« 天皇杯・FCホリコシ戦(観戦後) | トップページ | 第36節:山形戦(観戦前) »

記事数: 200

blog始めて半年ちょっとですが、予想外に順調に記事を積み重ねて、前回で記事数が200となりました。皆様のご来場のたまものです。ありがとうございます。

平均するとだいたい1日に1記事、というペースですので、期間は兎も角、記事数は予想外でした。私は案外飽きっぽいので、ゲームですら最後までやっていないのがいくつもあったりするのですが、このblogを続けられたことで、「継続」という面では多少の自信を持っても良いかなあと。ちょこっとポジティブ。

割と筆が進むのは、(読者には人気のない)「経済・政治・国際」「交通」ジャンルです。というのは、ここはロジックの世界なので、下調べの時間を除けば、書き方を迷うことも少なく、またビジネス文書と似ている面もあるので、割と短時間に仕上げられます。まあ、この方面のプロ・セミプロがこのサイトを訪れることは無いという、気楽さもありますけど。

一番難しいのが、「観戦後」の記事ですね。
原則として現地での観戦記憶のみを頼りに書くわけですが、記憶力が弱いので。しかも試合内容についても、そもそもプレー経験がないので本当のところはわからないのです。理論を勉強しているわけでもなく、練習を見学しているわけでもなく、見聞も広いわけではないので、拠り所が……。私には横浜の試合は100試合以上見ているという経験しかなく、その感覚に頼るしかないのです。が、この「感覚」とやらの頼りなさが自分でも良くわかっているので、結構怖い。
ここを訪問される方は、経験者だったり、見聞が広かったりする人が多いので、あんまり適当なことも書くと恥ずかしいなあ、という気も少し。

ビデオで再確認したり、「○○分に××がゴールした」「○○分に△△が□□に交代した」といった定量的な記載をしておけば、格好がつくことはわかっていますが、私としては90分を通した「その場での」印象を大事にしたいのです。でも文章にするには、「もやっと」した記憶や感覚ではらちがあかない。ということで、結局毎回2時間以上はかかってしまっています。平日開催の週は結構辛い……。物書き屋さんってすごいですよね。

最近は飽き気味ですが、書き手として割と面白いと思ったのは、「観戦前」の記事。
11人のセレクトに全て理屈を付ける、そしてその屁理屈の補強として怪しげな数字を使う、という一種の頭の体操です。しかも、この企画は「監督が一見不思議な采配をする」という条件を満たさないと成り立たないわけで、その意味では今年は最高のシチュエーションであったようです。嬉しくないけど。

ただ実際には、怪我人情報や紅白戦情報などが私の耳に既に入っている場合も多いのです。が、blogで試合の前におおっぴらに予想に盛り込む訳にもいかず、「絶対に当たらない予想に理屈付けをする」という訳の分からない作業をしている私はマゾか?

いずれにしても、今シーズンは何とか続けようと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

|

« 天皇杯・FCホリコシ戦(観戦後) | トップページ | 第36節:山形戦(観戦前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/6344646

この記事へのトラックバック一覧です: 記事数: 200:

« 天皇杯・FCホリコシ戦(観戦後) | トップページ | 第36節:山形戦(観戦前) »