« 徳島vs愛媛(TV視聴後) | トップページ | 柏vs横浜(観戦前) »

新日本代表監督

オシムを日本代表監督へ、という動きがあるようで。
仕事でどたばたしていて時間もないだけど、少々書いてみる。

・総括は行われたのか
・オシムという人選
・協会は本気なのか

○総括は行われたのか

まともなプロジェクトであれば、プロセスや結果に対する総括、小学生風に言えば「反省会」が行われる。そしてその総括の中で、次のプロジェクトの方針や対策が生まれてくる。

日本代表のW杯が終わって間もないが、この4年間の組織としての総括は行われたのであろうか。
この4年間、成功したこともあるだろうし、失敗したこともあるだろう。しかしそれらを踏まえずに次の4年間へ向けての手を打つということであれば、この4年間は無駄になってしまう。
この4年間の反省をこれからの肥やしにしなければ、ドイツで、TVの前で、泣いた選手やサポーターが浮かばれないではないか。

この短期間で総括ができるほど、この4年間は軽いものなのだろうか。
充分な総括なしに人選ができるほど、代表監督というものは軽い存在なのだろうか。


○オシムという人選

私だって、「今オシムが代表を選ぶとしたらどんな人選になるか」ってのは、よだれが出るほど興味があるよ……。

確かに、カリスマ性もあり、監督としての経験や実力も充分、日本もよく知っている、各国に顔が利く。そんな人材はそう沢山は居ない。
しかしオシムという人選は、「今後4年間の日本サッカーの方向性」を真剣に考えた上での結果であって欲しい。
W杯期間中の現在でもコンタクトを取りやすく、日本のサポーターに人気があり、選手からも信頼が厚く、マッチメーク上も有利であり、監督としても有能なので大コケはしないだろう、という安易な姿勢では無いことを祈りたい。


○協会は本気なのか

オシムが、日本代表に於いてジェフと類似したスタイルを目指すかどうかは定かではないけれど、これは今後4年間のベクトルを決める重要な人選であるのだから、協会としてはおそらく「それ」を目指すつもりなのだろう。

もし推測通り、同じスタイルを追求するのであれば、協会は腹をくくる必要がある。
ジェフのサッカーは、「水を運ぶ人」を大事にする。「その」サッカーを実現するための、代表選手の人選傾向、マッチメーク、代表拘束日程など、おそらくこの4年間とはかなり異なる可能性が高い。その場合、クラブチームやスポンサー、マスコミなどとの利益相反は顕著になると予想される。それらの反発を協会は本気で抑え、オシムを全面サポートするつもりがあるのだろうか。そしてその方法論は確立されているのだろうか。

川淵氏が「オシム氏がこうしてほしい、ということは無条件で聞くことになる」と発言してはいるが、「実現する」とは言ってないな。……ここに協会の腰の引けを感じるのは、神経質に過ぎるか。

いずれにせよ、ジェフサポーターの唯一無二の宝を取り上げようとしているのである。
協会は、雑音に負けず、日本代表で「オシムのサッカー」を実現するための環境を完璧に整えること。それがジェフサポーターに対する誠意であろう。

|

« 徳島vs愛媛(TV視聴後) | トップページ | 柏vs横浜(観戦前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/10715013

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本代表監督:

« 徳島vs愛媛(TV視聴後) | トップページ | 柏vs横浜(観戦前) »