« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

新日本代表監督

オシムを日本代表監督へ、という動きがあるようで。
仕事でどたばたしていて時間もないだけど、少々書いてみる。

・総括は行われたのか
・オシムという人選
・協会は本気なのか

続きを読む "新日本代表監督"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島vs愛媛(TV視聴後)

山形・草津・仙台と3連敗、とうとう徳島にも順位で抜かれてしまった愛媛。今節はその徳島との対戦ですが、徳島は前節お休みと休養充分。28℃近くの暑さと相まって、運動量で勝負する愛媛にとって苦戦が予想されました。

続きを読む "徳島vs愛媛(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸vs横浜(TV視聴・後半のみ)

残念ながら前節、軍曹のホーム最終戦を勝利で飾れなかった横浜。帰国前の最終戦に勝利をプレゼントしたいところです。

後半からTVを見始めましたが、TVからは、ピッチが柔らかくてスパイクが沈み込むように見えたのですが、気のせいでしょうか?
それは兎も角、横浜が圧倒的に……劣勢。横浜は最終ラインからロングボールを入れますが、マイボールにできません。動きも鈍いのかなかなかボールを奪えず、ポゼッションは圧倒的に神戸です。

続きを読む "神戸vs横浜(TV視聴・後半のみ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本vsブラジル(TV視聴後)

巻もでて、そこそこの活躍はしていたし、
44分間は夢を見させてもらいました。

このW杯の日本代表、私にとってはこのブラジル戦の44分間だけ輝いて見えました。

このブラジル戦は「前半ロスタイムの失点」
3戦を通してみると「豪州戦の選手交代」
がポイントでしょうか。

とはいえ、予選敗退は実力でしょう。
今から4年後の準備を始めて欲しいなあと。
ほら、我々の先を行くチーム達の戦いが、まだ何試合も行われます。
何が足りないのか、真剣勝負の続く決勝リーグの戦いを、
4年後を見据えた目で、関係者は見ていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚vs横浜(TV視聴後)

スカパーをつけると、一平が解説です。平塚&一平って、なんだか負けフラグのイメージがあるのですが気のせいでしょうか。。。

そんな不安を胸にTV画面に向かいますが、序盤は風下の湘南が主導権を握ります。湘南は逆サイドの意識もあり、パスを上手く繋いで攻めており、横浜の中盤が捕まえ切れていません。
湘南の方がチャンスも多く、特に14分の仲町のシュートは強烈。体で良く止めたというか、ラッキーというか。

シュートといえば、今節はミドルシュートが多かったですね。カズも山口もバーを叩くし。W杯期間は「気分はワールドクラス」だからなのか、「点の取り方教えようか~打て!」の段幕に発憤したのでしょうか。しかし山口の(宇宙開発じゃなくて)「ミドルがバー」は、これだけでチャンネルあわせた甲斐があったというものです(笑)。

続きを読む "平塚vs横浜(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本vsクロアチア(TV視聴)

角澤がうざいので、テレ朝(音声消し)+BayFMのコラボレーションを試した。
FMは解説が澤登、ゲストが城様で、なかなかいい感じ。ただやっぱりアナウンサーはうるさくてうざい。とりあえず、勝ち点の話を試合中に連呼するのは、頭悪そうだから止めた方がいいと思う。

城様もHTで言ってました。FWを変えた方がよいと。

でも玉田は余計だったかな。柳沢ももう少し引っ張れたかもしれない。

ついつい、HTから巻だったら、と思ってしまう自分がいる。

あの終盤、皆がへろへろになった場面で孤軍奮闘する姿、三都主のGKの前への低いクロスに飛び込む姿、そんな姿が見られただろうし、見たかった。
PK止めても素人並のミスでCK与えるようなプレーより、チャンスがあってもシュート打たない選手より、いるかいないかわからない選手より、終盤カウンターでロングパスを受けようと走る選手がいないなんてシーンより、泥臭くてひたむきな選手のプレーが見たかった。
そして、そのようなプレーが、今日のクロアチアに対しては効果的だったのに、と思った。

ミスは多かったけど、豪州戦よりは良くなっている。それだけが唯一の救い。
しかし次戦は、あのミスをしては虐殺される相手。この4年間の集大成を是非次の試合に見せて欲しい。

