« 誤発注事件と売買システム改善(2) | トップページ | 選手解雇に関する雑感(2) »

選手解雇に関する雑感

とうとう、2005年J2リーグも終了となり、毎年、悲喜こもごものストーブリーグが今年も始まった。
横浜FCの解雇情報はこちらを参照していただくとして、内情がわからないなりに、Sが問題と思う点をいくつかピックアップしてみた。

・シルビオを切ったこと
・信義を切ったこと
・若手を大量解雇したこと
・ユース上がりを1年で切ったこと

○シルビオを切ったこと

シルビオの年俸が幾らかは知らないが、契約できないほどの金額ではないだろうし、シルビオ側に大幅増額の要望があったとしても、とりあえず支払える金額にてオファーすればよいだけであろう。よって、初めから契約する気がなかったと推測できる。
考えられる理由としては、
 ・W杯のため出場試合数が減る
 ・監督が使いこなせない
 ・シルビオが鼻にもかけられないほど、他に当てにしている外人選手が素晴らしい選手である
程度か。

3つめの理由であれば仕方ないだろう。これは開幕前にはわかることである。
(しかしW杯中も試合がある今年のJ2に、大物外人選手が通期で喜んで来るとも思えないのだが)

しかし、そうでなければいただけない。出場試合数の問題は、契約などを上手くすれば影響は最小限に押さえられるだろうし、各選手の披露がピークとなる後半戦に戻ってくる、というメリットもある。なにより、W杯出場選手(順調にいけば間違いないだろう)を抱えることは、(海外を含め)対外的な宣伝効果だけでも大きいし、選手獲得の面でもメリットがありそうだ。J2のチームでは狙ってもなかなかできないことだと思うし、本当に勿体ないことだと思う。

ただ逆に、そういう選手をろくに使わない、という選択も難しい面があるので、監督が使いこなせないなら仕方ない。しかし、来期にJ1を本気で狙い、かつ大量入れ替えでそれを実現しようとするのならば、その程度の采配ができない監督では勤まらないのではと思うのだが、どうだろうか。

シルビオ解雇という現象の奥に、来期の方針や遂行能力の問題が透けて見えるような「気がする」。
杞憂であってほしいのだが。
大物外人選手の獲得があることを祈るだけである。

(続く)

|

« 誤発注事件と売買システム改善(2) | トップページ | 選手解雇に関する雑感(2) »

コメント

普通に考えれば
べべはW杯出場に向けて、できるだけ独逸に近い欧州のチームに移籍するのでは?
できればブンデスリーガに一時預け>某GMの人脈で。
で、W杯終了後は買い戻し条件付き移籍とか??

投稿: M | 2005.12.15 22:51

期限付き移籍なら「来季の契約を更新しないことを決定」ってのも変かなあと。完全移籍が決定しているからなら、発表があっても良さそうだし(まあこれは満了日まで押さえる可能性もあるけど)。
横浜との契約解消をシルビオが希望していたのなら、話は別なんですけどね。

投稿: S | 2005.12.16 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/7608691

この記事へのトラックバック一覧です: 選手解雇に関する雑感:

« 誤発注事件と売買システム改善(2) | トップページ | 選手解雇に関する雑感(2) »