« 休みが消える | トップページ | 環境改善をしよう(4) »

高校サッカー決勝

高校サッカー決勝は、延長の末に野洲の優勝となりました。
作業をしながらのながら見だったのですが、野洲のパスサッカー・ポゼッションサッカーは面白いですね。自陣PA内から、プロでもクリアするところでも細かいパスで繋いでいき、相手PAまで迫るのですから。まあ、プロの場合は高度のリスク管理の上での選択なので、どちらが良いというわけではないのですが、面白いのは事実。


ボール扱いも的確で、3人に囲まれてもあわてず、アウトやヒールを使ったトリッキーなプレーを織り交ぜ、ボールを繋いでいました。前半のPAへの進入は、鹿児島より野洲の方が多かったような気がします。

組織としても完成度が高いように見えました。そもそもあそこまでポゼッションできるというのは、個人能力だけでは不可能です。囲まれてもカバーが約束事としてしっかりしていて、焦る必要がないのでしょう。選手は回りがよく見えていて、ごり押しのプレーではなく、確率の高い的確な展開を心がけていたように見えます。しかもパスの精度も高かったし。(気のせいかもしれませんが)サッカーの楽しみをのびのびと満喫しているように見えました。

後半になると、1点先取で守りの意識が強くなったのか、野洲もクリア性の長いボールが増えてきます。そうなると、鹿児島の猛攻の前に防戦一方。しかし、1点取られ同点になってから、野洲の選手も開き直ったのか、ポゼッションを意識したプレーを取り戻し、流れを引き戻します。決勝戦が初めてのチームとは思えない、堂々としたプレーとメンタリティで、経験の差を感じさせませんでした。

両者とも優勝チームにふさわしいサッカーをしたと思いますが、決着を付けなければいけません。野洲のGKが大当たりだったことも功を奏したのでしょうか、僅差で野洲が結果を出すことができました。
単なる初優勝ではなく、リスクを取ったパスサッカーでの勝利。サッカー界に一石を投じたことでしょう。本当におめでとうございます。

放り込みサッカーじゃなく、こういうサッカーを今期は沢山見たいなあと思いましたよ。ホント。

|

« 休みが消える | トップページ | 環境改善をしよう(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/8079281

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー決勝:

« 休みが消える | トップページ | 環境改善をしよう(4) »