« サッカーのニュースいろいろ | トップページ | 三ツ沢とのアクセス比較(埼玉・千葉以北) »

横浜vs札幌(観戦後)

こんな試合ができるチームになったんだなあ。。。感無量です。
いろいろ調整して平日の試合を珍しく見に来ることができましたが、来て良かった。
観客も、動員があったように見えましたが、それでも5000人超は朗報です。そして、その5000人の観客にとっても、(札幌サポを除き)気持ちよく帰路につけた幸せなひとときだったのではないでしょうか。

……遅くなりました。4日ほど経ってしまいましたので、細かいところは夢の彼方。いつも以上の大づかみの感想ということでご了承ください。

試合開始から、札幌は前線からのボールチェックを厳しく行います。横浜の最終ラインに対するプレッシャーも厳しく、FWへのボールの精度が上がりません。山口を経由する展開を行おうともしますが、山口へのプレッシャーがこれまたきつい。中盤の数的優位がそれを可能にしたのかもしれません。他選手が山口へ厚い信頼を寄せるのは良いのですが、札幌が罠を張っているシーンでも、窮屈な山口へショートパスを出そうとします。そのため一見、山口のミスが多いように感じる人もいたのではないでしょうか。後半は改善されたように思いますが。

サイドも優位という訳ではありませんでしたが、思ったほど札幌はサイドに力を入れません。特にHTの西谷投入は、サイド攻撃への傾斜を意図したものだと思ったのですが、裏への飛び出しは回数・質とも上がってきません。3点目の失点で、札幌の選手自体の戦意が低下したのか、西谷自身も裏へのボールに反応できないシーンが散見されました。智吉の判断が遅い場面もあった今節、ここを突いてこないのは助かったのではないでしょうか。

中島は、縦へのボールをカットされるシーンが多く見られました。相手に前から詰められたとき、ライン際へ速いボールを出す傾向を研究されていたのでしょう。深い位置でのプレーで(後ろのカバーがいないため)選択肢が無かったのかもしれませんが、何度も同じインターセプトを受けるのは感心しません。

その中島、最後は鄭容臺の代わりにCBに入ります。山口が入る※のかなと思ったのですが、何かの罰ゲームでしょうか(笑)。いやいや、残り10分弱で3点差ですから、CBとSBとの関係を勉強させる良い機会だという趣旨なのでしょう。位置取りがわからず、右往左往という感じでかわいそうでしたが。。。
 ※:難波inで内田・城のボランチ、山口のCBとか

内田は、股抜きを狙った?前半のシュートが良かったですね。確かに逆サイドが余っていましたから、パスの方が可能性が高かったかもしれません。しかし攻撃的MFを目指すのであれば、やはりあそこはシュートして欲しいところです。あそこで打つ選択のない選手は怖くないですから。
ま、でも決めてくれるとさらに良かったのですけどね。

アレモンはお約束のポストもありましたが、毎試合ハードマークを受ける中できちんと1点を取るところが、本当に頼もしいです。怪我が心配ですねぇ。
怪我と言えば、早川と鄭容臺は大丈夫でしょうか。鄭容臺は次の湘南戦に出場したので大丈夫かとは思いますが。

いろいろ書きましたが、全体としては横浜の横綱相撲でした。札幌もそれほど悪いわけではありませんでしたが、横浜の適応力と試合運びが、あの流れを作ったのでしょう。また、前半リードした後半の失点に課題がありましたが、札幌の戦意が落ちたとはいえ、それほど危なげもなく失点0で後半を凌いだことは、今後の自信になるでしょう。このような試合ができるのなら、J2リーグでの優勝の「資格」はあると思います。もちろん、柏や神戸という先輩格と同じステージに立った、というだけですが。

但し、最終戦までの勝ち負けを計算できるほど絶対的な強さはまだありません。目の前の一戦一戦をきちんと戦い、勝ち点を重ねていくことが大切だと思います。(湘南戦は勝利で終えましたから)次の柏戦でも、他の47試合と同様に、勝ち点を取るよう頑張って欲しいです。

|

« サッカーのニュースいろいろ | トップページ | 三ツ沢とのアクセス比較(埼玉・千葉以北) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/12376891

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs札幌(観戦後):

« サッカーのニュースいろいろ | トップページ | 三ツ沢とのアクセス比較(埼玉・千葉以北) »