« 環境改善をしよう(3) | トップページ | 休みが消える »

大学ラグビー(4)

前半の始めは、関東学院の頑張りもあるのか、早稲田のラインアウトが相手ボールになったりと、早稲田にもミスがでる展開でしたので、均衡したいい試合になりました。前半も半ばに入り1トライ1ゴールを上げると、早稲田にもリズムがでてきたのか、DGを決めるなどやりたい放題。早稲田のオプションの多さを見せつけられた関東学院は、ディフェンスに苦しんだでしょう。

関東学院としては、前半終了前の好機をターンオーバー2回で潰してしまったのが大きかったと思います。ここで1トライ1ゴールを返しておけば、20-7ですから、2トライ2ゴールで逆転できる計算ですが、20-0の完封では……。
ターンオーバーも多かったですね。相手陣深くに攻めてもターンオーバーでは、FWとしては賽の川の石積みみたいなものでしょう。

早稲田は、スローインの修正が必要ですが、この調子で行けば日本選手権でいい成績を残せるかもしれません。そうそう、五郎丸は2年生なんですね。来年の早稲田3連覇も現実的な目標になりそうです。

|

« 環境改善をしよう(3) | トップページ | 休みが消える »

コメント

今期の9&10はイリュージョン&キングの名の通り、ワガママで何をすんのかわからないので、味方も振り回されたりします。
ゴローちゃんは、まさに「最後尾の怪物」ばい!
\(^о^)/

投稿: M | 2006.01.08 23:32

いやいや、おめでとうございます。
しかし早稲田は、首藤甲子郎 、五郎丸歩をはじめ、曽我部、航平、将万、権丈、允、彰友 など、少々変わった名前が多いですね。

投稿: | 2006.01.09 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/8066039

この記事へのトラックバック一覧です: 大学ラグビー(4):

« 環境改善をしよう(3) | トップページ | 休みが消える »