« J2第15節(結果だけ見て) | トップページ | 鳥栖vs横浜(観戦前) »

水戸vs愛媛(TV視聴後)

横浜から期限付き移籍をしている河野淳吾によるオウンゴールで、試合が決まってしまいました。
CKでGKとDFの間に出されたクロスですから、DFにとってはゴールへ向かっての対応で難しかったのでしょう。前の選手でブラインドになったのかもしれません。それにしても、城ばりの美しいヘディングゴールになってしまいました。


基本的にはいつもの水戸戦、見所といえば、このオウンゴールと、バックパスによるPA内での間接フリーキックくらいでしょうか。しかし愛媛にとっては貴重な、かつ今後に繋がる結果でした。
……しかし、愛媛DFが水戸の選手に押され、つんのめって触ってしまったボールを愛媛GKが取ったために水戸の間接フリーキックになったのですが、これって水戸のファールを取るべきなのでは?


愛媛は前節お休みということで、移動はあるにせよ体力的にはアドバンテージがありました。攻撃には水戸に比べ人数を掛けていましたが、カウンターを受けても素早く戻り、運動量を生かして数的有利の状況でがっちり守ります。
水戸のキーマンであるアンデルソンに対しては、人数を掛けて徹底的に抑えました。おかげでアンデルソンはシュートはおろか、ボールにもほとんど触らせてもらえません。

双方カウンターが怖いのか、中盤でのショートパスは少なく、ロングボール主体となります。そのロングボールも、特にサイド深くへのロングパスの成功率は、愛媛が上回っていました。水戸はSB・SHの上がりが遅いのか、あるいは疲労からか、精度の低さも相まってなかなかパスが通りません。

愛媛は、ルーズボールのお掃除役としてのMF陣の活躍、雨に濡れたピッチでパンチングとキャッチングを的確に使い分けたGK、また冷静なDFや鋭く突破するSB”スキンヘッド”関根の活躍が目立ちます。特に関根は、磐田から先日レンタル移籍した松下選手がSBということを意識したのかもね。

ルーズボールや高い位置でのボールの奪取、素早いカウンター、シュートを打たせないディフェンスなど、おそらく水戸がやりたかったことを愛媛がやった、ということなのでしょう。愛媛ペースの時間帯が長くなりました。
内容も愛媛の方が良く、愛媛の勝利自体は妥当なモノだと思いますが、その得点がオウンゴールというところが今の愛媛の決定力のなさを表しています。

とはいえ、前戦でヴェルディを零封し、今節きちんとアンデルソンを抑えたということは、守備面で柏・横浜戦に向けての自信になったのではないでしょうか。

愛媛はGWからの戦績は1勝0敗3分け、しかも山形戦はロスタイムで追いつかれたという流れですから、柏・横浜から勝ち点を奪う可能性は決して低くありません。
しかも、横浜に連勝できれば、その効果は勝ち点3を奪取できることだけに留まらず、マスコミを通じて愛媛FCというチームが地元に浸透し、さらに愛媛FCを通じて愛媛の地にサッカー文化を植え付けられる、またとない好機になります。

愛媛は、チームの将来をかけた試合だという気合いで、横浜にぶち当たる必要があるでしょう。

|

« J2第15節(結果だけ見て) | トップページ | 鳥栖vs横浜(観戦前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/10117805

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸vs愛媛(TV視聴後):

« J2第15節(結果だけ見て) | トップページ | 鳥栖vs横浜(観戦前) »