« 2007年の第一印象(横浜FC編・上) | トップページ | 2007年の第一印象(横浜FC編・下) »

東芝vsサントリー(ラグビー)

マイクロソフトカップの決勝。
前半は、東芝がラインアウトの相次ぐ失敗で、風上のメリットを生かせません。ある意味、早稲田vs関東学院の試合のようです。ただTVで見る限りでは、東芝に厳しいジャッジだったような気もします。サントリーのノットストレートは取りませんし、相手側に流れたボールも厳しく取ります。

しかし、両方の守備の粘りは驚異的でかつ積極的です。サントリーのトライシーンも、東芝がパスで横に展開しサイドに2人余った状況、そこでサントリー側がインターセプトにトライした結果生まれた得点で、このインターセプトに失敗したら東芝がトライしていただろう、ぎりぎりのプレーでした。

後半終盤は、サントリーがPGを決めて6点差とします。最後に東芝の怒濤の攻撃を受けますが、サントリーが辛うじてタッチに逃れます。東芝は大事なラインアウトをマイボールにし、最後のワンプレーでドライビングモールからほぼ中央に侍バツベイがトライ。ゴールも決まり、そのままノーサイド。14-13で東芝が3連覇を果たしました。
いやあ、ラグビーも面白いですよね。

サントリーはキーマンが次々故障で交代したり、後半風上になってから風がおさまったりと、少々ツキもありませんでしたが、昨年6位からの大躍進。やはり監督の力は大きいのでしょうか。
しかし、今年のレギュレーションは違和感あります。リーグ戦はリーグ戦で優勝を決めてくれた方がすっきりするのですが、プレーオフで決めるというのは。。。しかもちゃっかりマイクロソフトがおいしいポジション占めてるし。

国内ラグビー関係はJSports1・2でよくやっているのですが、スカパーの「超サッカーセット」を今月解約したので、来年から見られなくなるかもしれません。うーん、残念。1試合100円くらいで見られるようにして欲しいなあ。

|

« 2007年の第一印象(横浜FC編・上) | トップページ | 2007年の第一印象(横浜FC編・下) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/13785074

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝vsサントリー(ラグビー):

» 王者は強かった [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
トップリーグのプレーオフトーナメント、マイクロソフトカップ決勝が行われた。 対戦カードはリーグ1位のブレイブルーパスと2位のサンゴリアス。 いわゆる『府中ダービー』ですね。 リーグでの直接対決では12−10でブレイブルーパスに軍配が。 3連覇か、初優勝か。 試合はサンゴリアスが先制トライを挙げる。 しかし前半のうちにブレイブルーパスも同点トライをあげ、7−7で折り返す。 後半サンゴリアスはPG2発を決�... [続きを読む]

受信: 2007.02.04 22:32

« 2007年の第一印象(横浜FC編・上) | トップページ | 2007年の第一印象(横浜FC編・下) »