« 小腸X線検査 | トップページ | 仙台vs横浜(観戦前) »

阪急が阪神を買収?

というニュースが出ていましたが、純粋に鉄道だけを考えると、関西大手の組み合わせとしては最高ですね。
就職するまで関西在住でしたが、神戸方面はほとんど行ったことがありません。まあそんな私でも、パッと思いつくメリットとして「効率的な旅客輸送」「阪奈方面への足がかり」が考えられます。

まず「効率的な旅客輸送」です。

ドル箱の京都~大阪~神戸間ですが、新快速の高速運転をはじめとするJRの攻勢に私鉄各社は厳しい戦いを強いられています。典型的なのは京都~大阪間で、昔は特急のノンストップ運転で拠点間輸送を行っていましたが、JRの攻勢により、茨木や高槻、枚方市や樟葉、丹波橋など、途中の主要駅にも停車するようになりました。複々線のJRに速達で対抗することは困難となってきたためでもあります。

これは大阪~神戸間でも例外ではありません。特に阪神は、駅間が短いこともあり苦戦していました。しかし阪神と阪急を一体化して考えると、速達を阪急側にまかせ、阪神側は中・短距離輸送に徹することで、合理化や速達化が図れます。阪急と京阪ほど東西ターミナルが離れていないので、理論上の複々線と見ることができるわけです。神戸高速鉄道を手に入れられれば、さらに効果が期待できます。

もうひとつの「阪奈方面への足がかり」ですが、

阪神の西大阪線難波延伸がポイントになります。JRが弱い、ミナミ・南/東大阪・奈良方面と神戸方面の輸送を獲得できますので、新たな需要が期待できます。阪急側にキタ~神戸の拠点間輸送を任せられれば、阪神側はミナミ~神戸間を担う余裕が生まれます。近鉄と直通できるようになりますから、観光需要の掘り起こしも期待できます。

妄想するには絶好の組み合わせですなあ。

|

« 小腸X線検査 | トップページ | 仙台vs横浜(観戦前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/9579857

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急が阪神を買収?:

« 小腸X線検査 | トップページ | 仙台vs横浜(観戦前) »