#引き分けた瞬間に大写しになった、現地で大喜びしていたサポーターは何だったんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全を得るためのコスト

日経(6/16朝刊第1面)に、都電の追突事故についてのコラムが掲載されていました。

コラムでは
 ・各地でLRT※の導入の動きが盛んである
 ・今回の追突事故は、この機運に水を差しかねない
 ・スローな乗り物とはいえ、時には凶器と化す
 ・大半の路線にはATS等が無く運転手任せである
 ・LRTを普及させるなら真剣に対策を考える必要がある
と主張されています。
   ※コラムでは新型ちんちん電車と表現されています

本当に、それでハッピーなのでしょうか。

続きを読む "安全を得るためのコスト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国会閉幕

日経(6/16朝刊第2面)によると、民主党の渡部国会対策委員長が
「国会が終わるが何か物足りない気がする。ただ野党から会期延長を申し入れた例は世界中にないので……」
と発言したらしい。

だからこそ、「野党から延長を申し入れる」という手もあると思うんですけどね。

続きを読む "国会閉幕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本vs豪州(TV視聴後)

TVじゃ良くわかりませんが、
GKは前に出るなら触らないと、とか
あれだけ楔を入れられたらヤバイだろう、とか
シュート打たないのを見切られてたんじゃないか、とか
いろいろありますが、

中盤の運動量が足りないことはハッキリしてたんだから、
小野のところは、巻か稲本あたりじゃないの?
と思いましたよ。

あれじゃCBがかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛vs山形(TV視聴後)

今節は、「サイドの攻防が面白そう」ということで、愛媛vs山形をチョイス。

本日の山形側ゲームキャプテンは臼井です。前節とは異なりSHでやりやすいのでしょうか、愛媛左サイドとの攻防をほぼ制し、ポジションチェンジをしてかき回すなど、山形にとっては無くてはならない選手ですね。
愛媛は前半の失点を恐れてなのでしょうか、シュートで終わる事を心がけています。また、後ろで回して突破口がない場合は、ロングボールで相手にボールを渡すシーンも再三ありました。これは意図したものか、単なるミスかは良くわかりませんが。

続きを読む "愛媛vs山形(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南の監督辞任

湘南の前田上田監督が辞任とのこと。
あのー、別に「愛媛に負けたら監督辞任しなければいけない」という決まりはないのですが。。。

……もしかして、そんなに愛媛に負けるのがショックなのですか orz

そう言えば、1ヶ月後の7月8日って、愛媛vs札幌戦がありますね。いや、深い意味はないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2第20節(結果のみ)

○湘南vs愛媛

愛媛が3得点ですよ。今期初!。やっぱり出場停止組が戻ってきたのは大きかったのでしょう。
連敗脱出と3得点ってのは、愛媛の選手にとっては何よりの自信回復剤です。
パブリック・ビューイングも800人以上来たとのこと。3点とれば盛り上がったでしょうし、今後の動員にも好影響じゃないでしょうか。
しかし湘南はこれで5連敗。順位こそ8位ですが、最下位と勝ち点が6しか離れていません。こちらは重傷ですね。。。

○山形vs横浜

逆転勝利ってのが素晴らしいですね。愛媛戦でドフリーを外したカズが入れてますよ。
しかも、山口・軍曹・中島・早川抜きで1失点ですから。小林や室井がどんなプレーをしていたのだろう?、気になるところです。
しかし、太田って高卒ルーキーじゃなかったでしたっけ? 大胆な控えですね。しかも数分とはいえ、1点差で智吉と変えて出すのですから。普通なら、つよや坂井をSBに下げたりしそうなものなのだけど。そういえば、光輝あたりはまだNGなのでしょうか?。しかも、出場していない小山が「黄」をもらったようで。臼井がSBに下がったのは何故?
なんだか?がいっぱい。

しかし、連敗しないってことは、もしかして信じても良いのだろうか?
しかも仙台が負けてるし。

○草津vs札幌

札幌は最下位に引き分けですか。。。
先日解任否定コメントがありましたが、10位とはいえ最下位との勝ち点差が4ですから、周囲も騒がしいことでしょう。

#昨日せっかく急いで書いたのに、下書きのまま登録してしまった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー取引

既に賞味期限切れの話題となりつつありますが、村上氏がとうとうインサイダー取引を認めましたね。
ライブドア側から「ニッポン放送株を買う」ことを教えられた、そのことがインサイダーに抵触すると判断したと会見でコメントしていたかと思います。

まあ、確かに「事前に知った」のだからインサイダーなのでしょう。

しかし、逆に考えれば、
買わせたくない人物がいたら、「自分が(大量に)買う」ということをその人物に伝えればよろし
という事になりますよね?

