« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ちょっと休憩

諸事情により、3~4日ほど休載します。

サッカー以外にも、「格差社会って何よ」とか「社会保険庁の話」とか「列車事故の話」とか、いろいろ書きたいこともあるのですけど、何かと忙しいのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜vs愛媛(観戦後)

私にとっては開幕以来、待ちに待った三ツ沢での対決。ここは清水の舞台から飛び降りるつもり(笑)で「S自由席」を購入。こんな展開になるとは思わなかったよなぁ(笑)
前回いろいろ書きましたが、結果は兎も角、11人対11人のガチンコを見たかったなぁ。

結果は2-0で横浜の勝利でしたが、横浜の勝利を喜ぶより、愛媛の70分間の健闘を称えたい、そういう気持ちで私は三ツ沢を後にしました。

続きを読む "横浜vs愛媛(観戦後)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

横浜vs愛媛(観戦前)

この試合が、これほどJ2ファン各位から注目されるとは、開幕前には夢にも思いませんでした。

対戦各チームから組織力を賞賛される愛媛、今節横浜に勝ち点を与えていない唯一のチーム。調子が落ちているように見える横浜に黒星をつけるのは、愛媛ではないか?という期待です。
横浜サポにとっても、絶対に叩きのめしたい相手であります。
愛媛サポにしてみれば、「開幕敗戦のおかげで名将高木を使えるようになったのだから、むしろ感謝して欲しい」くらい思っているでしょうが、横浜にしても無敗記録をむざむざと止めるわけにはいきません。

続きを読む "横浜vs愛媛(観戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍曹

横浜のDFを支えてきたスティーブン・トゥイードが、チームを去ることになりました。

私はこのblogにおいて、彼を「トゥイード」でなく「軍曹」と表記してきました。軍隊で「軍曹」とは下士官の一階級のことですが、上官(士官)の経験不足をサポートし、下級兵の不満を受け止め、教育し、熱いハートで鼓舞するという、戦う軍団の心臓でもあります。「鬼軍曹」という言葉もありますが、軍団の強さは下士官の質に左右されると言っても過言ではありません。
私は、この「軍曹」という言葉を、敬意を持って彼に使わせていただいていました。「軍曹」という言葉は、彼にこそふさわしい。

「コーチとして再び、チームにもどれるような日が来れば幸いです」とコメントしてくれる「助っ人」がどこにいるでしょうか。格好良すぎですよ(泣)。生え抜きではありませんが、一平・眞中・重田・成太・後藤・信義・有馬などにひけを取らない、横浜FCの大功労者だと思います(勝手な人選ですみません)。
彼に出会えて、本当に良かったと思います。願わくばあと数試合、そのプレーを我々の目に刻ませて欲しい。

残された選手は、彼の魂を、想いを、無駄にしないよう、日々精進して欲しいと。
そして、彼の残された選手生活が、幸多きものになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

データ分析というお仕事

夕刊を読んでいると、「サッカープレー、詳細なデータの読み方は?」というお題で、データスタジアム社の高瀬氏へのインタビューが載っていました。(以下、引用は日経5/22夕刊・スポーツ2面より)
『1試合につき約2000プレー』『年間1000試合のデータを取って』、『Jリーグ10チームや各メディアに』提供するビジネスだそうです。

『データを取り始めた1998年には、サッカーにデータは不要という答えばかり』だったそうですが、『2002年に横浜FCの信藤健仁監督に現場で使ってもらいながらアドバイスを受けて完成度を高め、徐々にビジネスとして動き出した』そうです。へー、データビジネスの育ての親は信藤さんだったんですか。

……でもなあ、2002年と言えば、8勝25敗11分の最下位、失点81の散々な年だったんですけど、参考になったのかなあ。まあ、当時のスタメン級は頭脳派が少なかった(笑)、という意味で、お互い不幸だったのかもしれませんが。

このデータ入力、『1試合を1人が約12時間かけて入力して』、別途チェックに4時間かけているそうです。入力者は大変ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥栖vs横浜(TV視聴・途中まで)

マンションの定期総会が14時からって、何かの罰ゲームでしょうか。しかも次期幹事なので、ずる休みするわけにもいかず……。ナビスコのジェフも見事にブッキングなので、観戦も諦め。。。
とりあえず帰宅してから、城の退場シーンあたりまでVTRを見ることにしました。ですので、下記感想は前半を中心としたものです。

(5/23追記あり)

続きを読む "鳥栖vs横浜(TV視聴・途中まで)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛vs柏(TV観戦後)

前半開始早々はプレス合戦となり、愛媛も少々慌てましたが、次第に柏は疲れからか動きが落ちてきます。前半の決定機は愛媛がはるかに多く、愛媛が先制してもおかしくない展開でした。
後半に入ると柏に勢いが戻り、愛媛陣内でのプレーが増えますが、組織的な守備で対抗します。ポゼッションは柏が勝りますが、決定機は愛媛の方が多かったのではないでしょうか。
しかし現実は、柏の勝利となりました。

