« 巡り合わせの悪さ | トップページ | J1がベンチ入り7人制に »

横浜vsガンバ@天皇杯4回戦(試合終了)

Mさんに言わせれば、お気に入りの内田と、干されてた久保田に点を入れさせ、「んじゃな」と帰ろうとしたら同点になった。ので、「しかたないなあ」とつぶやいて馬友達の信義に点を取らせて、京都に飲みに行っちゃった、って感じでしょうか。

予想は良い意味でハズレ、Sの希望スタメンとGK以外は同じ。相手が強いほど燃え、当たり出すと止まらない菅野の方が、こういうトーナメントの試合ではいいのではと思ったけど、仕方ないね。

会社から帰ってくると、3-2で延長戦前半だった。Vゴール制だったら勝ってたのに。
嬉しかったのは、ずっと干されていた久保田が点を入れたこと。リーグ戦でももっと使ってあげてれば、なんて思っちゃいますが。これまた最近干され気味の信義も、古巣相手に点を取ったわけで、横浜生え抜きの血筋を絶やさずに済むかもしれない。って、なんかこの時期は変な喜び方になっちゃうのが、なんとも。

只今J1リーグ戦1位&ナビスコ杯準優勝、昨年は横浜が叩きのめされたガンバに対し、1日休養が少ない、かつ移動のある横浜が負けなかったこと、これは誇って良いと思う。ガンバがメンバーを落としていたといえ、横浜も決してベストメンバーで臨めたわけではないのだし。

横浜の選手にとっても、この試合から得たものは大きいだろう。J1のトップレベルのチームと競えあえたこと、後半と延長のロスタイムにそれぞれ1点ずつ失うという、自らの詰めの甘さと、勝負の厳しさと、そのチャンスを逃さないJ1チームとの違いと、その少しの差の悔しさと。
しかし、この監督の勝負運のなさも、ここまで来るとすごいな。ロスタイム2失点とPK戦負け。「勝ったかも」という瞬間を3回連続で迎えながら、結果に繋がらなかったのだから。

PK戦は惜しかったね。嫁さんが「PK戦は……」と言ったので「高田が失敗したの?」と聞くとビンゴだった(^^;。失点にも絡んでいて、かつリーグ戦でも良いところがなかったので、追いつめられていたという面があったのかもね。しかし何で智吉に蹴らさなかったんだろう。確かにオシムは疲れてる選手を選択しないらしいが。
でも最大の驚きは、5人目のキッカーが貞富だったってこと。貞富ってメンタル弱いというイメージがあったんだけどね。

|

« 巡り合わせの悪さ | トップページ | J1がベンチ入り7人制に »

コメント

正しくは、「もう勝ったも同然と、明日のびわこ○輪の新聞に目を落した隙に同点にしちまいやがった」というのでは???
びわこで儲けて、西京極へおいで下さい。
ツキを使い果たしたなんて言わずに。。。。

投稿: M | 2005.11.11 20:59

そうかもしれませんね(笑)
紅葉の季節、嵐山も近いので、寄り道せずに来てくれるかどうか……まあ鉄じゃないので、トロッコには興味ないでしょうが。

投稿: | 2005.11.12 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/7005948

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vsガンバ@天皇杯4回戦(試合終了):

« 巡り合わせの悪さ | トップページ | J1がベンチ入り7人制に »