« 天皇杯3回戦の相手が決まる | トップページ | 第33節:草津戦(観戦前) »

第32節:徳島戦(観戦後)

試合後、新幹線で一路嫁さんの実家へ。本日帰宅したのだが、正直試合のことはかなり忘却の彼方。もしかしたら、思い出したくないという自己防衛が働いているのかもしれない。

チャンスの回数が多いのは横浜だが、運を持っていたのは徳島。前半こそ内田の(いつもより)精力的な動きにより、徳島の中盤を押さえ込んでいた。しかし、疲労してきた後半はサイドや中盤のつぶしが不十分となり、DHとDFの間を使われて、ウイークポイントであるCBの足の遅さを突かれてしまった。
CBの足の遅さはわかっていることなので、中盤(サイド含む)に運動量のある守備力の高い選手が常に必要である。山口で全てをカバーするのは運動量的にも無理だ。今節はシルビオの位置づけの曖昧さが致命傷になったのかもしれない。
#しかし浮氣の足は遅すぎないか……orz

前半は、徳島にしては前掛かりになっていたような気がする。徳島11番もワイドに張るケースが多く、一時は5トップかと思わせるような状況だったような。そのせいか徳島のディフェンスは正直ぼろぼろに見えたが、横浜は上手く利用できなかった。徳島的には、早い時間に先制し、前半を同点に終えたのは戦略通りではなかっただろうか。横浜はベテランが多く、あの暑い試合であれば後半失速する可能性が高いわけだし。

2-2の同点にされた原因の一つは中島。その後中島が切れてしまったので、智吉に交代したのは良い采配であったが、中島もそろそろ精神的な強さを身につけて欲しい。

また内田→シルビオは、タイミングが疑問。後半残り20分ならすぐに出せるよう準備を終えておく必要があると思うのだが、交代に時間がかかってしまった。またシルビオに何を期待したのかが疑問。監督のコメントを見る限りは、リスクを減らしてディフェンシブに行くつもりだったようだが、であれば富永inで浮氣をボランチに上げる方がまだましだったろう。あの場面でシルビオなら、リスクを冒して勝ちに行くと理解されても仕方ないのではないか。

大友はゲームに乗れていなかった。集中力の欠けるプレーも散見され、正直残念。これでは流れを引き寄せることはできない。それと気になったのが、2-2や2-3の後、選手の覇気が感じられなかったこと。そして城も不要な遅延行為で次節出場停止になってしまった。負け癖がついただけでなく、チームの雰囲気も悪化しているのではないかと心配である。

また右SBの早川は、北村が開けた前のスペースを使わないので、攻撃のチャンスをみすみす逃すケースが散見。また、リスタートで内田が相手SBの裏に素早くボールを出したケースも、早川は動けなかった。うーん、勿体ない。
ただこれは早川の個人的問題だけとは思わない。確かに早川は上がるタイプではないが、昨年は(重田や一樹ほどではないが)前のスペースを使って上がっていたので、上がらないのは監督の指示なのであろう。SBが連携して攻め上がってこないなら、相手SHやSBは楽だろうと思うのだが。まあ何もしなければミスもしなくて済むので、このチーム的には「これで良いのだ」というところか。

浮氣・山口が出てからもう6試合、そろそろ連携を理由にするのも苦しくなってきた。。。次節は軍曹が戻ってくるとは言え、城が出場停止。相手も出場停止が3人居るとはいえ、厳しい試合になりそうである。


|

« 天皇杯3回戦の相手が決まる | トップページ | 第33節:草津戦(観戦前) »

コメント

内田#10→シルビオ#6は、負傷退場による交代でしたね。だったら、富永#3?微妙だなぁ~

投稿: しゅりんぷ | 2005.09.20 23:30

足つり始めていたのに交代に時間かけてしまいました。山口+足の遅いCBだけでは厳しいです……。
私のポイントは浮氣が上がる方なのですが、本当に富永inだったら結局私も批判してたかも(笑)。

投稿: | 2005.09.21 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/6033905

この記事へのトラックバック一覧です: 第32節:徳島戦(観戦後):

« 天皇杯3回戦の相手が決まる | トップページ | 第33節:草津戦(観戦前) »