だよね?

ながら見していたこともあり、よくわからないが、MFとFWの間が広すぎないか?DFが引きすぎるのかなあ。
守備的に行って、あとは城・カズお願い、という感じなのか。まあ確かにファールは良くもらっていたが、FKがねえ。細かいところでは、軍曹の飛び出しやカズのFK、菅野のナイスセーブなど、見どころはあったけれど。山口の捌きや浮氣のディフェンスも良さそう。

解説でも言っていたが、サイド攻撃が散発的。一樹や智吉の個人突破くらいに見える。次節は中島も帰ってくるので、左SB中島・右SB岩倉(重田)で連動したサイド攻撃も見てみたい。楔からサイドに流れるのも良いが、カズ・城にはゴール前で勝負して欲しいよ。んで、こぼれ玉を山口がミドル!というのも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27節:仙台戦(観戦前)

巷では「解任ダービー」ともいわれる仙台戦。チケットも入手困難と言うことで、久々の大入り満員になる仙台スタジアムはいい雰囲気なんだろうなあ。今回日曜日に仕事のあるSは今回お留守番。スカパーもライブをしないようで、日曜日の放送ではTV観戦も難しいなあと、ため息。
今回のポイントは、最終ライン。

続きを読む "第27節:仙台戦(観戦前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相次ぐベテランの補強

東北で大きな地震があった後、横浜FCサポにも大激震が走った。山口素弘と浮気哲郎のレンタル移籍。しかも山口は完全移籍のオプション付き!っていうのはここの記事なので話半分、いや2割くらいか。

単純にうれしいなあ。新潟戦で見ているにもかかわらず、私の中では、センターサークルでうなだれてる山口で止まっている。現役プレーヤーとしてのイメージは薄かったりするんだけど。そういう意味では、浮気もあまり最近の記憶がない。どこまでやってくれるのだろう。いずれにせよ、最重要ポイントの補強であるわけで、ファンとしては喜ばしいことだ。

「サッカーの文脈」とやらではどう評価すべきか知らないけど、(サポーターではなく)一人のファンとして見ると、これらの補強はかなり評価できる。時間も遅いので、とりあえず書き捨ててみる。

続きを読む "相次ぐベテランの補強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでも良いことではあるが

そういえば、いつの間にかサポティスタからエルゴラへのリンクが無くなっている。何かあったのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第26節:鳥栖戦(雑感)

TVすら見ていないのだが、結果とかエルゴラとかネットとかを見る限りでは、

恐れていた新居が復活していた。またこれが活躍したようで。
懸念していたとおり、キーマンの宮原を貞富が押さえきれなかったのだろう
・しかしエルゴラでは貞富より内田の評価が低かった。何故なんだろう、気になる。
・横浜右サイドからクロスを上げられるパターンが多かったという噂有り。早川はプレスが甘いので良い作戦だろう。
・中島退場後、3バック→4バックにしたが、更に悪くなったもよう。サイド攻撃に強い中島が退場したことでDFが破綻したか。
・もしかして3バックは、山尾inでトゥイード大作戦だったのかなあ。宮原を自由にさせて岩倉(不慣れな左)・山尾・早川の裏を狙われたら……考えただけでもガクブル。
・岩倉の左SBはありえない。練習していないだろ?一樹か智吉でいいだろうと思うのだが。これで高橋などサイド陣が勢いついたか。
・エルゴラの採点では「鳥栖のスタメンフィールドプレーヤーが全員6.5以上」なんだよな。それほど横浜は為す術無しだったのだろう。

というような感じだったのでしょうか。知らないけど、そんな光景が目に浮かぶ。

中島が前節終了時でチーム最多の「黄」コレクター(一樹は同数だが出場時間が多い)というのは自明なのだから、中島退場は想定内のはず。その対応が岩倉の左SBとは……。

エルゴラには「”いつものように”自滅した」とか書かれているし……orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省します

諸々の事情により、急遽帰省することになりました。ということで、日曜日までは更新しないと思います。

しかし今日も電車は案外空かないなあ。乗る時間が若干遅いので、丁度メーカ関係の人が少ないのかな。
航空機の予約状況を見ると、戻りのピークは火曜日みたい。ということは、来週の月・火くらいは楽に座って通勤できそうでうれしい。といっても、今の勤務先へは途中の駅から始発に乗り換えて座って行ったりしているのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第26節:鳥栖戦(観戦前)

鳥栖スタジアムは大好きなので、年に1回くらいは行きたいと思っているのだが、さすがにお盆に行くほど財政が健全ではないので……今年は結局行けなかったなあ。所用で週末のTV視聴も難しそうなのだが、とりあえず予想だけでもやってみよう。

続きを読む "第26節:鳥栖戦(観戦前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国歌斉唱

日韓戦があったわけだが。

国家斉唱時、アカペラの独唱時はビブラート(文章では書きにくいが、声を震わせて音程を微妙に上下させる発声法)をかけるんだけど、なんで音の頭から最後まで同じようにかけてしまうんでしょうかね。
確かにビブラートをかけていると(歌い手は)気持ちがいいし、嫁さん曰く「楽」なんだそうだ。ノンビブラートは腹筋も必要だし。ビブラート自体は、声量もあるように錯覚してもらえるし、音としても太く広くなるので、悪い事じゃないんだけど。

ただ、頭から同じようにかけてしまうと、音程感がなくなる。ま、はっきり言って「気持ち悪い」歌になる。まあ今回は、韓国での独唱なので、安全上の見地でわざと音程感を無くして、元歌のイメージを薄めたのかもしれないが……。いずれにせよ、ビブラートは隠し味というか調味料。素材の味と上手く調和して初めて美味しい料理となる。醤油の味しかしない煮物とか食いたくないし。オペラなんかだと、逆に表現上の効果として有益なんだろうけど。

