« 株暴落 | トップページ | 名古屋vsジェフ(TV視聴後) »

浦和vs横浜FC(TV視聴後)

「Fの魂」がJ1の地に戻ってきました。(環境面で)無から始まった横浜FCが、ようやく日本のトップリーグで戦えます。感無量です。そして感謝です。

いろいろ事情もあり、TVの前。TVで見る埼玉スタジアムは浦和サポで一杯。しかし横浜FCサポーターも思ったより沢山入っていました。リーグ戦で横浜FCが中継されるのは初めて。簡単にチームの足跡を流してくれたし、やはりJ1はいいですね。と言っても、メインは昨年王者浦和様でしょうが。

スタメンは、先週の予想が外れて滝澤。J1の経験を買われてと言う部分も大きかったのでしょう。フォーメーションは予想通りダブルボランチ。
試合は、大方の予想通り浦和ペースで始まります。横浜は攻撃の形すらなかなか作れず、浦和の攻撃を跳ね返すだけとなります。なんだか天皇杯テイスト。
しかし、落ち着いてきちんと跳ね返しているわけで、ある意味これは横浜ペースとも言えます。

浦和はポゼッションするのですが、真ん中を固める横浜の守備陣をなかなか割れません。といって、ミドルを打つわけでもなく、組織的な攻撃をするのでもなく、これが王者の余裕なのでしょうか。高木監督の「テトラポッド」作戦も、J1レベルのミドルでブロックの上を越えられると厳しいなあと思っていたのですが、どうやら杞憂だったようです。しかも大枚はたいて購入した飛び道具も、肝心なところで使わないし。貧乏チームファンにはわからない事だらけで。

横浜も良く守っていますが、まだ「J1版ハマナチオ」は完全には仕上がっていないようで、少々引きすぎの感も。その不足部分を個々の気合いと思いきりで何とか踏ん張っているように見えました。そのせいか、守備で重なったり、お見合いでピンチになるシーンがいくつかありましたね。
右サイドも何度か突破されていました。智吉には少々ほろ苦いJ1復帰戦になったのではないでしょうか。

菅野はこの大舞台をさらに自分の力にしているかのようでした。再三のファインセーブ、オウンゴールもきちんと反応していますし、バックパスのワンバウンドも巧く鋭いキックでフィードします。MF・FWの面々は菅野にコツを教えてもらった方が良いんじゃないですかね(笑)
15年連続開幕スタメンの山口も、巧みなボール裁きと判断で味方を助けます。そして、びっくりの鋭い無回転シュート。38歳にしてまだ進化中ですよ、この人。薮田も少々どたばた気味ですが、視野の広さを随所に見せていました。

守備陣では小村が大活躍。「あとワンテンポ遅いとPK?」なプレーなども交え、早川らと協力してワシントンを押さえました。早川もオウンゴールはありましたが、前半終了前の気迫溢れるディフェンスなど、古巣を見返す良い働きを見せたのではないでしょうか。和田も計算できそうです。

攻撃面では、あまり良いところがありません。守備的で全体的に引いているため、久保が孤立します。マッチアップが阿部や坪井、ネネですから、なかなか個人で突破やキープすることはできません。しかもこの日の浦和はまったりモードなので、常にディフェンスの人数が足りていることも、攻撃面では不利に働きます。
また距離が長いためか、前線へのパス精度が悪すぎます。そのため、CKなどのセットプレーからしか可能性が感じられません。
高木監督は守備優先でしょうから、攻撃戦術の整備は長い目で見ていく必要がありそうです。

但し、久保の破壊力とゴールへの執着心は規格外。(緩慢な小野伸二の守備に助けられたとはいえ)あの32メートルゴールはおそらく今期のベストゴールでしょう。味方に当たりましたが終盤のシュートも速い振りで、ストライカーとしての能力の高さを窺わせます。久保の、予想できないプレー(で味方と重なることもありますが)と常にゴールを狙う意志、そしてそれを可能にする能力は、頼もしい限りです。


失点はオウンゴールのみ、引きながらもオフサイドを取り、シュートも体を張って止めるなど、守って、守って、守って、と我慢しながらチャンスを窺う横浜ですが、後半に入ると疲れもあるのか、集中力が切れてきます。攻撃時も、後半15分頃には前が引いてフォローする動きができなくなり、高い位置で相手にボールが渡りピンチを招き、消耗するなど、負のスパイラルに入ります。
しかし、疲労の溜まる守備陣を替えようにも、FWと(連携に不安のある)外人を除けば内田しかいません。

疲労の見える滝澤に変わり、後半20分頃に内田が入りますが、これが誤算。スピードについていけず、攻撃の起点となれません。スタメンからプレーしていればまた違ったのかもしれませんが。。。ボールを奪われ、決勝点献上のきっかけとなっていまいました。


この試合の浦和はこれでも怪我人多発、監督が替わりまだまだ調整中という状況ですから、改めてJ1トップグループとのレベルの大きさを感じさせられました。一対一はもちろん、四対二でもいなされるシーンがあるなど、個ではやはり厳しいですね。しかし、ワシントンをそれなりに押さえられたのは自信になったのではないでしょうか。

選手はよく頑張りました。この頑張りを続けていけば、いつかは花開きます。
次節も全力でぶつかってください。そしてJ1初の勝ち点をもぎ取りましょう。

|

« 株暴落 | トップページ | 名古屋vsジェフ(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/14115127

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和vs横浜FC(TV視聴後):

« 株暴落 | トップページ | 名古屋vsジェフ(TV視聴後) »