« 横浜が6選手を戦力外 | トップページ | ロッソ熊本のJ2参入が見送られる »

横浜vs愛媛(観戦後)

しかし、愛媛とはちょっとした何かの縁があるのかもしれません。
愛媛昇格前に、天皇杯で2度も砥部の競技場で試合をしましたし、新居浜には何回かキャンプでお世話になりました。そして今期開幕戦、J2参入に浮かれる愛媛は砥部の競技場で、新入生の愛媛FCに敗戦し足達監督更迭、そしてその後に就任した高木監督の元で再生し、J2優勝。そして最終戦で優勝に浮かれる横浜が、その愛媛と戦います。そして、試合中に高木監督が退場処分。高木監督が今期フルタイムで采配を行えなかったのが、開幕とこの最終戦の、両方とも愛媛戦となりました。
ちなみに、開幕戦でゴールを決めた猿田選手は、今期限りで解雇だそうです。

開門1時間前に三ツ沢に着くと、既に長蛇の列。まさか、S自由席でテニスを見ながら開門を待つとは思いませんでした。一見さんが多いと思いきや、横浜グッズを持った方多数。今までどこにいたのでしょうか(笑)

「あの日」と同じような快晴。しかし風が強く、入場時にもらう風船を早々と飛ばしてしまう方多数。大きなスポンサーバルーンも横倒しになる状況で、スポンサーバルーンは結局、関係者が必死になって回収することになりました。
三ツ沢は、試合開始前から、もう試合が終わったかのような祝祭の空間でした。鳥栖へ行かなかったサポはどう思っているかわかりませんが、前節に昇格を決めていて本当に良かったです。メインから見る限り、バックやゴール裏もほぼ満席で、いい雰囲気です。ただ、いつもの、まったり観戦も捨てがたいんだよなあ。。。

ゴール裏からウエーブをバックに向けてかけますが、なぜかゴール裏の途中でStopします。どうやら、一見さんもかなりゴール裏に入っているのでしょう。しかし、城のコールや「幸せなら~」にはきちんと反応していたようですし、風船とばしなども協力してくれていましたね。ありがたいことです。
選手入場時には、(生き残った)風船が綺麗に飛び、優勝セレモニーのオープニングのようです。主審に許可を取り、選手全員が円陣内でボールに手を当て、勝利を祈ります。

試合は、ほぼ予想していたポイント通りに進みます。
愛媛はプレッシャーの少ないエリアへ上手くボールを繋ぎ、サイドチェンジも織り交ぜながら、主に横浜の右サイドを攻略します。智吉の穴は大きく、再三サイドの深いところまで攻められます。そこから低いボールで折り返しますが、田中などが上手くあわせることができません。しかし、きちんと居るべきところにいる田中は、良い選手だと思います。
また時折菅沼がミドルを放ちますが、これまたDFや菅野、バーなどに阻まれ、決めることができません。森脇は思ったほどはファールを取られていませんでしたが。
しかし、後半途中までは愛媛ペースだったでしょう。横浜陣内でプレーする時間が長くなります。

一見さんには物足りない試合に見えたかもしれませんが、今シーズンはこの展開が横浜のペースともいえます。
中島と崔が少々不安定だったのが気になりましたが、今節は山口と鄭容臺が良かったと思います。愛媛は人数を掛けてプレスをすることが多く、その分内田が余るケースが多々あり、また内田本人も虎視眈々と狙っていましたね。突破力という意味では、もう一枚剥けてくれると心強いのですが。
そしてカズが早々に怪我でアレモンと交代します。本当はもう少し後の時間帯の方が効果的なのですが、仕方ありません。

愛媛はセットプレーや空中戦に難があります。1点目の鄭容臺のボレーシュートはドフリーでしたし、フリーにするなら前でDFが触っておかないと。一瞬オフサイドだと思ったのですが、オンサイドで良かったです。
2点目は城のアシストのボールが良かったですね。魂を込めたクロスだったのでしょう。それをきちんと決めたアレモン、これも今年の象徴でしょう。

アウグストも短時間ながら、元気なプレーを見せてくれました。少々持ちすぎて、パスをほしがるアレモンが子供のようにだだをこねていましたが、優勝の決まった後の試合では、それもある意味サポにとっては面白いコンテンツの1つでしたね。
北村も最後のプレーを披露し、あのアレモンがパスを出すなど周りも気遣いますが、気がはやるのか、チャンスを潰してしまいます。最後に一花咲かせて欲しかったんだけど。
その流れの中で相手のハンドを見逃したことに端を発し、ペットボトルを蹴った高木監督が退席処分となってしまいます。しかし、ピッチ上でのファールなら兎も角、最終戦でピッチ外の監督に対し杓子定規に主審にチクる第4審判って、どうなんだろう。少なくとも、お近づきにはなりたくないなあ。

少々水を差された格好になりましたが、愛媛の攻撃を凌いで試合終了。と同時に三方から紙テープの滝が。綺麗でした。そして惜しみない拍手が。
メインの端の方にいたので、優勝杯の授与は残念ながら見ることができませんでしたが、降りてきた選手の喜びの様子で充分です。本当におめでとう。そしてありがとう。

そして、喜びと悲しみが入り混じったセレモニーが終了し、これでとうとう、城や北村、吉武達ともお別れです。
今までありがとう。
そして、新天地での活躍を祈ります。

|

« 横浜が6選手を戦力外 | トップページ | ロッソ熊本のJ2参入が見送られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/12910846

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs愛媛(観戦後):

« 横浜が6選手を戦力外 | トップページ | ロッソ熊本のJ2参入が見送られる »