« 第32節:徳島戦(観戦後) | トップページ | J1首位攻防(ガンバvs鹿島) »

第33節:草津戦(観戦前)

ぞろ目はクール最終戦なのよ~♪ ということで、第3クールも最終試合。
第2クールまで2得点以上が3試合しかなかったが、第3クールでは既に4試合と得点力は上がった。しかし、第2クールまで3失点以上が3試合だったが第3クールでは既に4試合と、仲良く失点も増加。一見さん的には点の取り合いで面白いのかもしれないが。

しかし、点の取り合い、カズや山口の加入(浮氣ごめん)にも関わらず、入場者数はじり貧で、とうとう7000人を割ってしまった。

実はカズが参入した23節以降、横浜のAwayは全て11000人越え(鳥栖11132~札幌20374)であり、1万人を割っているのは全て横浜ホームの試合である。
またAwayチームの入場者数を前回ホーム試合のものと比較すると、約1.5万人増えた札幌、約1万人増えた湘南、約7千人増えた福岡・鳥栖に対し、横浜は(4000人がベースとして)4~5千人しか増えていない。前節の徳島戦に至っては、平日に行われた京都戦とほぼ同じ入場者数である。

原因はいろいろあるのだろうが、やはり「勝てないから」ではなかろうか。選手を見に来た一見さんをチームのファンに変えるためには、応援している選手が居るチームが勝つことが必要。折角の一見さんをリピーターにできなかったことが、じり貧に繋がっているのではないか。カズゴールも決めた、カズダンスもやった。あと何で観客を引きつけるつもりだろうか。その意味でホーム4戦勝ち無しという結果がチーム運営に与える負のインパクトは、極めて大きかっただろう。

草津は3選手が出場停止で、そのうち小川・チカは最近コンスタントにでているDFの選手。城が出場停止とはいえ、勝ちが計算できる相手であろうし、勝ち点3はノルマ。逆にここで負けるようなことがあれば、最下位草津との勝ち点差が6にまで縮まる。椅子男に愛媛の参入阻止の言い訳に利用されている、その新規参入組にすら勝てないようでは……。


個人的には、昇格が事実上無くなった今となっては、カズ・シルビオ(引き気味)のセットを見せる遊び心があっても良いんじゃないかと思うのだが、監督はシルビオの個人攻撃をしてしまったので、バツが悪くてスタメンにはできないだろう。残念。今更「日替わりトップ下」ってのは全然驚かないけど、驚かなくなった自分に驚くよ(笑)。

CBは軍曹が戻ってきたのでいつも通り浮氣とのコンビ。中島に前節の影響が残っているとSBは人材不足だし、草津が3バックでもあり、本当は軍曹・浮氣・淳吾あたりの3バックでやりたいところだろう。が、一度もスタートではやっていないことと、最近の練習でも試していないことを考えると、4バックであろう。左SBの予想が難しいが、相手が草津ということを考えると、「中島の自信を取り戻させる」という考えを持ちそう。

左SHはカズの覚えめでたい吉武だろう。北村は外す理由がないし、前節の状態で考えると大友のスタメンはない。またシルビオが無いとすると、信義と内田がポジションチェンジをしながらトップ下をこなすイメージか。さすがにこの大事な試合で、富永(トップ下)と心中する気はないだろう。ただこの監督の思考回路だと、案外まさかびっくりの淳吾がDHだったりして。

    カズ
       信義
吉武         北村
    山口  内田
中島 浮氣 軍曹 早川
     菅野

|

« 第32節:徳島戦(観戦後) | トップページ | J1首位攻防(ガンバvs鹿島) »

コメント

大穴の「3」は押さえておいた方がいいかも?!(^ ^;;

投稿: Mフリエスタ | 2005.09.23 18:58

うーん、3がらみは配当低そうですからねぇ。。。(笑)

投稿: | 2005.09.24 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/6056611

この記事へのトラックバック一覧です: 第33節:草津戦(観戦前):

« 第32節:徳島戦(観戦後) | トップページ | J1首位攻防(ガンバvs鹿島) »