« 天皇杯の組み合わせ | トップページ | 目黒雅叙園 »

宮内庁長官のメモと靖国神社問題

昭和天皇が『A級戦犯合祀に不快感を示し靖国神社参拝を中止した』とする当時の宮内庁長官のメモが見つかったというニュース

昭和天皇が合祀に否定的だったことは定説でしたから、そのメモが真実としても、そのメモの内容よりは『昭和天皇が負の感情をあらわにした肉声を書き留めた』ものという側面の方が、価値があるように思います。

それにしても政治家は反応に苦しむところじゃないでしょうか。

ざっくりと「天皇制の尊重の有無」「靖国参拝の賛否」をカテゴライズすると、
 a)天皇制を否定し靖国参拝も否定
 b)天皇制を肯定し靖国参拝は否定
 c)天皇制を肯定し靖国参拝も肯定
に分かれる(天皇制否定・参拝肯定は少ない)と思われますが、基本的に「天皇を政治に利用してはいけない」ということがネックになります。
特に、a)は天皇の尻馬に乗ることはできないでしょうし、b)も「天皇の意向を尊重している」と誤解されることはリスクが高いでしょう。

「小泉憎し」が先に立つ人はどうか知りませんが、表立ってメモ問題を押し立てる政治家は少ないと予想します。

それにしても、中国はどういう心境なんでしょうね。あの憎き日帝の親玉と同じ主張になっちゃったわけで。それでも「参拝中止」が「目的」ならまあ一定の評価をするでしょうが、彼らは「目的」じゃなくて「手段」ですから。

|

« 天皇杯の組み合わせ | トップページ | 目黒雅叙園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/11035011

この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁長官のメモと靖国神社問題 :

« 天皇杯の組み合わせ | トップページ | 目黒雅叙園 »