« 愛媛FCvs横浜FC(観戦前) | トップページ | 監督解任 »

松山簡易案内

松山へ観戦に来られる方は、すでに情報収集済みかと思いますが、取り急ぎ。

○当日の交通

松山空港から競技場へは、今回は臨時直通バスがでる予定です。詳しくはこちらの臨時バス情報をご覧ください。
今回素晴らしいのは、試合終了後に空港行きの直通バスがあること。宿泊される方には関係ないですけど、市駅方面へのバスが混んでいる場合、一旦空港へでるという裏技としても使えそうです。余分にお金はかかりますけどね。

市内方面は、松山市駅・JR松山駅への臨時直行バスが便利でしょう。
松山市駅は「市駅」と呼ばれ、伊予鉄道のターミナルです。

○市内観光

松山中心部の繁華街は「市駅」「大街道」で、大街道と道後温泉は市駅で市内電車(いわゆるちんちん電車)に乗換です。JR松山駅前は、変わっていなければ、たしかボーリング場とビリヤード場、バッティングセンターがあるくらいで、「鉄」の人以外は用事がないと思います。
「鉄」の人は、しおかぜと宇和海の同一ホーム乗換や、大手町の垂直ジャンクション、古町の郊外・市内電車接続など、それなりに楽しめるかと思います。そうそう、坊ちゃん列車もありますね。
なお、松山の繁華街は夜が早いのでご注意ください。

「大街道」から少し歩くと、ロープウエイで松山城へ上れます。そこらの鉄筋のお城ではなく、ここはきちんとした木のお城です。桜の季節が最高なのですが。。。
「道後温泉」は、もし本館へ行くなら奮発して「霊の湯」(たまのゆ)の個室タイプをどうぞ。3階の障子で仕切られた個室で、浴衣・貸しタオル・貸し石鹸・お茶・団子付きです。本館の浴槽自体はそれほど大きくなく混んでいるケースもありますので、私はもっぱら、すぐ近くの「椿の湯」の方を利用していました。時間が余ったら、(正岡)子規記念博物館や温泉街を散歩がてら冷やかしてみては。

あと残念なことに、ここを初めとして愛媛の温泉は「塩素入り」です。

○飲食

瀬戸内海で魚が豊富で新鮮です。しかも美味しい。くるくる寿司でも結構良いところが多いようです。帰省の際はあまり外食をしないので具体的な紹介があまりできないのですが、一度ここへ行ったら結構良かった記憶があります。
地酒は「梅錦」が定番ですが、少し甘めでしょうか。
一応「五色そうめん」というのも名物らしいのですが、私には色が付いているそうめんというイメージしかありません。
ちょっと足を伸ばせば、鯛飯という手もあります。JR北条駅から徒歩10分くらいで船着き場、そこから渡し船で北条鹿島という島に渡ります。渡し船に乗ったりするので、ちょっとした旅行気分も味わえます。

○おみやげ

タルトとポエムが定番ですね。タルト(餡をスポンジで巻いてある)はいろんなメーカがありますが、「一六」が地元一押し。お土産用に小袋入りのもあります。個人的は「伊予柑ゼリー」もお薦め。「じゃこ天」(はんぺんみたいなやつ)は好みがありそうなので試食の上選択してください。

ということで、やっつけ仕事ですみません。明日から帰省なもので……。

|

« 愛媛FCvs横浜FC(観戦前) | トップページ | 監督解任 »

コメント

指定席は肘掛付きで、前後間隔も充分に広く出入りはし易いのですが。。。
肘掛の先端にカップホルダーが付いているので、椅子幅が狭く感じられます。
 しかも少し動くと、カップをひっくり返しそうで、気になって。。。。
 やはり、同じ肘掛付きなら国立のSS席(楕円球では市販)がベストかも。

投稿: M | 2006.03.05 19:33

A席は前に付いていました。あれだけ前後間隔があるなら、カップフォルダーは前についているほうがいいですね。特に寒い時期は着膨れていますから、触ってしまう危険が大です。
一寸趣旨は違いますが、寒い季節に最高なのは、豊田スタジアムの暖房付椅子かもしれません。

投稿: S | 2006.03.06 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/8916084

この記事へのトラックバック一覧です: 松山簡易案内:

« 愛媛FCvs横浜FC(観戦前) | トップページ | 監督解任 »