でも、この手の歌い手ばかりが独唱すると言うことは、皆さん気持ち悪くない、って事なのだろう。少数派なのか。残念。

折角の厳粛な国歌斉唱。思わず聴き惚れるような歌い手はいないかなあ。歌い出しはノンビブラートの声量のある、かつ澄んだ声で、最後に広がりを与える上品なビブラート。うーん、至上のひととき。って、選手が夢見心地になっても困るけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第25節:山形戦(観戦後)

真夏とはいえ、ナイターは過ごしやすく絶好の観戦日和。それを見越して配布された団扇は小さかったのか。今日もカズ目当ての観客が押し寄せた結果、8000人弱となり、前ホームゲームに比べそれほど減っていない。カズの魅力のせいか、勝ちゲームの効果か、水戸と山形のサポーター数の違いか。
カズがベンチスタート。城とカズの連携は兎も角、他の選手との連携を考えると当然といえば当然だが、営業サイドの意向に影響されず、監督が差配できているというのは朗報である。

続きを読む "第25節:山形戦(観戦後)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

郵政問題

衆議院で可決、参議院で否決、衆議院に戻して再投票する時間もない、ということになれば、国民に賛否を問うというのは妥当なロジックであろう。

「他に大事な問題がある」というレトリックを使う国会議員が多いが、大事だからここまで永田町が盛り上がるわけだ。かなり骨抜きになっているのだし、後からの修正も可能なわけだから、大事でないのならスルーすればよい。
反対派も賛成派も、なるべく本質論を避けるような対立を続けているのが、喜劇的。いや悲劇か。

郵政自身も流れを変えるチャンスはあったのだが、結局縦割り指向を脱することができなかった。「地域と密着」を金科玉条とするのであれば、その面を強化して国民に訴えるのが王道だったのだが、組織保身が中心となったように見える。少なくとも、以前書いたような施策が検討された形跡は見えない。この10年、郵政がやってきたのは主に民間との競争しか思えない。

郵政には「地方と都会の格差と補填」「特別会計」「特殊法人」「公共事業のあり方」「行政改革」「公と民のありかた」「縦割り行政」「財政危機」「子孫への負債移転」など、戦後の功罪織り交ぜた問題が凝縮されている。
実際の国会ではそのあたりの精算という意識は乏しいように見えるが、枠組みから変えていくことで順次整理せざるを得ない状況になることは、(平均寿命から逆算して)40年はこの世で過ごす私にとっては、少なくとも現状維持よりは好ましい状況になるのではと期待している。

来週、否決される可能性が高いようだが、もし総選挙になったら争点は郵政。自民党はやはり割れるのだろうか。民主党は行政改革と郵政問題をどのように折り合いを付けるのだろうか。国民は「地方切り捨て」「財政危機」「公と民」というキーワードをどのように消化するのだろうか。そう、郵政問題は総選挙に値する重要な争点である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25節:山形戦(観戦前・追記)

書いてから、あの予想では、下手するとスピード不足でチンチンにされるかもなあ、と。監督は気にしないだろうけど(笑)。
希望としては、

    北村 城
智吉  シルビオ 一樹
     貞富  
中島 山尾 岩倉 重田
     菅野

あたりかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25節:山形戦(観戦前)

連勝だそうで。信義のゴールとか見たいのだが、ビデオを見る時間がない。ネットもあまり回る時間がないし、情報が少なすぎ。まあこういうときは大胆な予想をしてみるに限る。ただこの監督は、その上を行くことがあるので手強いのだが。
今節のポイントは右サイドだろう。

続きを読む "第25節:山形戦(観戦前)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京佐川vsソニー仙台・観戦後

気を取り直し、某ご夫婦の車で一路江戸川へ。ところが関越自動車道がなぜか渋滞。しばらくのろのろお付き合いしていたが、このままでは間に合わないということで、急遽インターを降りて大宮経由に変更。なんとかキックオフ直後に観客席に到着した。感謝です。
しかし、愛媛FCの選手は帰りの飛行機に間に合ったのだろうか。あの状況で19時頃に着こうと思ったら、結構ぎりぎりじゃなかったろうか。首都高も一部渋滞があったようだし。アマチュアは次の日仕事だからねぇ。

続きを読む "東京佐川vsソニー仙台・観戦後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリコシvs愛媛FC・観戦後

思ったより土曜日が涼しく、おみやげもいただき比較的気分も良く、その勢いで日曜日も観戦することに。予報では曇~雨ということで、多少は過ごしやすくなりそう。特急を使えば上野から新前橋に乗換無しで、丁度いい時間に着くことができるのだ。

続きを読む "ホリコシvs愛媛FC・観戦後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23節:水戸戦(観戦後)

何にしても三浦祭り。カズの存在感はやはりすごいなあ。
前回は抽選すら行かなかったけれど、今回は2時間前開門ということもあり、時間がある。まあ当たらないだろうけど、スイカでも当たると嬉しいなあ、とがらがら回してみたら、白い玉。なんとスイカをいただいてしまった。いや本当にありがとうございます。千葉県まで持って帰るのは結構大変でしたよ、なんたって6.2kgでございます。本日一部を食してみましたが、美味。みなさん、スイカは三浦産の金時すいか、お薦めです。

続きを読む "第23節:水戸戦(観戦後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末3試合観戦

結局、横浜vs水戸@三ツ沢だけでなく、某夫婦のご厚意もあり、ホリコシvs愛媛@前橋と東京佐川vsソニ仙@江戸川も観戦してきました。先ほど帰宅し、ひと風呂浴びたところ。
今から書くのはさすがに平日の本業に差し支えますので、観戦記は後日と言うことで。今回は札幌戦は休載だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »