« コンビニATM平日昼間手数料ゼロに | トップページ | 横浜J2優勝・J1昇格 »

横浜vs徳島(観戦後)

J2の厳しさは、上位3チームの中で我々が一番よく知っているわけです。
もちろん、去年までは「いじめる側」だったわけですが。

終盤の消化試合に突如訪れたスペシャルマッチ。
トーナメント戦がごとく、ここぞとばかりに鬱屈したパワーをぶつける。
天皇杯で繰り広げられるような下克上が多発する。
昇格レースで足踏みするチームが毎年現れる。
それはJ2の通過儀礼。
#しかしそれをJ2二年目のチームにされたくはなかったけど。

勝ち点を一つ一つ積み上げていく。負けずに積み上げていく。
それが今シーズンやってきた横浜のサッカーです。
そして、得点を与えないという、今シーズンの原点は失われていません。
(ちなみに今節の結果で、今期リーグの負け数が一桁におさまることが確定しました)

だから、勝つべきゲームが引き分けになっても、慌てる必要はありません。
こつこつと。


今日のゴール裏はトーンを落とし気味の、力強い声。うわずった焦りの感情を押し込め、地に足をつけたいい応援です。単に私の勘違いかもしれませんが。最近のゴール裏ってコールの間や内容、盛り上げ方など、格段に上手くなったような気がします。なんか上からものを言っているようにしか書けませんが、そういうことじゃなくて、なんというか、嬉しかったというか、頼もしく感じたというか。
……やっぱり上手く書けませんね。。。
しかし、「あの入場曲」がそのいい雰囲気を削いでいるのが残念。最終節は曲変えませんかね?

城とカズのボールへの魂を込めたキックオフで始まりました。
徳島が前半から飛ばしてプレスするため、横浜は窮屈なボール回しを強いられます。上位いじめという意識だけでなく、ここで勝たないと最下位が決まるという悲壮感もあったのでしょうか。
とても今期8勝しかしていないチームには思えません。

ここでサイドが優位に立てれば3バックの裏を突けるのですが、中島が不安定です。ミスも多く、そこから相手のカウンターが始まるため、横浜の選手はそのカバーのため走らされる羽目に。
前半はカズ&城で徳島の運動量豊富な守備・攻撃をいなし、後半相手が疲れたところにアレモン投入といういつもの戦略だったはずですが、早々に横浜側も疲労してしまいます。

とはいえ、中島だけが良くなかったわけではなく、滝澤も中に絞り気味で今一歩位置取りが良くない感じです。集中力も今一歩なのか、各選手ともお見合いするシーンや一歩が遅いシーンも散見。徳島の方が「試合に入っていた」感じを受けました。
中盤のプレスがきついため、山口もミスが多くなります。たぶん、受け手側の動きの問題もあるのでしょう、少々玉離れも悪い感じがしましたし、どうしても他の選手が(マークされているにもかかわらず)山口に一旦預けたくなっているのでは、という印象を受けました。これも、サイドが有効に使えれば狙いを絞られずに済むのですが。

しかし、そろそろ山口に頼らないプレーができないものでしょうか。「山口を押さえれば」と各チームが狙ってきて、注文通りの展開になってしまうのでは厳しいです。

疲労もあり、ポゼッションも相手有利、カウンターも受けるしダイレクトプレーで突破されるでは、後ろからの押し上げも中途半端になるのでしょう。城やアレモンに当てても、そのこぼれ玉を拾われるという悪循環。
しかしそのような展開の中でも、決定機自体は横浜の方が多かったような気がします。
ところが、その決定機を決められない……。カズ→城のなんて、決まったと思ったんだけど。

あわやPKのシーンは……やはりこの「昇格」がかかった試合、「誰が見ても明らかな」「ファールがなかったら得点できた」ファールでなければ、取ってもらえないと思った方がいいのではないでしょうか。
シミュレーションを取らなかったところを見ると、「軽微な」ファールはあったとの判断なのでしょう。
やはりゴールにボールを入れないと。そしてそれに限りなく近づくことが、PKも含めた得点機会に繋がるのでしょうね。

カズ→アレモンは予定調和ですし、智吉→崔は智吉が足をつっていたことはもちろん、(智吉出停の)次節以降を考えても崔を使っておきたいトコですからある意味当然。しかし、内田→吉武がよくわかりませんでした。
疲労という意味では滝澤の方が候補だったでしょうし、滝澤のFKを期待してなら北村で良かったはず。逆に勝ち点1狙いなら、ボールを失いやすい吉武は逆効果でしょう。
あえて攻撃面で吉武を選択したなら、ドリブルで突っかけてファールをもらうとかだと思いますが、崔とキャラが被
るうえに、そもそもそんなプレーをしてなかったと思うし。
いずれにせよ、吉武の「追試」は厳しい点数だったのではないでしょうか。

何とも言えない雰囲気で0-0のドロー。
城の「サポーターに最初にお知らせしたかった」引退スピーチのあと、「柏の負け」「神戸引き分け」の結果が表示されましたが、城の引退の方が私にとっては重大な事実であり、あまり喜べる心境になりませんでした。
本当に残念です。
残りの試合、目に焼き付けたいと思います。

|

« コンビニATM平日昼間手数料ゼロに | トップページ | 横浜J2優勝・J1昇格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/12795624

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs徳島(観戦後):

« コンビニATM平日昼間手数料ゼロに | トップページ | 横浜J2優勝・J1昇格 »