« 横浜vs草津(観戦後)・試合編 | トップページ | コンピュータがプログラムを添削? »

横浜vs草津・感想編

その部分(アレモン)だけ気をつければ、あとはそんなに失点はしないだろうと考えていた」とは植木監督の弁ですが、もちろん横浜側も周知のポイントです。しかし、なかなかそれを打開する方策が見えてきません。
山口が捌いてのサイド攻撃も効果的だと思うのですが、その山口に対しても2人がプレスに来るなど、もう第4クールに入るとどのチームもポイントは押さえています。
SBとSHで崩すなど連携面で対応したいところですが、中途レンタルの多いチーム事情がなかなかそれを許しません。

ここのところ観戦していて思うのですが、横浜はセットプレーでの得点の匂いが乏しいような気がします。
一時に比べれば選手の身長面でのビハインドはカバーできているはずなのですが、やはりキッカー側の問題なのでしょうか?もし坂井あたりが上手いのであれば、うまく使っていきたいところです。

それにしても、よく小村を取っておきましたよね。早川は出場停止ですが、鄭容臺と小村のCBで問題ありません。もちろん、早川が1試合停止で済む前提ですが。
SBは、右サイドが機能していなかったことから、右が智吉、左が中島でしょう。岩倉も使えそうです。

問題はFWですね。今節勝っておけば仙台戦は引き分け狙いも現実的な選択だったのですが、勝ち点3を取りに行かざるを得なくなりました。アレモンが出場停止ですから、普通に考えればカズ&城ですが、得点の匂いがしないのは気のせいでしょうか。。。と言うようなファンを黙らせるようなプレーをカズには期待したいところです。
いずれにせよ、仙台も勝つしかないわけで、焦りを引き出すためにもディフェンシブに行くことは問題ないのですが、勝ち点3を最終的に取るためには点を入れる必要があります。途中から富永を入れるなら、長めにしてみたいところです。

しかし横浜はある意味ツキがあります。
柏が最下位徳島相手にドロー、しかも(後半少し見ていましたが)徳島にも結構攻められていました。柏もいま一歩勢いがついていませんから、離されずに付いていけるかもしれません。
さらに、仙台が負けたのが大きいです。3位以内に入らないと話になりませんから、4位との差が試合を消化しても詰まらないというのは、横浜にとって朗報。しかも日程の詰まっている中、仙台は「四国→関東」とAwayが続き、調整が難しい状況です。

次節、仙台に勝利できれば、横浜としては精神的にもぐっと楽になります。なんとか勝ち点3をもぎ取っておきたい試合です。

|

« 横浜vs草津(観戦後)・試合編 | トップページ | コンピュータがプログラムを添削? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/12028285

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs草津・感想編:

« 横浜vs草津(観戦後)・試合編 | トップページ | コンピュータがプログラムを添削? »