« 記事数: 200 | トップページ | J2参入への道(3) »

第36節:山形戦(観戦前)

「10位浮上作戦」では、札幌と引き分けたことで、残りは「5勝2敗2分」で切り抜けることが必要となった。
前節の予想にも書いたが、残り2分の割り当ては、山形・仙台・水戸の3チーム、つまりこのうち1チームは引き分けではNGということである。
なお、この山形戦で引き分け以上であれば、次節仙台戦に第4クール無敗で臨めるという、監督としてはおいしい状況となる。Awayだからといって、今期未出場選手を出すという冒険はやりにくいだろう。

天皇杯(対ホリコシ)では、「私たちもしっかりした試合ができました」というコメントから推測すると、監督としては満足している内容であったらしい。
ということは、メンバーの大幅な入れ替えはないだろう、と思われる。特にDFは完封であったし、札幌戦でのコメントからも、DFに手を入れる様子は見られない。

天皇杯での富永→智吉の交代を考えてみたい。あの場面、富永のスタミナ切れとは思いにくい。何がポイントだったのだろうか。
富永は、本職FWと比べると物足りないとは言え、まあまあの出来。ヘディングも、(今節がJFL相手という部分はあるが)昔に比べれば、落とし先は兎も角、一応当たるようになってきた。富永が機能していなかったから、という判断ではなさそうである。

北村がFWへ移ったという切り口からも考えられる。高田・カズが計算できない状況になり、FWとして城・富永・北村を使う必要があるため、ポジション感を戻すために試合中に試したかった、という面はありそうだ。

また、その右SHの補充として、智吉を考えている可能性もある。あの場面、単純にSHを入れたいだけなら、吉武を右に持ってくれば済んだ。わざわざ智吉を右に配置したのは、今後もそのパターンを使うことを考えていたからでは。実際、交代で意表を突くポジションにつかせ、次節にそのポジションで出場するというケースが今までもあったはず。
左中心で攻撃したい監督にとって、攻撃に魅力がある吉武を右に持っていくことは避けたいのかもしれない。智吉であれば、大友よりDF力もあり、クレバーな面も持っている。
#個人的には、智吉の右SHは疑問だけど。

いずれにしても、スタメンは城次第だろう。

<城が出場可能な場合>

    カズ  城 
吉武         北村
    山口 内田
中島 浮氣 軍曹 早川
      菅野

<城が出場不可能な場合>

    カズ 北村
吉武         智吉
    山口 内田
中島 浮氣 軍曹 早川
      菅野


|

« 記事数: 200 | トップページ | J2参入への道(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/6345413

この記事へのトラックバック一覧です: 第36節:山形戦(観戦前):

« 記事数: 200 | トップページ | J2参入への道(3) »