« 水戸の粘り腰 | トップページ | W杯予選の再試合 »

第30節:湘南戦(観戦後)

ぴあで指定席が×になったり○になったりしていたので、こりゃ早めに行くしかないと2時間前に平塚駅着。パンを買ったり直通バスがなかなか出なかったりで、結局開門後の到着。バックAway側から入場すると、いやはや、本当にここは平塚競技場か?と思うような混雑。

予報は雨。屋根無し+一見さん多し+混雑=傘(で見えなくなる)、という「カズの定理」を思い出したSは、通路直後の席をゲット。既にAway側バックの中央寄りは見かけ上満席で、カップルを中心にうろうろする人多数。ここで積極的に空席を取材して彼女を座らせることができた男と、30分以上彼女を引き回してうろうろするだけの男とでは、その後のドラマの結末が違うんだろうなあ。

で、傘のリスクをヘッジしたのはいいが、「通路の直後は通行人でうざい」という一般定理を忘れていた。立って見る人(最終的には注意されていなくなるが)や通路を通る人で激しくうざい。試合開始前には、解放されたゴール裏も見かけ上いっぱいになってしまった。それもあり、階段で座り込んで見ていても注意無し。その影響で通路を歩く人が迅速に移動できないため、さらに通路に人がたまり……。勘弁してくれ。
しかし、入場者数が14203人とは。湘南にとっても記録的な入場者数になってホクホクだろうなあ。それにしても、既にホーム数試合を消化した横浜は8000人台が精一杯というのは、どう理解すればよいのだろう。

カズが湘南の選手かと勘違いしそうなDJにびっくり。いや、敬意を払ってくれることは感謝だし、加藤との対決を煽る意図も分かるのだけど、この客の大半はカズを見に来ているわけで。湘南さんそれで良いのかなあ、などとつらつら思っていると、いつの間にか試合開始。
しかし試合中も通行人がちらほらと……試合に集中できない。時々雨も降るし(-_-メ)


よく言えばつぶしあい、悪く言えばミスが多発のぐだぐだな試合。山口の縦への早いグラウンダーのパスが、前節ほどには決まらない。そういう状況もあったのか、浮き球がやたら多かったような気がする。
湘南はサイドチェンジを多用するが、ミスで横浜ボールとなるケースも多く助かった。

カズは疲れもあるのか精彩を欠く。回りの観客も、初めはカズの近くにボールが来るたびに歓声を上げていたが、次第にもり下がっていたような。その分、城が活躍するが、最後はかなり疲れていたなあ。
軍曹は負傷交代。またピキッとやっちゃったかなあ、心配。彼はよっぽどひどくない限り自分から代えてくれとは言わないんだから、もっと早めに変えた方が良かったと思うけれど。菅野もその辺心配していたのか、時間消費モードになっていたのが頼もしい。

アクシデントといえば、中町の赤。確かに、おまえはウルトラマンかよ、と言いたくなるようなキック。両足で足を見せたスライディングだったのだから、カード自体は仕方ない。しかしそれまでファールは流し気味だったように見えたので、(あれが赤になるという)基準が選手に伝わっていなかったのではないか。その意味では「赤」は厳しかったような気がする。いずれにせよ、これで膠着していた試合が動くことになる。

後半開始直後の、通路が落ち着いていない時間帯だったので、あまり城の得点は覚えていない。残念。
その後PKを取られたが、淳吾が引っ張ったように見えた。しかしゴールも決めてマッチ&ポンプ。そういえば第5節(仙台戦)もゴール&オウンだったなあ。
淳吾は前節に引き続きSBとしてのエントリーであったが、サイドを駆け上がってボールをもらうという感覚がまだ身に付いていないようだ。カズが(当然駆け上がるだろうと思い)サイドラインに向かって横パスをしたが、全然間に合わないというシーンも。まあSBだと思わずにCBとして見れば、こんなものだ、とは思えるけれど。

得点後は信義を入れてスリーバックへ。まあ相手が一人少ないんだからある意味当然か。しかし交代直後のシュートには、干されていた男の意地を感じた。負けるなよ~。ディフェンス時にお約束の「黄」をもらったのはご愛敬だが。
吉武も、前節ほどではないが頑張っていた。智吉との競争で切磋琢磨して、さらに成長して欲しいなあ。


双方とも得点の香りが消えた中での終了間際、突如のスコール。選手には申し訳ないが、千葉県民にとっては横須賀線が動いている間に帰るというのは重要な問題(笑)なので、早々に競技場を後にさせてもらった。
シャトルバスを待つのだが、どんどん雨はひどくなり、風も出てきて雷まで。で、この状況で傘も差さずに(もちろんポンチョも着ずに)滝の下の修行僧のごとく、文字通りずぶぬれでバスに並ぶ人多数。えっと、天気予報は見ましたか?
……そもそも、湘南vs横浜戦は悪天候で有名なので、以後細心の注意を払うように(笑)。
近くに雷も落ちたようだし。徒歩の人々も、傘が半分壊れかけてたりポンチョが短いため下半身がずぶぬれになったり、いやはや難行苦行。特に湘南サポーターはお気の毒としか言い様が……。

#しかしこの監督は、ツキがあるなあ。退場者が出なかったらわからない試合だったのに。しかも平塚初勝利&ダービー(?)勝利のおまけつき。

#あ、あとやっぱり「ありがと~」にしか聞こえなかった orz

|

« 水戸の粘り腰 | トップページ | W杯予選の再試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/5790233

この記事へのトラックバック一覧です: 第30節:湘南戦(観戦後):

« 水戸の粘り腰 | トップページ | W杯予選の再試合 »