« ピン立ちできないサッカーの話題 | トップページ | 第32節:徳島戦(観戦後) »

天皇杯3回戦の相手が決まる

こちらで、天皇杯3回戦の展望が展開されています。必見。

最初のセットは、ぜひ見てみたいです。

重田・佐藤は連携も良く、サイド深くからセンタリングを上げられることも相当減るでしょう。また確かアマラオは相手右サイドに流れる事が多かったようなので、重田のねばり強い守備が「はまる」ような気がします。
山口・浮氣なら、経験を生かした読みで芽を摘み、無駄なドリブルはせずに、すかさずサイドの香車へ絶好のボールを供給できるでしょう。サイド深くに進入できれば、GKの質の差や城&カズの個人技もあり、得点はさほど難しくないだろう、と書いておきましょう。
ただ、左の北村だけはちょっと不安ですね。右でもセンタリングの精度が……(以下自粛)
個人的には智吉かなあ。とはいえ彼もお疲れ気味だけど。

で、前半タイトにマークしておけば、ホリコシの選手はイライラしてボールをこねだすでしょう。アーリークロスなら軍曹がかなりの確率でカットできるだろうし、サイド深くからあげさせなければアマラオがボールをもらいに下がってくるはず。アマラオに低い位置でポストプレーされても、その後のDFのボールが精度を欠く可能性が高く、横浜としては怖くないのでは、という気がします。

攻撃時に両サイドが連携し縦に早い攻めを行い、時折サイドチェンジなどを織り交ぜておけば、ホリコシの中盤がカバーに翻弄され、結果として横浜にとって一番怖いカウンターのリスクを減らすことができる……と嬉しいですが、どうなるでしょうか。ナリに裏を突かれるだけだったりして。
#ただ、重田選手応援サイト関係者としては、信義が出ていないのがかなりの不安要素(笑)

しかし「抜け作布陣」ってのはいいネーミングですなあ(笑)。前節徳島戦でも、山口の疲労と(交代した)シルビオの守備意識の低さ(?)のため、DFとDHの間を使われていました。前半は内田がいつもより精力的に動き、芽を摘んでいましたが。
また早川は(監督の戦術上なのか)オーバーラップを基本的にしないので、北村の単独突破(あるいは裏のスペースへの飛び込み)が中心であり、ホリコシも対応しやすいかもしれないですね。前節も後半押さえ込まれていました。
なんか、ホリコシが入り方さえ間違えなければ、互角の戦いをしそうな気が。っていうか、最近どことやっても勝てる気がしないんですけど……

|

« ピン立ちできないサッカーの話題 | トップページ | 第32節:徳島戦(観戦後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/6034227

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯3回戦の相手が決まる:

» 天皇杯3回戦への展望 [縦横無尽]
もし横浜FCがこういった布陣で来たらちょっと難しい。 FW:カズ、城 MF:北村 [続きを読む]

受信: 2005.09.20 22:41

« ピン立ちできないサッカーの話題 | トップページ | 第32節:徳島戦(観戦後) »