« どうでも良いことではあるが | トップページ | 第27節:仙台戦(観戦前) »

相次ぐベテランの補強

東北で大きな地震があった後、横浜FCサポにも大激震が走った。山口素弘と浮気哲郎のレンタル移籍。しかも山口は完全移籍のオプション付き!っていうのはここの記事なので話半分、いや2割くらいか。

単純にうれしいなあ。新潟戦で見ているにもかかわらず、私の中では、センターサークルでうなだれてる山口で止まっている。現役プレーヤーとしてのイメージは薄かったりするんだけど。そういう意味では、浮気もあまり最近の記憶がない。どこまでやってくれるのだろう。いずれにせよ、最重要ポイントの補強であるわけで、ファンとしては喜ばしいことだ。

「サッカーの文脈」とやらではどう評価すべきか知らないけど、(サポーターではなく)一人のファンとして見ると、これらの補強はかなり評価できる。時間も遅いので、とりあえず書き捨ててみる。

まず、看板ができたと言うこと。
もちろん城も大きな看板ではあるが、マリノスのイメージも強い。「城やカズが居るチーム」というのは、横浜FCというチームを認識してもらいやすくなるという意味で、重要である。
会社名を認識してもらうというのは、企業の「いろは」。そのためには看板商品があることが手っ取り早いわけだ。
サポーターが友達を誘うのも、チームが招待券を配って集客するのも、マスコミの報道がきっかけで観戦に訪れるのも、看板があると無いとでは、効果は大違いである。

次に、ベテランはフル出場が難しいと言うこと。
もちろんそれは欠点なのだが、逆に言えば補強選手以外も試合に出られる可能性が高いと言うこと。そして、ベテランの中で経験を積むことで、「育成」効果が上がると期待できる。私はサッカー経験がないので、あくまでも予想であるが。
そして、ベテランはあと1~2年で主力から脱落する可能性が高いと言うこと。つまり、中堅選手を補強するのとは違い、若手にとってはベテランにもまれて成長した頃に、スタメンを奪取できる可能性が高くなると言うことである。またそれを狙って、来期以降に加入を希望する選手が増える可能性も考えられる。

さらに、そもそも「若手」中心の育成はしていないと言うこと。
そもそも、ここ1~2年に加入した若手は練習試合にもあまり出ていないと聞いている。「若手」中心の育成という観点は初めから存在しなかったのかもしれない。「第一クールを終えて」という監督のメッセージでは「チーム全体の底上げを図ることが私に求められている仕事だと思っています」となっている。
逆に、カズや山口、浮気が加入しなかったら、育成は進んだのか? それをYesと言えないのであれば、「育成」と「ベテランの加入」を天秤に掛けるのは、おかしいような気がする。
私が思うに、既に足達さんに何かを期待するのは酷であろうと。既に破綻しているだろうと。リティだったら、とか過去を振り返るのも詮無いこと。もちろん、結果責任はとってもらう必要があるけれど。

結果として、観客動員が増えると言うこと。
マスコミに取り上げられることは、下手な宣伝を打つよりよっぽど効果がある。
確かにある意味「客寄せパンダ」と言われても仕方がない面もあろう。しかしながら、招待券をまいたり、ちびっ子サッカーや学校訪問で子供・父母を取り込んだり、メディアやビラまき、ポスターなどで来場を呼びかけたりすることと、本質的にそれほど違うことであろうか。もちろん、「『客寄せパンダ』がいなければ素晴らしいサッカーができるのに」というのであれば問題であろうが、我が横浜FCはどうであろうか。
きっかけは何でも良い。スタジアムに来てもらわなければ始まらない。客が増えなければスポンサーも集まらない。資金が増えなければ環境も改善できない。

最後に、回収可能な投資のような気がすること。
この投資の結果、裏目に出て大赤字になるようであれば、「サッカーの素人が客寄せパンダに手を出して……」という話で終わってしまうのだろう。その可能性も当然ある。しかし、収支均衡傾向とはいえ、三ツ沢で4000人台のJ2で11位、カズが来るまでに3勝しかできなかったチームである。もしこれが、経営的に回収できると判断可能な投資であれば、「あり」だと思う。グッズ売上、戻ってくるファン、一見さんの来場、集客施策の相乗効果、露出アップによる新規スポンサーなど、少なくとも短期的には期待できるであろう。これを中長期に繋げられるかどうかは、チーム次第。
またベテランへの投資は比較的短期になるため、総投資額を押さえる効果がある。

……ネットでは案外懐疑的な意見が多かったので、天の邪鬼のSとしては少々ポジティブに考えてみました(笑)。

|

« どうでも良いことではあるが | トップページ | 第27節:仙台戦(観戦前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/5502403

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐベテランの補強:

« どうでも良いことではあるが | トップページ | 第27節:仙台戦(観戦前) »