例えば、

・防衛側の企業サイドが、買い進みつつあるという噂のある人物に、電話一本かければ買収を防げる
・買収の競合となりそうな相手に、知人経由で耳打ちすれば、相手を負かすことができる
・割安銘柄を仕込みつつあるライバルの投資会社のトレーダーを昼飯に誘って一言言えば、相手の利益率を落とすことができる

ってことにならないのかしらん。
相手の買いを止めるだけなら、実際には自分が大量に買う必要もない、って作戦もありそうです。
……ちと、極端な例ですけど。

だとしたら、投資家やファンドマネージャー、トレーダーは大変ですね。
同業者とは飯に行くどころか、電話一本安易に受けられないんだから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セレッソvsジェフ(TV視聴後)

ナビスコ杯準々決勝1試合目。退場者が2人、両チームあわせて7点という、すごい試合になりました。
前半はセレッソペース、後半はジェフペースでしたが、チャンスをものにしたジェフが勝利。しかも5点の大量得点ですから、第一戦にして準々決勝突破と言っても過言ではないでしょう。

続きを読む "セレッソvsジェフ(TV視聴後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19節第1日目(結果のみ)

○水戸vs横浜

この3戦の壁はやはり厚かったのか、いやな予感が当たってしまいました。いずれにせよ、退場者が出た愛媛戦はともかく、鳥栖戦・水戸戦で得点0では話になりません。ネット情報だけですが、アウグストを抑えられたときの対応が効果的ではない、という印象を受けます。また、力のある外人に弱いのも伝統です。軍曹が怪我持ちという状況で鄭を下げてしまうのも、個人的には疑問でした。

負けたのが、柏や仙台、ヴェルディや神戸ではなく水戸というのが、いろんな意味で救いでしょうか。それにしても水戸ちゃんは暫定5位なんですね。

CBの軍曹が怪我、早川が退場で次節出場停止です。試合を見ていないので良くわかりませんが、室井は計算できるのでしょうか?あるいは富永や秋葉なのか?次節のCBをどうするのか頭が痛いところじゃないでしょうか。次節山形戦ではサイドのカバーリングが重要になるでしょうから。


○愛媛vs鳥栖

リベンジなりませんでした。前節横浜戦の影響で、主力3人が欠場になったのが痛かったようですね。選手・監督コメントでもありましたが、やはり(ディフェンスを中心に)メンバーが替わったことで、積極的にいけず、マークがうまくいかなかったりで、前半の2失点に繋がったようです。
とはいえこの試合、このところ(横浜戦は別として)良い動きを見せていたFW田中が結果を出したことは、数少ない光明です。

次節はAway湘南戦、愛媛FC初のパブリックビューイングを行う試合でもあります。「連敗してズルズルいくと自信をなくしてしまうので、次は何とかしたいと思います」と監督も語っているように、愛媛にとっては重要な試合となるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路交通法改正(駐禁)

「駐車場が少ない」ってのは卵と鶏みたいなもので、需要が増えれば(中長期的・全体的には)供給が増えるはずですから、後はランディングをいかに上手くやるか、でしょうね。あまり杓子定規にやると、弊害の方が大きくなる可能性がありそうです。

立場によって、いろいろ観点や意見はあると思いますが、

私としては、迷惑駐車が減ることによって、自転車が路肩(車道)を走ることが容易になる、という点を期待したいです。
今までは、
・車道を走る→駐車中の自動車がじゃまで、危険でも車道の中央側へ出る必要があり危険
・歩道を走る→歩行者に迷惑をかけるケースも多々出てしまう
          (遅ければ迷惑をかけないという訳でもない)
という問題がありましたから。

しかし都市部で自転車が走りやすくなると、
都心部のマンションも増えたことですから、自転車通勤も増えたりして。
で、自転車の駐輪問題が発生すると。
うーん、モグラたたきですかねえ。

#まあ、私の走るような道は、恩恵を受けないのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »