« マリノスvs愛媛(観戦前) | トップページ | ジェフvs札幌(結果のみ) »

マリノスvs愛媛(観戦後)

この試合の観戦、正直悩みました。
マリノスサポ自体はある意味あの事件の被害者でもある、と思っているのでどうでもいいのですが、そのユニに付いているスポンサーがむかつく。ダービーでもないのに、あんなの何千人分もある中にわざわざ行くのかと思うとね。

しかし、事情により今スカパーが視聴できないため、冷静に見られる試合はこの機会が最後(最終戦は横浜FCの昇格をかけた試合になる可能性も高いので)。横国なら行かないけど、三ツ沢だし。
しかも、マリノス相手に互角の戦いをする可能性も高い。もし勝ったら、行かなかったことをすごく悔やむだろうなと思い、観戦することに。
いやあ、行って良かったです。

しかし、公式見てもチームオフィシャル見ても、席割りがハッキリしないってのはどうよ。
e+の情報が一番マシでしたが、「自由席=ゴール裏およびバックスタンド左右両端」ってのを信じて良いのかどうか。横浜FCの時くらいなら問題ないですが、ちょっと怖かったので(メイン両端の)SAを奮発。
三ツ沢に着いてメインから見ると、バックAway側にはオレンジは見えず。Awayゴール裏の端には普段着の人も結構いたので、もしかしたらバックAway側もHome扱いにしたのかもしれません。未確認ですが。
結果として、Away側SA前段ではマリノスユニ(の背中)は見えなかったので快適、正解でした。

愛媛FCの選手バスは、何と「AirportLimousine」です。いや、貸し切りバスをやっているのは知っていましたが、チームがオレンジにこだわったのかなあ。何か気合いを感じます。
気合いと言えば、愛媛の応援も良かったです。試合前のマリノスの下手な煽りにも特段反応せず、選手を応援することに集中します。延長前の休憩中も、ずっと声を出しっぱなしですからね。マリノスサポなんて、その間お休みしていましたから。ある意味、この試合を象徴するシーンだったのではないでしょうか。
……マリノスサポが望月監督をいじったヤジを飛ばしていましたが、人様の監督をいじれる立場かと小一時間。

試合内容は時系列が間違っているかもしれませんが、ご了承ください。

試合は序盤、若干愛媛が落ち着きません。J2なら通るパスが引っかかったりしますから。しかし、すぐに適応して愛媛のサッカーを展開します。ラインは高く、アグレッシブなチェイスと組織的な追い込み、マイボールからの各選手の展開の速さと、スペースへの飛び込み、ワンタッチ・ツータッチでの速いボール回し。
オシム代表監督が来ていたようですが、楽しんでもらえたのではないでしょうか。J2も馬鹿にしたもんじゃないでしょ?

一方のマリノス。確かに前節のスタメンからは田中隼磨・上野・ドゥトラ・山瀬功治・久保・マルケスを外していますが、久保は体調不良のようですし、奥や坂田、大島が入っているわけで、1.5軍くらいなのでしょうか。金満チームは層が厚いので、チャンスをもらった選手が頑張って動き、案外いい試合運びをしたりするものなのですが、動きが鈍く、愛媛選手にボールをかっさらわれる醜態を見せます。

前半は愛媛が圧倒。シュートも愛媛が倍、チャンス自体も愛媛がかなり多かったのですが、やはり決定力や精度の部分でいつものごとく点が取れません。田中のあわやPKのシーンも、砂川審判が取ってくれません。後半も愛媛がペースを握りますが、チャンスを決められません。HTで江後、後半中盤で赤井が痛んで交代したことで意図せぬカードを切らざるを得なくなり、さらに疲労が愛媛を蝕みます。森脇がオーバーラップすればビックチャンスというシーンでも飛び出せなくなったり、サイドチェンジのボールの勢いと距離が劣化して相手にカットされるなど、少しずつチャンスの芽が減っていきます。

しかし攻勢を続ける愛媛に、マリノスも温存モードを続ける余裕はなくなります。何せ、前にボールを入れられずに、バックパスや後ろでボールを回してばかりで、ブーイングに仕方なく前に入れると愛媛に取られる始末。
マリノスは温存していた山瀬・マルケスを投入せざるを得なくなります。さすがに疲労困憊の時間にマルケスを入れられると厳しそうですが、何とか押さえ込んで、延長に突入です。

J1の3冠チームに対し前後半で0-0は健闘と言えましょう。しかし、この「運動量で勝負」するスタイルのチームにとっては、延長は残酷です。
もちろん愛媛もバーを叩くシュートなどチャンスを作りますし、サイドチェンジなどのワイドな展開は健在です。しかし、プレッシングが甘くなり、マリノス選手にポゼッションされる時間が増えてきます。

失点は、誰かのシュートをGK川北が一旦身体で跳ね返しますが、転がったボールをマルケスに詰められてゴール。川北に当たったボールの転がりが、あとボール1個分外であれば、もしかしたらゴールを決められなかったかもしれません。菅野なら、あの転がったボールを押さえられたんじゃないかな、と思わず。。。

実際、この試合でのマリノスと愛媛の差は、このボール1個分くらいしかなかったでしょう。組織としては愛媛は負けていませんでしたし、個の力の差を埋めるサッカーができたと思います。決定機の数でも愛媛が勝っていましたし、シュート数やCKなどのスタッツも互角です。気持ち・ひたむきさは間違いなく愛媛の勝ちでしょう。
しかし、セットプレーや空中戦などの個の差はいかんともし難く、そしてチャンスを決められる選手の存在。

年間予算でいえば10倍以上のJ1チームに対し、延長まで苦しめたことは、本当に素晴らしいことです。誇りに思います。感動を与えられるチームです。
ですが、このチームに決定力のある助っ人がいれば、どれほどの結果が残せるだろう、とも思うわけです。まだ愛媛の地に種をまいている時期、と理解はしているつもりなのですが。。。

蛇足ですが、
奥選手が「早い時間に1点取れれば、相手も前がかりになったと思う」とコメントしているようです。
しかし、別に愛媛は引いていたわけじゃない。あなたたちはどの位置でオフサイドを取られていたのか。シュートを何本打たれていたのか。PA付近でどれだけボールを回されていたのか。そもそもあなた達の攻撃が遅く(あるいは遅らせた)て愛媛の戻りが早いだけじゃないのか。
……少なくとも、私が見た印象とは違うなあ。

|

« マリノスvs愛媛(観戦前) | トップページ | ジェフvs札幌(結果のみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/12567788

この記事へのトラックバック一覧です: マリノスvs愛媛(観戦後):

« マリノスvs愛媛(観戦前) | トップページ | ジェフvs札幌(結果のみ) »