« 大停電(続) | トップページ | ジェフvs東京(観戦後) »

横浜vs山形(TV視聴後)

このところバテ気味、明日ジェフ戦を見に行くということもあり、今回は欠席しました。

アレモンが2得点しましたが、数あるチャンスのもう一つを決めてくれていたら、もっと楽な試合になったでしょうね。とはいえ、去年までの事を考えると、実に傲慢なイチャモンかもしれません。
いずれにせよ、アレモンが決定的な仕事をしてくれる、ということで、アレモン頼みの攻撃が多くなってしまいます。山形のサイドが強いので、あえて真ん中を狙ったのかもしれませんが。

一方の山形はサイドを突いてきます。注目の右サイドは、前半臼井・後半佐々木と波状攻撃。後半運動量とポゼッションの落ちた横浜は、諸刃のSB臼井の穴を突けず、逆に防戦一方となります。カバーでボランチが引き出されるのでしょうか?バイタルエリアにスペースができたり、疲れからか人数が足りていてもパスでするすると抜けられてしまいます。CKも良いボールが入り、山形の追加点は時間の問題と思われました。

山口も疲労しているようで、できればポゼッションを取り戻すべく、中盤で運動量のあるワイパー的な選手を入れたいところだったでしょうが、早川のアクシデントで室井が既に入っている状態。カズ・吉武・坂井は少々違うキャラですから、ベンチワークも難しかったでしょう。結果テコ入れが遅くなり、1点返されてしまいます。
その直後選手交代しますが、山形も勢いつき、吉武もポゼッションタイプの選手ではないので、流れが変わりません。それにしても、吉武ってトラップが長くないですか?

しかしこの試合、審判も主役でした。アレモンを目の敵にして何でもないプレー時に(たぶん繰り返しの)警告を出すなど、全体的にはアウェイ寄りのジャッジでしたが、山形の小原に2枚目の「黄」を出して退場させます。2枚目のカードは厳しすぎたのではないでしょうか。

しかし、このアドバンテージでも立て直せないのが今の横浜です。山形の勢いは衰えず、サイドを基点に真ん中もスイスイボールを通していきます。横浜も長いボールで跳ね返しますが、山形がすぐにボールをポゼッションします。
横浜は1点を守るべく、交代で入った坂井が城と協力し山形の右サイドで時間を使うくらいしか時間を使えません。ロスタイム終了直前に、内田がPA前でファールし、山形が一打逆転の大チャンス。
しかし、横浜は凌ぎきり、なんとか勝ち点3を得ることができました。

横浜は後半の守備が課題ですね。山口が疲労している状態でサイドを突かれると、横浜のDFの足が速くないこともあり、いいようにかき回されるシーンが増えてしまいます。DFの前がぽっかり空き、そこで相手に前を向かせて持たせるようでは、いかにJ2とはいえ、決められる可能性は高くなってしまうでしょう。
中3日の強行日程の次節、アウグストだけでなく内田も出られません。内田は終盤も懸命に走り、守備に貢献していたように見えましたが、次節は誰がその役目を担うのでしょうか。仙台の外人3人と飛び出す梁を90分抑えるためには、中盤の運動量を如何に確保するか、がポイントになりそうです。

……しかし、スカパーで不適切発言のお詫び。「言葉狩り」は勘弁して欲しいなあ。

|

« 大停電(続) | トップページ | ジェフvs東京(観戦後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/11513263

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs山形(TV視聴後):

« 大停電(続) | トップページ | ジェフvs東京(観戦後) »