続きを読む "愛媛vs柏(TV観戦後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥栖vs横浜(観戦前)

前節試合を見ていないのに書くのも、あまり意味がないような気がするのですが。。。

鳥栖は尹晶煥が怪我なんですね。金と入れ替わりの形で飯尾も累積で出場停止ですから、これまたラッキーです。運動量が生命線にもかかわらず中3日と、水曜がお休みだった横浜と比べ、体力面での不利は否めません。何度も痛い目に遭ってきた鳥栖のサイド攻撃も、疲労でキレを欠くのではないでしょうか。

(以下 5/20 12:30追記あり)

しかし

続きを読む "鳥栖vs横浜(観戦前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水戸vs愛媛(TV視聴後)

横浜から期限付き移籍をしている河野淳吾によるオウンゴールで、試合が決まってしまいました。
CKでGKとDFの間に出されたクロスですから、DFにとってはゴールへ向かっての対応で難しかったのでしょう。前の選手でブラインドになったのかもしれません。それにしても、城ばりの美しいヘディングゴールになってしまいました。

続きを読む "水戸vs愛媛(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2第15節(結果だけ見て)

・横浜vs仙台
・鳥栖vs柏
・ヴェルディvs水戸
・札幌vs神戸

続きを読む "J2第15節(結果だけ見て)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様は見ていた!

巻ですよ、巻。巻がW杯メンバーに入りましたよ、ドイツ行き!怪我だけはするなよ!
日韓大会の時ほど関心無かったけど、俄然盛り上がってきた。どの試合で出してもらえるのかなあ。
しかしさ、記者会見でジーコが「ま~き」と言った瞬間に記者達が「お~」って、失礼じゃないかい?玉田の時は何も言わなかったのにさ。

しかし久保は意外でした。いや、プレーぶりからは良いとは思わなかったんですけど、当確っぽい報道がされていましたから。やっぱり、23人目(巻のところ)が久保じゃなかったから「お~」っとなったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルディvs横浜(結果を聞いて)

いや、確かに城が出れば勝つかもしれないと思ったのだけど、本当に出場するとは。。。大丈夫なのでしょうか?
軍曹もまた腿をやったようで。厳しいなあ。。。
そうそう、室井が出たみたいですね。どこに入ったのでしょうか?開幕戦では「だめだめ」でしたが、使えるようになってきたのなら心強いですね。

しかし、高木監督就任以来、12戦で負け無しで累計2失点(1試合あたり0.17)、勝ち点28(同2.3)という成績、「初監督からの連続不敗」新記録達成と、記録だけを見ると盤石の成績です。昨年、同レベルの勝ち点に到達したのは、夏も終わりの第29節(8/27甲府戦・勝ち点27点目)ですよ。ちなみにこの試合は山口の初三ツ沢でした。今年は13試合消化で勝ち点28ですから、倍以上のペースですね。

昔の名残は、累計得点14(同1.17)くらいしかないかも。
この戦績はもっと自信を持って喜んで良いのでしょうが、なんなんでしょうこの感覚は(笑)。会社から帰って結果を見て、「をを、すごいじゃん」ってなんだか他人事モード。
次節は仙台戦、中2日のハンデ戦ですが、勝ち点を取って欲しいなあ。欲を言うなら首位を。ここまで来て、失速したのでは悲しいですし、せめて一度は首位を味わいたい。今までチームを支えてきた歴代の戦士を思い浮かべながら。

残念ながら次節Sは帰省のため、観戦はお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巻!巻!巻!

会社から帰ると、巻のゴールで追いついたと嫁さんが教えてくれました。
いやあ、ここ一番で得点!首の皮一枚繋がりましたね。
ジーコはこの試合を選考の参考にしないでしょうが、来週まで楽しみが続くというモノです。

え、試合は負けたんですか?
個人的には、巻の首の皮が繋がれば、親善試合の結果なんてどうでもいいし。
……もちろん阿部も入って欲しいけど、こちらはさらに厳しいんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛vsヴェルディ戦(TV視聴)をふまえてヴェルディvs横浜戦(観戦前)

愛媛vsヴェルディ戦は、愛媛が勝ってもおかしくない試合でしたが、ヴェルディGK高木の大活躍と、愛媛の精度の悪さによって引き分けに終わりました。
愛媛は当初の勢いが衰え、鳥栖戦などでは本来の良さも陰りが見えてきていましたので、今節はACL敗戦の憂さ晴らしをしたいヴェルディに大敗するかも、と心配しましたが、シュートも決定機もヴェルディの倍以上、という内容をサポーターに披露することができましたね。
約6500人と、今期2番目の入りです。横浜戦、ヴェルディ戦と、勝ちあるいは勝ちに匹敵する試合を一見さんに見せられたと言うことは、今後の動員に良い影響を与えそうです。

