« J2参入への道(8・その1) | トップページ | 1つの注文で1000億円の損?(2) »

1つの注文で1000億円の損?

(愛媛の続編をお待ちの方、すみません。いや、大したことは書かないので、期待しないでお待ちください。)

ちょっとでかいニュースが入ったので、割り込み。

みずほ証券が、東証で売り注文を誤発注したため、1000億円前後の損失を抱え込むかもしれないらしい。1つの注文で1000億円損するなんて取引は、そうそうお目にかかれるものではない。しかも「売り」での間違いのダメージは「買い」の比ではない。

誤発注の内容は、「1株を61万円で売る」という注文を、「61万株を1円で売る」と間違えたと言うこと。

想像しにくいが、例えば
「ある量販電器店がネットで、61万円の大型液晶TVを1台売るつもりが、1円で61万台売ってしまった。しかも手元にあるのは1台だけ、残りの60万9999台は4日以内に調達しなければいけない。」
という感じか。買い主にものを引き渡すため、1台61万円で調達できたとしても、61万台仕入れるには新たに372,100,000,000円(約3700億円)必要となる。しかも世の中に61万台も商品が存在していないとしたら?


この株式はジェイコム(2462)という株なのだが、発行済み株式数が1万4500株しかない。世の中に1万4500株しか株券が無いのに、みずほ証券はその40倍以上の株券を売ってしまった形になる。売り手であるみずほ証券は通常なら、株券を買い主に4営業日後に渡す必要があるが、世の中に無いものは渡せない。

なりふりかまわず、みずほ証券が買い戻す(買い手に渡す株券を用意する)ことになると、(売り主は株価上昇の期待から売り惜しむため)買値がどんどん上がっていくことになる。なんせ、買い注文が、世の中にある株券より多くなるのだから。
これが「売り」の失敗の怖さ。株価が上がれば、買値が上がり、高い買値となれば、(売値との差額である)損がどんどん膨らんでいく。「買い」であれば損失は限定されるのだが……。

例えば、1株60万円で売ったとする。今日は77万2000円で取引を終えた。
・1株77万2000円で買えたとして
   (772000-610000)×610000=98,820,000,000(約100億円の損失)
・1株100万円になったとして
   (1000000-610000)×610000=237,900,000,000(約2400億円の損失)
・1株200万円になったとして
   (1000000-610000)×610000=847,900,000,000(約8500億円の損失)
となる。
ちなみにこの会社は、前期末純利益が約240億円である。1つの取引で、何年分の利益が吹っ飛ぶのだろうか。

こちらによると「最大1000億超」とあるが、どういう計算だろう。今日の売買高は約80万株だから、みずほ証券はまだ買い戻せていないはずである。であれば、理論的には青天井だと思うのだが……。まさか「超」が免罪符?

物理的に買い戻せないとすると、注文を「なかったこと」にしてもらう手もある。
確かに、買い手が証券会社の自己買(証券会社自身の勘定の売買)なら、話し合いで何とかなる部分もあるだろう。が、投信への組み入れや法人・個人などの売買では、そうも行かない。法人では温情手打ちをすると、その法人の株主から(背信行為として)株主訴訟を起こされる可能性すらある。
おそらく、買い手に(株券の代わりに)迷惑料を支払う形にせざるを得ないだろう。


とまあ、ひどい話ではあるのだけど、書きたいのはそういう話ではない。
なぜ、そんな注文が通ってしまったか、という疑問である。

通常、システムを作る場合、特にクリティカルな業務の場合は、ミスを防ぐ手段を多重に設けるものである。

この銘柄は本日新規上場という特殊な状況であったとは言え、77万2000円で頭打ちになっているところを見ると、値幅制限は存在しているようである。つまり、少なくとも1円という売り注文は、ありえない注文であるはず。それをシステムでチェックできなかった、のであれば設計がおかしいのではないか。

また、発行済み株式数が1万4500株しかないのに、61万株の注文を受け付けるというのもあり得ない。
両方とも(昔やっていた)場立ちであれば、当然約定させるまでにStopしたであろう。その安全弁がシステム化によって失われていた、というのは、設計の拙さではないか、と思う。

どこが設計したシステムなのだろうか。なぜチェックが実装されなかったのだろうか。

みずほ証券の従業員約1500名は、この1つの入力ミスと、システムチェックの拙さによって、奈落の底へ突き落とされた。
この事件は、クリティカルなシステムに於いて、入力値の妥当性チェックがいかに重要かという、システム関係者への一つの警鐘であろう。

#そういえば、ジェイコムって、買おうかなと思ってた銘柄だったりするんだよな。

|

« J2参入への道(8・その1) | トップページ | 1つの注文で1000億円の損?(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/7531639

この記事へのトラックバック一覧です: 1つの注文で1000億円の損? :

« J2参入への道(8・その1) | トップページ | 1つの注文で1000億円の損?(2) »