« 横浜vsバンディオンセ神戸(観戦前) | トップページ | 遠征準備完了 »

横浜vsバンディオンセ神戸(観戦後)

試合前の私の予想は、ぐだぐだになったときに立て直せるよう、中心に内田・早川を据えた上で、控えに鄭容臺・城とリスクヘッジし、アウグストの怪我悪化を防ぐためにサブとする、という観点で考えました。
しかし高木監督は勝負師。目的がハッキリしている以上、手段を曖昧にしませんでした。おそらく、ほとんどの横浜サポーターの予想を越えたスタメンだったでしょう。

ここまで割り切り、判断できる高木監督はすごいと思います。11月の上位連戦中にJ1と対戦するデメリットを認識し、ベテランの疲労を取り、怪我を防止する。選手層の薄いこのチームにとっては、この戦略は必然といえます。確かに、ここまで来て「いい格好」する余裕はありません。他のサッカーファンに何と言われようと。
そして、このBチーム主体の選手達が危なげなく勝つことができれば、それはそれで選手層という観点で朗報となります。
「勝っても良し」「負けても良し」という戦略だったのでしょう。

しかし、この試合に出た選手達が、その戦略にあぐらをかいてはいけません。彼らはクビがかかっているのです。
この試合は、「年度末試験」なのです。

神戸はディフェンスがきちんとFWに付き、横浜の前線にボールを納めさせません。中盤の運動量と人数に勝る神戸は、ボールを素早く、かつきちんと繋いで、チャンスを作ります。横浜は時折4Topになりチャンスを窺いますが、神戸がきっちりとマークをしますし、横浜のSBの上がりが乏しいため、そのこぼれ玉を神戸側に取られてしまいます。
神戸は和多田や川崎などの元Jリーガーがいますし、連携も良いです。一方、個で突出しているのはアウグストだけ、Bチームで本来のポジションじゃない選手もいて連携もイマイチの横浜。全体としては、普通に神戸が良いサッカーを演じる結果となります。

気を吐いていたのは育成組の太田。本来のポジションじゃないはずですが、勝ちたいという気持ちを一番出していたのは彼ではなかったでしょうか。岩倉とポジションが逆の方が、面白い試合になったかもしれません。
スタメン組のアウグストは、何とかしようとしていましたが、足を気にするシーンもあり万全じゃ無さそうです。

一方、ベンチ組は燦々たるものです。

一番気になったのが小林。攻撃時も最終ラインに引きこもります。たまに前に出ると思ったらTopで張り付き状態で、何をしたいのかわかりません。一方守備も、60点可状態。攻撃時にSBが機能しないと、このメンバーでは苦しいです。リーグでは山口がサポートしてカバーしていましたが、吉野・坂井ではそれも期待できません。
坂井は元々ボランチだそうですが、サイドでずっと使われていたためでしょうか、パッサーとしての役割以外は物足りないものとなりました。

90分と長い時間をもらった富永、しかしその身長を生かしたプレーは不発となりました。いや、頭には当たっていましたよ。しかし、意図が見えません。誰に出したいのか、どのスペースに落としたいのか、それはヘッドに余裕のあるシーンでも見えませんでした。PA前でファールをもらう、スルーパスからシュートをする、もちろんFWとしては大切なことです。しかし、それなら他にも選手がいるでしょう。

しかし、その「他の選手」の一人となるはずの吉武も空回りです。もはや中堅、周りを鼓舞してコントロールする、その役割が臨まれているはずですが、下のカテゴリーのチーム相手ですら自分のことでいっぱいいっぱい、という印象を受けてしまいました。
そのバタバタした状況を落ち着かせるのがベテラン。その意味で小山には期待したのですが、本人が頭に血を上らせていたように見えたのは、気のせいでしょうか。崔も期待はずれで、これなら吉岡でも出しておいたら、とは言い過ぎでしょうか。

残念ながら、「年度末試験」の対象者(育成組とアウグスト・滝澤以外)は、ほとんど合格点をもらえなかったのではないでしょうか。そして「追試」はあるのでしょうか。
幸か不幸か、レギュラー組はベテランやレンタルも多く、椅子の残り数が案外多い可能性もあります。御殿場キャンプなど数少ないチャンスを生かして、来年もこのチームに居てくれること。応援する方としては、それを祈るだけです。

しかし、層の薄さがこれほどとは。。。高木監督も頭が痛いことでしょう。

そうそう、決勝点をお膳立てしたのは石田のパス。おめでとう。4回戦も頑張ってください。そしてまたJのステージへ戻ってこられるよう、祈ります。

|

« 横浜vsバンディオンセ神戸(観戦前) | トップページ | 遠征準備完了 »

コメント

初めまして。
昨日のB神戸戦はひどい物でしたね。
格下相手だから主力温存てのは理解できたんですが、それにしても・・。やはり選手層が薄いですよね。
気になったのは崔の出来です。これまでもかつての韓国代表とは思えない物足りなさを感じてたんですが、昨日も何もできませんでした。これ以上使うのはまずくないですか?本来SBの選手じゃないだけに今の使い方は首を傾げる。
だったら本職の小林を使ってほしいんですが。
僕は小林はそれほど悪いと思いません。少なくとも崔よりはいいと思います。
簡単にまとめると来期J1に上がった時を考えると控え組の補強も必要じゃないでしょうか。

投稿: アツシ | 2006.10.09 06:22

初めまして。昨日はお疲れさまでした。
仰るとおり層を厚くする必要がありますね。ただがらりと変えると、某チームの二の舞の可能性もあるのが難しいところですが。
崔については同意で、少なくともSBは向いていないですね。但し左SBが例えば小林のようなディフェンシブな選手なら、攻撃中心という分担としての起用は考えられますが、(昨日はSHでしたが)下位リーグチームに対しあのパフォーマンスでは。。。
小林は、「この試合に関しては」役割を果たしていなかったように思えます。いつもより貧弱な攻撃陣、いつもより攻撃力の劣る相手、そのなかでSBが何を果たさなければならないのか。それが試された試合でしたから、あのような書き方になりました。相手がJ1チームなら、また違った評価をしたかもしれませんね。

投稿: | 2006.10.09 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/12202610

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vsバンディオンセ神戸(観戦後):

« 横浜vsバンディオンセ神戸(観戦前) | トップページ | 遠征準備完了 »