« 軍曹 | トップページ | 横浜vs愛媛(観戦後) »

横浜vs愛媛(観戦前)

この試合が、これほどJ2ファン各位から注目されるとは、開幕前には夢にも思いませんでした。

対戦各チームから組織力を賞賛される愛媛、今節横浜に勝ち点を与えていない唯一のチーム。調子が落ちているように見える横浜に黒星をつけるのは、愛媛ではないか?という期待です。
横浜サポにとっても、絶対に叩きのめしたい相手であります。
愛媛サポにしてみれば、「開幕敗戦のおかげで名将高木を使えるようになったのだから、むしろ感謝して欲しい」くらい思っているでしょうが、横浜にしても無敗記録をむざむざと止めるわけにはいきません。

○横浜攻撃陣vs愛媛守備陣

横浜は、城が出場停止というのが痛いです。アウグストと城の2人を数的優位でカバーするのは大変ですが、アウグスト1人なら何とかなりそうです。柏のディエゴやリカルジーニョを抑え、柏サポをして「こんなにサッカーやらせてもらえなかったチームはおたくが初めてだよ」と言わしめたのが、先週の第17節です。そう言えば、リカルジーニョも愛媛を誉めていますね。

愛媛は攻守の切り替えを速くすることで、FWやMFが相手の攻撃を遅らせる間にDFラインを素早く整備し、MFとDFのラインの幅を狭めて、相手攻撃陣にスペースを与えません。スペースが欲しい内田や中島には、少々厳しい相手かもしれません。またDFラインが深めで、かつ愛媛の金守・星野のCBコンビのカバーリングも良いため、裏へのボールの成功率は低くなりそうです。

狙い目は、ミドルシュートとセットプレーですね。
ミドルシュートは、DFが深めなので、MFが詰める前に打てれば可能性があります。裏にスペースを作るためにも必要でしょう。そう言えば、柏戦の失点もミドルシュートでした。アウグストに守備陣を引きつけて置いて、内田のミドルとか面白そうです。
セットプレーに関しては、愛媛のCBが2人とも180cm未満というのが狙い目です。軍曹がいれば良いのですが……いずれにせよ、富永をサブに入れておくのが良さそうですね。またGK川北は(私の見た試合では)パンチングが多いため、そのクリアボールをきちんと拾うことで波状攻撃が期待できます。

また、愛媛が人数を掛けてアタックする関係上、逆サイドが空き気味になりますので、サイドチェンジも有効です。山口が出場すれば、上手く散らして焦点を絞らせない攻撃が出きるかもしれませんが、どうでしょうか。

愛媛のプレスは厳しく、横浜は前節の鳥栖戦のようにチャンスがなかなか作れない可能性もあります。しかしやはりそのプレスを90分続けることは難しく、愛媛は後半終了間際の時間帯での失点が多くなっています。
横浜としては、0-0で終盤を迎えても焦らずに、落ち着いてチャンスを作って生かすことが肝要です。特に城(あるいは山口も)がいませんから、早川あたりが積極的に声を出してコントロールする必要があります。


○愛媛攻撃陣vs横浜守備陣

愛媛は突出したFWがいません。空中戦にも弱いですし、キープ力があるわけでもありません。しかしスピードを生かした裏への飛び出しは注意が必要です。おそらく愛媛の得点は流れの中でのものが多いはずですが、逆に言えばDFラインをあまり浅くせず、パスの精度を落とすべくFW/MFがきちんと守備を積極的にすれば、失点の可能性はかなり低くなるでしょう。最近の横浜はDFラインをあまり浅くしないので、従来の延長線の対応となるはずです。
セットプレーについては、カズよりCKが上手い(笑)濱岡がいますが、愛媛は受け手が空中戦に弱いので、横浜優位は揺るがないと思われます。

SBは関根がよくオーバーラップします。丁度関根と中島がマッチアップするので、この両者の攻防が鍵を握るかもしれません。愛媛の攻撃時は結構ワイドに展開しますので、中島の裏は注意が必要です。FWの運動量が多く、カウンターでも真ん中に2枚以上いることも珍しくありません。CBのカバーリングだけでは対応できないケースもありそうですので、注意が必要です。
愛媛の決定力不足は深刻とはいえ、カウンターでサイド奥深くから低く速いボールで折り返され、FWが2人飛び込んでくるとなると、失点の可能性が出てきてしまいます。

愛媛の攻撃陣で注意すべきは高萩でしょう。この選手はアイデアが豊富であり(味方選手がついていけないケースも多いですが)ボールの散らしあり、スルーパスあり、ドリブルあり、ミドルシュートありと、愛媛の攻撃にアクセントを付けています。横浜はこの選手をうまく抑え、流れの中の攻撃を単調なものに終始させる必要があります。

あと、堅守横浜を支えてきたGK菅野が不安材料です。なんたって彼は相手サポが野次るほど燃えるタイプ。行儀が良くおとなしい愛媛サポが相手だと、萎えて本来の力を出せないのでは(笑)


○愛媛にとってのこの試合の意味

今年J2参入した愛媛にとって、今年は愛媛の地に根付くための重要な年です。開幕戦こそカズ効果もあり多数の観客を動員しましたが、その後は動員面で苦戦を強いられています。もちろん会場立地や天気、開催曜日や野球の開幕(高校野球・プロ野球・マンダリンパイレーツ)などもあるでしょうが、まだまだ県民の認知度が低いという問題が大きいでしょう。

その意味では、不敗で注目されている「カズ」横浜に今回勝利することは、マスコミの露出という面で宣伝効果は計り知れないものとなります。J2という新しい舞台で初年度から存在感を示せることは、現在の選手・ファン・サポーターに勇気と誇りを与えますし、知名度と成績の向上による観客数増加という正のスパイラルも期待できます。以前にも書きましたが、マスコミを通じて愛媛FCというチームが地元に浸透し、さらに愛媛FCを通じて愛媛の地にサッカー文化を植え付けられる、またとない好機なのです。

観客数が伸び悩む愛媛FCにとって、この試合は千載一遇のチャンスです。愛媛FCにとっては、この横浜戦は単なる勝ち点3を争う試合ではありません。野球王国といわれるこの愛媛の地で生き残るための、チームの将来をかけた試合といっても過言ではないのです。
愛媛の選手は、この試合の意味を十分承知して試合に臨むと思います。横浜にとってはW杯前の最大の山場かもしれません。

|

« 軍曹 | トップページ | 横浜vs愛媛(観戦後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/10174572

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs愛媛(観戦前):

« 軍曹 | トップページ | 横浜vs愛媛(観戦後) »