« 横浜FCの価格政策をいじる~(2)メンバー収入 | トップページ | 日本vs米国(TV視聴) »

横浜FCの価格政策をいじる~(3)固定客の収入

(3)固定客からの収入は増えるのか

「前提」で、横浜FCにおける「基礎票」は、従来の2500人(年チケ組含む)+カズファン1500人程度と推定しました。
あくまで従来の体系での前提ですので、価格体系変更によって「基礎票」の変動は充分考えられます。これらの客は、値上げによってどう動くのでしょうか。また、計算できる観客としての「Awayサポ」はどう対応するでしょうか。

3-1)Awayサポーター

価格との相関が一番低いのがAwayサポでしょう。年2回しかないわけで、少々の入場料に目くじらはたてませんし、特に今回はゴール裏という逃げ道もあります。山形・仙台あたりがどうするかは興味のあるところですが、ゴール裏に移られても損はありません。むしろ、コアサポと一線を画すライトサポがバックやメインに入り、増収が見込めます。

更に今年は、京都・福岡・甲府という比較的来場者の少ないチームがJ1へ行き、柏・神戸・ヴェルディがJ2へ来ました。柏は近場でもあり来場者数が見込め、神戸やヴェルディはカズが在籍していたと言うこともあり、京都や大宮あたりよりは来場するでしょう。Awayサポの増加は、単価の上昇による増収効果をさらに加速します。
仮に1試合平均でAwayサポが300人とし、そのうち2割がバック、1割がメインで観戦すると仮定した場合、
 増減額={300×20%×(3000-2000)+300×10%×(3500-2500)}×24=216万円
となり、昨年の体系より約220万円/年の増収となります。

3-2)カズファン

それなりに熱心なカズファン(1試合平均1500人)も、価格との相関が低そうです。元々J1観戦も多かったグループでしょうから、この料金は安くはないにしても、法外という印象はないと思われます。彼らはある意味、J2を見に来ているのではなく、カズを見に来ているのですから。
ですからこのグループでは、多少観戦回数が減ったとしても、総合的には増収となるでしょう。
仮に、1人1試合当たり500円(定価上昇幅の半分)の負担増を受け入れると、1500人×500円×24=1800万円/年の増収となります。
ちなみにこの計算方法ですと、このグループの1試合当たりの入場者数は、1500人より少なくなります。

3-3)横浜FCサポーター(年チケ)

従来の基礎票2500人はどうでしょうか。
年チケor回数券のヘビーユーザーである彼らは、回数減にでたり、席種変更にでる可能性があります。

そのうちクラブメンバーの年チケ組は、前項(2)で書いたとおり増収の可能性が高そうです。

3-4)横浜FCサポーター(回数券)

回数券組は難しいところです。回数券は設定されていないので、年チケに移行するか前売りを買うかの選択で、言い換えれば回数を取るかコストを取るかとなります。

仮に基礎票の内、現在の年チケ購入者を1500人とし、残りを回数券組=1000人/試合 として計算することとします。回数券組の動向を、
  「年チケ移行※:前年同額(=観戦試合数減):前年減額(バック一般換算で30%金額減)=2:6:2」
  (※バック一般の回数券利用者が、2割がバック、残りがゴール裏、の年チケへ移行すると仮定)
と仮定すると、
回数券組増減額=1000×{(37000-41800)×80%+(55000-41800)×20%}×20%-1000×{41800×30%}×20%=-275万円となり、300万円近くの減収となります。

しかしながら、「前年同額」だとゴール裏なら約20試合ですが、メインで15試合(9試合不足)、バックで14試合(10試合不足)となります。シーズン当初は同額程度のつもりでも、結果として同額以上を支払っていた、という可能性も大いにありますし、その場合減収幅は少なくなります。

<まとめ>

といった感じで、仮定に次ぐ仮定を重ねよくわからない計算をした結果(笑)、横浜FCサポの回数券組(3-4)は減収要因ですが、年チケやクラブメンバー収入(3-3)を除いても、その他の固定客(3-1&2)と合わせると1,000万円単位の増収が見込めるようです。

4へ続く

|

« 横浜FCの価格政策をいじる~(2)メンバー収入 | トップページ | 日本vs米国(TV視聴) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/8521931

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCの価格政策をいじる~(3)固定客の収入:

« 横浜FCの価格政策をいじる~(2)メンバー収入 | トップページ | 日本vs米国(TV視聴) »