« 鳥栖vs横浜(観戦前) | トップページ | 鳥栖vs横浜(TV視聴・途中まで) »

愛媛vs柏(TV観戦後)

前半開始早々はプレス合戦となり、愛媛も少々慌てましたが、次第に柏は疲れからか動きが落ちてきます。前半の決定機は愛媛がはるかに多く、愛媛が先制してもおかしくない展開でした。
後半に入ると柏に勢いが戻り、愛媛陣内でのプレーが増えますが、組織的な守備で対抗します。ポゼッションは柏が勝りますが、決定機は愛媛の方が多かったのではないでしょうか。
しかし現実は、柏の勝利となりました。

愛媛は崩されて失点されたわけではありません。90分間リカルジーニョを抑えられなかったことが失点の原因です。タイトなマークでほとんどの時間帯を抑えていましたが、やはりミドルレンジではプレスが若干甘くなります。試合終了間際の疲労が溜まる時間帯、ミドルレンジでボールを持ったリカルジーニョへの対応が少し遅れてしまいました。その隙を見逃さず、ゴールへ超低空弾道弾を放ち、ずどんと決まってしまいました。
愛媛ディフェンスの詰めの甘さはあったとはいえ、このシーンはリカルジーニョの個人技を誉めるべきでしょう。

ディフェンス面では、外国籍選手のドリブルの対応や、ミドルレンジでのシュートへの対応をどうするか、を再確認する必要があるでしょう。しかしながら、J2の中でもかなり完成度の高いディフェンスだと思います。特にサイドでは再三インターセプトを成功させていました。
愛媛の問題は、むしろ攻撃面でしょう。

中盤でボールを奪い逆襲へ切り替わる速さは、J2屈指だと思います。速くサイドに散らし、相手陣に迫ります。しかし、その後がいけません。

まず、サイドから中央(ポスト)に当てるパスが不正確で、再三カットされていました。折角柏の選手を置き去りににして相手陣へ向かっても、そのタイミングでカットされては、逆に愛媛が置き去りにされた形で柏のカウンターとなってしまいます。しかもカットした選手は通常フリーですから、危険度倍増です。
次に、トップにボールがなかなかおさまりません。ドリブルは相手に引っかかります。SBの上がりは報われません。さらに、クロスの精度が低いです。ゴール前の空中戦には得点の匂いがしません。シュートの威力が弱すぎます。決定機を決められません。

ちょっと厳しく書きすぎました。まあ、いつも失敗しているわけではありませんし、これらが全て問題なければ常勝チームなんですけどね(笑)
もちろんそれらの問題を、愛媛は組織と運動量でカバーをしているわけで、私はそれを誇りに思います。
しかし、柏サポが「凄まじい決定力不足だ 4点ぐらい取られてる内容」と某掲示板に書かれていましたが、やはり攻撃については「個人の力」という壁は大きいなあとつくづく。

JFLからJ2へ参入した愛媛は、資金と戦力という問題を解決するため、日本人選手による組織的な攻守とレンタルによる戦力補強を選択しました。ある意味寄せ集め集団を、望月監督の手腕によりJ2屈指の組織力に仕上げ、そこそこの戦績を今のところ上げています。これは本当に素晴らしいことだと思います。

しかしまだ、第二クール前半です。個々人の能力に勝る他のチームも、組織力を付けてくることで一段と総合戦力をアップしてきます。金をかけて補強をするチームもあるでしょう。
愛媛は既に組織力がかなり高い水準にあります。おそらく補強するような資金もないでしょう。愛媛の伸び代はもうあまりないのでしょうか、あるいはまだまだ伸びる余地はあるのでしょうか。

その答えは私にはわかりません。
しかし、愛媛は若く、汗かきを厭わない、ひたむきな選手が多いです。このような選手達が練習と経験を積んでいけば、個人としての力も大きく伸びてくれるのではないか、と期待しています。
その成長を見ること。それが、弱小チームの楽しみの一つではないでしょうか。

|

« 鳥栖vs横浜(観戦前) | トップページ | 鳥栖vs横浜(TV視聴・途中まで) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/10159074

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛vs柏(TV観戦後):

« 鳥栖vs横浜(観戦前) | トップページ | 鳥栖vs横浜(TV視聴・途中まで) »