« 選手解雇に関する雑感(4) | トップページ | S的・2005年サッカー10大ニュース(1~3) »

反則金と最終節のツケ

Jではフェアプレー推進と言うことで、毎年、警告等が多いチームからペナルティ(反則金)を取るわけです。
で、今年の内容はこちら

横浜(177ポイント)は、湘南(181ポイント)に続く反則ポイントの多さで、最高ランクの反則金150万円。今年は7チームが制裁無し、鳥栖・山形が40万円、水戸が60万円と言うことで、横浜・湘南はダントツ。

ちなみにJ1では半数が反則金を取られ、トップ3は浦和・柏(150万円)、ヴェルディ(200万円)。ヴェルディは1試合平均が4.59ということで、『試合ごとに誰かが退場or出場停止+さらに「黄」も1~2枚もらっている』という計算になるようです。まあ横浜も大差ない(4.02)のですが。

なお、最小はFC東京(1.53)で、ヴェルディの3分の1、しかもリーグの出場停止が3ですよ!素晴らしい!
……横浜は出場停止が22ですから orz

-----------------------------------------

横浜の最終節は城が黄(8枚目)、高田が黄×2でした。

   <反則ポイント(P)の計算方法>
   (反則P)=((警告)-(警告2回による退場)×2)×1P
         +(警告2回による退場)×3P
         +(退場)×3P
         +(停止試合数)×3P
    但し、最終節の退場処分による未消化分1試合の停止試合数を含む

に沿って計算すると、この最終節の影響は、
   (反則P)=(3-1×2)×1P
         +1×3P (高田)
         +0×3P
         +2×3P (城の累積+高田)
   =7
になるんでしょうか?

もし正しければ、最終節のカードを除くと「170ポイント」になります。
150万円コースは173ポイント以上なので、170ポイントなら1ランク下の反則金100万円で済んでいたことになります。

「黄」カード3枚で50万円也。うーん、痛い最終戦でしたねえ。

|

« 選手解雇に関する雑感(4) | トップページ | S的・2005年サッカー10大ニュース(1~3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/7738884

この記事へのトラックバック一覧です: 反則金と最終節のツケ:

« 選手解雇に関する雑感(4) | トップページ | S的・2005年サッカー10大ニュース(1~3) »