« 隣の芝 | トップページ | 千葉!千葉!千葉! »

聞き出す力

実は10/13~16は帰省をしていた。で、珍しく「報道ステーション」にチャンネルを合わせると、阪神問題をやっていた。古館を真ん中に、向かって左が村上世彰氏、右は佐山展生氏だろうか(間違っているかもしれないが)、古館は兎も角、両氏の対決からは面白い話が出てくるかも、としばしTVの前に。

佐山氏と村上氏の丁々発止を楽しんでいる内に、終盤へ。ここで佐山氏が「最後の論点」として「会社資産の切り売りによる会社価値の毀損」という切り口を出してきた。村上氏はこの番組ではここまで「会社価値の向上」をことある毎に主張してきており、一方で短期投資家などが望む「配当性向の向上」「資産再評価と売却による現実益」という部分を目指している部分もある。この一種矛盾しそうなこの切り口を、村上氏はどう切り返すか、というある意味最大の山場。

しかし、古館はその最後の切り札を無視して「ファン問題」に話を変えやがった(怒)
佐山氏がむっとした顔になったのは気のせいかな?

ファン問題なんてはっきり言えば、村上氏の問題ではなく球団や電鉄の問題。例えば買ったのが、村上氏ではなく、直接外資だったり、極端な話サッカー協会や大リーグ球団だったらどうするのか。金を集められるかどうかという問題を除けば、おおよそ理屈の上では可能であり、またそれはフジ問題で人口に膾炙している。それを実質的に防ぐ手だてを講じていなかったのは、球団や電鉄の問題、ということなのだ。

そもそも、現行でファンの意見を球団が聞いているかと言うこと自体も疑わしい。しかしファンが株主となれば、直接意見を言えてかつ他の人間に口出しされなくできる、という(幻想としても)理屈となり、それを否定することはなかなか難しい。古館がその反論を持っていたとは思えず、結局村上氏に助け船を出した格好となった。

やはり、しゃべりたい人間ではなく、聞き出す力を持った人物を据える方が、良い番組になるのではないかな。

|

« 隣の芝 | トップページ | 千葉!千葉!千葉! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/6430647

この記事へのトラックバック一覧です: 聞き出す力:

« 隣の芝 | トップページ | 千葉!千葉!千葉! »