(ながら見ですが)この試合をふまえて、5/10に行われるヴェルディvs横浜戦について少々。

続きを読む "愛媛vsヴェルディ戦(TV視聴)をふまえてヴェルディvs横浜戦(観戦前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜vs徳島(観戦後)

天気も良いので、本日も三ツ沢へ。三ツ沢のバス停に着くと、バス停に何故かソファーが2つほど鎮座、前からありましたっけ?
突風が吹き、入場口までの道のりが砂嵐状態です。風が強いと荒れた試合になるんじゃないかなあと気になります。スタンドにはいると、徳島の横断幕にあの「四国代表」がありません。愛媛にも負け、最下位とあっては、当然でしょうが。

バックは結構込んでいて、5000人以上入っていると思っていましたが、5000人を割っていたようです。そういえばメインが少なかったですね。もちろん、去年みたいにメインの方が招待客で込んでいるよりは全然マシです。去年のGWと比べても1000人以上多く、チームの好調さの反映なのでしょうか、いい雰囲気です。

続きを読む "横浜vs徳島(観戦後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形vs愛媛(TV視聴後)

しかし、GWの地方での試合はAwayサポには厳しいですね。特に今日はカレンダーベースでは5連休の初日ですから、午前中の新幹線・航空機・高速道路は大混雑だったでしょう。愛媛からはどうやってたどり着いたのでしょうか。

Away勝利無しの愛媛は、不調山形と対戦です。売り出し中の森脇が欠場というアクシデントもありますが、石丸の復活や(羽田の代役の)GK川本も好プレーを見せるなど、良い材料もあります。ここは勝って、次節Homeのヴェルディ戦に弾みをつけたいところです。

続きを読む "山形vs愛媛(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフvs浦和(TV視聴後)

GWのサッカー日和がよりによって浦和戦。へたれなSはチケット争奪戦も棄権し、TVの前です。代表入りが微妙な選手が多く出場する試合だからなのか、NHKも総合で放映ということで、なかなか気合いが入っています。
TVで見る限りは、フクアリの黄色度は60%ってところでしょうか?思ったよりジェフサポが健闘しています。
努力しないと幸せはつかめない、と言いますが、チケット争奪戦を勝ち抜いたジェフサポにとっては、その苦労が吹き飛ぶ幸せな気持ちで帰路につけたのではないでしょうか。本当の勝者は、そのフクアリにいたジェフサポかもしれません。

続きを読む "ジェフvs浦和(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道ステーションを久しぶりに見た

○阪神電鉄に取締役選任要求

村上氏が、取締役選任の株主提案としたらしいですね。
1人が現阪神の取締役、残り8人がファンド出身者だそうで。
村上さんも焦ってるのかなあ。今までの彼の発言をふまえれば、せめて鉄道事業なりスポーツなりに見識のある人物を選ばないと、筋が通らない(格好がつかない)と思うのだけど。
こうなってくると、阪急も手を出しにくいんじゃないかなあ。変なところに株が行くくらいなら、阪急が取得した方が「鉄道事業」の面では良さそうなんだけどなあ。

○パトカー追跡の車が正面衝突

このニュースは、日米防衛協力の後に流すほど大きな話なのでしょうか。
職務質問を振り切って逃走した車を追いかけ、その車が事故をおこしたって話にしか見えないのですが、何が問題なのでしょうか。事件の報道より踏み込んだ構成をしているからには、何か伝えたいことがあったのでしょうが、ニュースを見てても全然わかりませんでした。
もちろん逃走車の追跡については、逃走で第三者が巻き添えを食うという問題はあるのですが、で、どうしろと?

○古田監督がサヨナラ決勝弾

いや、すばらしい、の一言。本人も嬉しいでしょうね。
高木監督@横浜FCもロスタイムのセットプレーに出てみませんか?

○中田英寿インタビュー

嫌いだけど負けたくないからヤル、ってのは、当たり前だけど耳が痛いなあ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宿毛列車事故に関する中間報告

以前ここでも書いた、土佐くろしお鉄道の宿毛駅での事故に関し、ようやっと鉄道事故調査委員会から中間報告書が出たらしいですね。
しかし記事を読み限りでは、新たな発見はなさそうです。ATSの設置位置の問題も当時から語られていましたから。

とはいえ、設置した公団という公的機関のミスを、公的な調査委員会が指摘したという点では重要だったのかもしれません。この事故や福知山線の事故をきっかけに全国的な見直しがされていますが、調査を生かした改善を是非ともお願いしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »