« 横浜FCの価格政策をいじる~(3)固定客の収入 | トップページ | 横浜FCの価格政策をいじる~(4)一見・イベント客からの収入 »

日本vs米国(TV視聴)

コンディションが悪いのもあるのだろうけど、3-6-1ってのが厳しかったのかも。
真ん中の4人のタレントが違っていたのも大きいのだろうが……。

TVだとあまりよくわからないのだけど、アメリカはサイド、特に加持のところを丁寧に2人3人で押さえていたように見えたし、そもそも3-6-1だとサイドは前にでにくいのか、サイドの前で起点が作れない。あとは久保をCB2人で押さえておけば、最終ラインやボランチからの出しどころがない。中盤もスペースがないため仕方なく中盤で短い横パスなどをするところ、アメリカ側に読まれインターセプトされると言う悪循環だった。アメリカとしては、守りやすく、サイドの奥は使い放題、最終ラインでマークを外してくれる、と楽な試合だったのではないか。

3-5-2でトップ下の役割をはっきりさせた上で、4-4-2へ移行することで、ボールが回りだした。もちろん局面の数的優位は作り出さなければいけないのだけど、中盤にある程度スペースがないとリズムが作り出せないのかな。もちろんアメリカ側の運動量が落ちたせいもあるんだろうけど。
システム変更もそうだが、巻・寿人という汗かき選手を入れたのも良かった。ディフェンス陣も助かったのではないだろうか。

終了前に散髪へ出かけたので2点目(こちらでは後半47分!)をみていないのだけど、点数で言えばもっと失点していてもおかしくない試合だったと思う。ディフェンス面では、スピードでも負けており、相手を結構フリーにするなど、改善点がてんこ盛りじゃないだろうか。ブラジル相手だったら、何点取られているかわからない(泣)

システムを前面にして書くと、「サッカーはシステムじゃない」とか怒られそうだけど、まあ私はそう感じたと言うことなので。それにしても、親善試合とはいえ、国際試合を野球場でするという発想は、さすが米国だなあと(嫌味)。
以上雑感でした。

|

« 横浜FCの価格政策をいじる~(3)固定客の収入 | トップページ | 横浜FCの価格政策をいじる~(4)一見・イベント客からの収入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/8608805

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vs米国(TV視聴):

« 横浜FCの価格政策をいじる~(3)固定客の収入 | トップページ | 横浜FCの価格政策をいじる~(4)一見・イベント客からの収入 »