« 仙台vs横浜(TV視聴後) | トップページ | 鳥栖vs愛媛(後半のみTV視聴) »

東京vs千葉(TV視聴後)

開始から東京の中盤が甘く、高い位置で奪って素早い攻撃をするという、まさしくジェフの流れでした。
W杯候補組の巻と阿部も気合いが入っていて、
1点目は阿部の個人技が光る突破でえぐり巻へパス、巻は決めるだけという秀逸なプレー
2点目は巻が徳永に競り勝ち前に入ってのヘッド
3点目はまたもや巻が地上30cmの魂ヘッドでアシスト
と、大活躍です。
特に巻は、得点シーンだけではなく、ずれた縦へのボールも一生懸命追いかける真摯なプレーが素晴らしかったです。頼もしいですね。

得点以外にも、クルプニのオフサイドや羽生の強力なシュート、阿部のバーを叩くシュートなど、惜しい場面も多々ありました。
2点ビハインドの東京は、HTで一度に3人交代せざるを得ないところまで追いつめられていました。リーグ全体で見ても、HTで3人とも交代するケースは年に1回あるかどうかでしょう。そして後半入ってのだめ押しの3点目。今節は、日程の厳しい今シーズンのオアシスの如く、楽な展開で終えられたはずなのです。

しかし、ジェフは危うく自滅するところでした。

3点目を取ってから程なく、水本のハンドでPKを取られます。ゴール方向からでてくるボールだったし、ハンドに見えなかったし、仮にハンドだとしてもPKを取るような意図的なものには見えなかったのですが、審判はハンドの判定です。ただこの件は不運だったかもしれません。
#しかし、相変わらずJ'sGoalは監督コメントを情報操作してるのね。(ジェフHPはこちら

問題なのが2失点目です。1失点目から10分も経たないうちに、GK立石のキャッチミス、こぼれたボールを押し込まれてしまいます。オシム監督も「正直言って、F東京は一つのチャンスで2点を取ったと思う」と厳しいコメント。
HTの3人交代のショック療法に加え、負け試合に等しい0-3から、10分間で2得点、あと20分以上時間が残っている、とくれば東京は勢いづきます。前半のジェフの勢いが、次第に東京に飲み込まれていきます。結局、青息吐息で勝ち点3をやっと手に入れました。

ハースと勇人抜きで勝ち点3を得たとはいえ、リーグ通して考えると、得失が稼げなかったことやカードをもらったことは大きな損失です。立石の遅延行為は勝っている前半でしたし、クルプニの遅延行為も時間稼ぎをするべき時間帯でもなかったでしょう。ストヤノフは「異議」でカードをもらい、ジュビロ戦で出場停止となります。
プロフェッショナル・ファールならともかく、異議や遅延行為でカードをもらうのは、本当に勿体ないと思います。特にジェフは、ベンチに6人しか入れられないほど(笑)選手層が薄いのですから。

次節は磐田戦。昨年の悔しさを思い出し、借りを返して欲しいなあと。

|

« 仙台vs横浜(TV視聴後) | トップページ | 鳥栖vs愛媛(後半のみTV視聴) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/9604949

この記事へのトラックバック一覧です: 東京vs千葉(TV視聴後):

« 仙台vs横浜(TV視聴後) | トップページ | 鳥栖vs愛媛(後半のみTV視聴) »