« 第30節:湘南戦(観戦後) | トップページ | 第31節:福岡戦(観戦前) »

W杯予選の再試合

ワールドカップ・アジア予選5位決定戦、ウズベキスタン-バーレーンの再試合が、吉田氏の誤審で再試合になったという記事

FIFAのW杯組織委員会の決定とのこと。
原文を読んでいないので詳しいことはわからないけれど、「W杯組織委員会の決定」というのがポイントじゃないかなあ。

「試合」としては成立しているが「W杯予選」としては成立していない、という解釈・判断で「プレーに関する事実についての主審の決定は最終」というハードルを乗り越えるつもりじゃないか、と私は勝手に解釈している。言うなれば、強風の中の100m走で、勝負としては決着はついているが、記録としては追い風参考として正式に採用されない、という感じ。その場の勝敗以外の価値(この場合はW杯挑戦権のポイント)は、グラウンド外の話ということ。
……何のために企画された試合か、と突っ込まないように(笑)。

個々の判定根拠が法律とすると、「主審の決定は最終」というのは憲法みたいなもの。日本の自衛隊のように、屁理屈でもいいから拡大解釈して凌ぐべし(笑)。

勝っていたウズベキスタン側が文句を付けて再試合になってしまったのだから、ウズベキスタンにとっては泣くに泣けない決定。結果としては黙っておいた方が良かったことになるかもなあ。再試合で勝ったとしても、日程変更の影響はあるかもしれないし。

しかし、7月の改正はまぎらわしいなあ。初め読んだとき、思わず「何で間違ってるの?」と考え込んでしまった。自分でも、「ボールがゴールに入らなかった場合、守備側の間接フリーキック~」と書いたのに。年かなあ。

|

« 第30節:湘南戦(観戦後) | トップページ | 第31節:福岡戦(観戦前) »

コメント

コリーナヘアの野田君も、J1でチョンボしたとか?
イエロー出すべきところで、レッドを出した(詳細は不明)
J2で「誤審のため試合は成立だが、リーグ戦の勝ち点は無効=再試合」なんてなったら、三ツ沢に常駐しなければならんなぁ。。。

投稿: Mフリエスタ | 2005.09.08 20:25

得点機会を手で阻止したのに得点された場合は、(退場ではなく)警告であるというルールらしいですね。折角4人も審判が居るのだから、一人くらいルールを正確に覚えておいて欲しいですよね。。。ファールの見落としなんかだと言い訳が効くけれど。

投稿: | 2005.09.08 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/5836054

この記事へのトラックバック一覧です: W杯予選の再試合:

» 本質が違う(吉田氏の件) [CRAZY FOR REAL YOKOHAMA]
>誤審でW杯アジア予選5位決定戦やり直し[ニッカン] ジョージや家本のおかげで審判に対してナーバスになってる人が少なくないってのに、タイミングが悪いというか何と言うか。 しかも、この手の判定ミスとは縁遠い吉田氏がやっちゃったってのが……うーむ。 しかし、よく... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 23:59

« 第30節:湘南戦(観戦後) | トップページ | 第31節:福岡戦(観戦前) »