« 湘南の監督辞任 | トップページ | 日本vs豪州(TV視聴後) »

愛媛vs山形(TV視聴後)

今節は、「サイドの攻防が面白そう」ということで、愛媛vs山形をチョイス。

本日の山形側ゲームキャプテンは臼井です。前節とは異なりSHでやりやすいのでしょうか、愛媛左サイドとの攻防をほぼ制し、ポジションチェンジをしてかき回すなど、山形にとっては無くてはならない選手ですね。
愛媛は前半の失点を恐れてなのでしょうか、シュートで終わる事を心がけています。また、後ろで回して突破口がない場合は、ロングボールで相手にボールを渡すシーンも再三ありました。これは意図したものか、単なるミスかは良くわかりませんが。

愛媛は中2日の疲れからか、中盤でインターセプトができません。人数は行くのですがアタックが中途半端で、かわされたりパスを出されたりで、山形に攻撃をうまく展開されてしまいます。
しかし愛媛も右サイド(山形の左サイド)は優勢で、サイド奥深くに攻め込んだり、決定的なシーンを作り出します。シュートがネットを触る場面は、山形より愛媛が多くなります。が、決定力がありません。

後半は愛媛のプレスも効いてきたのか、愛媛のポゼッションも高くなりしたが、レアンドロのクロスから秋葉のヘッドを決められると、愛媛の気持ちが切れてしまいます。
チャンスは多く作りながらも、愛媛は1点を返せません。逆に追加点を入れられ、ホームで痛い敗戦です。

山形も、5対3の数的優位なのにチャンスをパスミスで逃すなど、ミスが多くピリッとしないわけですが、愛媛も同様にパスミスを中心にミスが多く、また双方電池切れ状態でした。双方同じようにミスを多発し、電池が切れた状態であれば、個に優れた山形に軍配が上がるのは必然でしょう。
過密日程で疲れのある中、スピードのあるチームとの対戦をどう凌ぐか、これは愛媛にとって難しい問題だと思います。

|

« 湘南の監督辞任 | トップページ | 日本vs豪州(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/10476555

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛vs山形(TV視聴後):

« 湘南の監督辞任 | トップページ | 日本vs豪州(TV視聴後) »