« 年賀状と報道ステーションと | トップページ | 2007年の第一印象(ジェフ編) »

高木成太引退

創生期の横浜を支えた高木成太が引退しました。
プレーでチームを支えたことはもちろん、(当時)J1のヴェルディへ期限付き移籍し活躍したことも、他の選手に大きな影響を与えたのではないでしょうか。劣悪な環境の中でも、頑張れば上を目指せる、という目に見えないモチベーションという意味でも。そして、かつてのチームメートが実際にトップリーグで活躍する姿は、眩しく誇らしいものだったのではないでしょうか。

そう、一度見に行ったヴェルディ戦、確か国立での試合だったでしょうか。成太は他の選手と遜色のないプレーでチームに貢献していました。たまに見たヴェルディ関連の掲示板上でも、成太への批判は見受けられませんでした。そんな中での、期限移籍の終了の報はとても意外だった覚えがあります。
そして(たぶん当人も)残念だったのは、移籍先の群馬FCホリコシ(当時)でチーム事情からかCBをせざるを得なかったこと。もちろん、能力のある選手ですからCBもこなすのですが、やはりMFで見たかった。。。

最後の試合は「M.I.EランポーレFC」対「ヤマハ発動機」、東海リーグ2部への昇格を賭けた試合で、ロスタイムに決勝点を上げるという劇的な試合だったらしいです。サッカー選手として、最後に自分の本職のポジションで、何事かを成す場に立ち会え貢献できたこと、そしてそのことを仲間と共に喜びあえたこと。
なんだか、横浜に昇格を置き土産にした城と、似たものを感じました。過程はともかく、とびきり幸せな引退試合だったのではないでしょうか。

夢を見させてくれた選手の一人でした。少々早めの感じもする引退、チーム事情や戦術との巡り会いがもうすこし良ければ、あるいは、と思わないでもないですが……。
今までお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

|

« 年賀状と報道ステーションと | トップページ | 2007年の第一印象(ジェフ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/13594840

この記事へのトラックバック一覧です: 高木成太引退:

« 年賀状と報道ステーションと | トップページ | 2007年の第一印象(ジェフ編) »