« 船橋からスカイライナーに乗ってみた&「えきから」はやばい | トップページ | 私が感じた今年のジェフ »

早稲田vs慶応(TV視聴)

ラグビー大学選手権の注目カードが、いきなり準々決勝で実現です。なんだか少々勿体ない気も。
早稲田のFWが慶応のFWより1人あたり10kgも重い、と聞いてびっくり。慶応が軽いのか早稲田が重いのかはわかりませんが。
しかし、早稲田の特長であるスピードは健在。首藤のサイド突破は素晴らしかったし、五郎丸のキックもgood。これでFWが強いとなると、これといった欠点が見あたりませんね。

慶応は前半終了直前、ゴール前で得たファールでペナルティキックを選びませんでした。この時点で28-5だったのですから、3点を取って3ゴール3コンバージョンで逆転できる、というプランを選んだ方が良かったのではないでしょうか。ロスタイムに入っていましたし、慶応はボールが繋げていませんでしたから、ギャンブルにしては分が悪かったように思います。もちろん、トライを取れていたら流れを変えられた、という目算があったことは理解できますが。

しかし、後半は慶応も頑張りました。特に後半中盤からの早稲田の猛攻を凌いだ慶応の粘りは素晴らしく、準々決勝で消えるには惜しいチームでした。FWも体重の差を感じさせないパフォーマンスでしたし。

それにしても、関西勢は京産大と大体大が準決勝進出ですか。どちらか決勝に進んで欲しいところですが、関東学院と早稲田ですから、なかなか厳しそうです。
個人的には、同志社が初戦敗退したのが惜しまれるところです。とはいえ、関西リーグ3位だったため、慶応との1回戦になったのですから仕方ありません。1月2日はTVの前で関西勢を応援するとしましょうか。

|

« 船橋からスカイライナーに乗ってみた&「えきから」はやばい | トップページ | 私が感じた今年のジェフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/13182424

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田vs慶応(TV視聴):

« 船橋からスカイライナーに乗ってみた&「えきから」はやばい | トップページ | 私が感じた今年のジェフ »