« 続・大腸内視鏡検査 | トップページ | 早稲田vs慶応(TV視聴) »

船橋からスカイライナーに乗ってみた&「えきから」はやばい

京成が12月の改正で、船橋にほとんどのスカイライナーが停車することになりました。
たまたまチャンスがあったので、スカイライナー2号(船橋10:00発→日暮里10:22)に無理矢理乗ってみました。

船橋→日暮里は距離も短く、直前には快特(船橋9:48→日暮里10:12)があるので、物好きは私一人かなあと思っていたら、もう一人乗車客がいました。びっくり。津田沼・船橋あたりから錦糸町・東京のグリーン車(550円)も結構利用者があるのでその意味では不思議ではないのですが、まだ周知が行き届いていない時期ですからね。

この時間の上りだと、空港客も少ないだろうと思っていたら、降車も10人弱ありました。降車の後、駅員が乗車、2号車に声掛けし、あわてて降りる客がいました。もしかしてこれは、船橋の駅員は船橋降車人数を把握している、ということなのでしょうか? 単なる注意喚起なら1号車にもしているはずですから。
船橋までの料金で日暮里・上野まで乗る輩がいないか、チェックしているのかもしれません。

さて、初めてのスカイライナーです。感想は……幅が狭くないですか?
なんか総武線の快速G車の方が幅は広いような気も。まあ空いているのでいいのですが。足置きはいいですね。あと、総武快速にはない荷物置き場が海外渡航者には便利かもしれません。

さらに気になるのが、「遅い」ということ。
小岩まで快速(船橋9:56発)が先行し、しかもその快速の前に普通(八幡で快速に4分先行・高砂まで逃げ切り)が頭を押さえているため、とろとろと走ります。快速を抜いてスピードを出したと思ったら、高砂手前から青砥までまたスピードダウン。青砥から関屋までは快適に走りますが、普通に追いつきまたもやノロノロ。快特(旧特急)と2分しか所要時間が変わらないわけですから、想像はできましたが、空港利用客はどう思うでしょうかね?

降車した日暮里駅は、改良工事中と言うこともあるのでしょうか、貧祖の一言。大手私鉄のターミナルとは思えない。京成の現状と、押上線重視の現れと言えるかもしれません。


それにしても、時刻を確認しようとして「えきから時刻表」を見たですが、ダイヤ改正から2週間近く経った今日現在、未だにスカイライナーが船橋に止まっていないのはいかがなものでしょうか(笑)。しかも、明らかに改正前の時刻なのに、「この時刻表は2006/12/01から2006/12/27まで有効です」とか書いてあるし。
……「えきから時刻表」をベースにしていると思われる京成HP上の時刻表は正しいのですが。

「えきから時刻表」は、昔は見やすかったのですが、最近は手抜きなのか見づらくなったし。これで時刻が信じられないとなると困ったものです。他に良い時刻表サイトはないかなあ。

|

« 続・大腸内視鏡検査 | トップページ | 早稲田vs慶応(TV視聴) »

コメント

「すぱなび」は更新されてましたけど、これって使い難いし。。。

投稿: M | 2006.12.25 22:47

確かに……。「着駅」を入れるのだと「駅前」と大差ないかも。でも、やはり天下のJTBですから内容面では安心感がありますね。ヤバそうなときは使わせていただきます。ありがとうございました。

投稿: | 2006.12.26 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/13166727

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋からスカイライナーに乗ってみた&「えきから」はやばい:

« 続・大腸内視鏡検査 | トップページ | 早稲田vs慶応(TV視聴) »